「 アルゼンチン 」一覧

ラグビーワールドカップ2019に出場する国と地域 その3

ラグビーワールドカップに出場する国シリーズ、今回はプールCです。

イングランド

はイギリスの一部です。スコットランドで説明したように、イギリスはイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの地域で構成されています。
イギリスとの首都はロンドンで本初子午線が通ります。フランスとの間にはドーバー海峡があり、ユーロトンネルでつながっています。北海油田があり、イギリスは産油国であるというのはポイントの1つです。イギリスはEUの加盟国ですが、国民投票で離脱をすることが決定しています。地域通貨であるユーロを使っていないのもポイントです。
イギリスは17世紀に市民革命(清教徒革命・名誉革命)、18世紀に産業革命と歴史的な大きな変化を最初に体験した国です。かつては「太陽の沈まぬ国」「世界の工場」と言われていました。
日本が日米修好通商条約を結んだあと、イギリスとも同様の条約を結んでいます。幕末、最大の貿易相手国はイギリスで生糸を輸出していました。生麦事件・薩英戦争をきっかけに薩摩藩とイギリスは接近しています。
1894年に領事裁判権の撤廃に最初に成功した相手がイギリスです。1902年には対露政策として日英同盟を結びます。第1次世界大戦では三国協商の中心国としてドイツと争いました。第2次世界大戦では大西洋憲章を発表、国際連合のもととなります。1941年、日本はイギリス植民地のマレー半島に侵攻し太平洋戦争がはじまりました。
第二次世界大戦後成立した国際連合でイギリスは安全保障理事会の常林理事国を務めています。
最近、イギリスは首相がジョンソン氏に代わったのが時事問題のポイントですね。

フランス

イギリスと同様、国際連合の常任理事国でサミット参加国です。EUの中心国でEUの前身組織時代から参加している原加盟国です。首都はパリ、現在の大統領はマクロン氏です。ヨーロッパ最大の農業国で小麦の生産は世界有数です。また、エアバス社の中心国として航空機産業が盛んです。
歴史では1789年フランス革命が起こり、人権宣言が出されました。その後の混乱の中、ナポレオンが台頭します。第1次世界大戦では三国協商側として連合国で参加、勝利します。戦後、講和条約であるベルサイユ条約がフランスで結ばれました。
第2次世界大戦開戦後、ドイツによってフランスはいったん降伏しますが、英米の協力を得て最終的にはドイツに勝利しました。
2015年、地球温暖化対策の取り組みであるパリ協定が結ばれています。
日本の世界遺産である富岡製糸場はフランスの技術が導入されていました。

アルゼンチン

南アメリカ大陸にある国で地球上で見ると日本の真裏にあります。ラプラタ川流域に広がる草原地帯であるパンパが問われることがあります。小麦・大豆・とうもろこしの栽培が盛んな穀倉地帯です。せっかくなので、首都ブエノスアイレスは知っておきたいですね。

トンガ

オセアニア州ポリネシアの島国の1つがトンガです。入試で出題される要素は特にありません。トンガはイギリス連邦の1つで、ラグビーがイギリスで長く愛されてきたスポーツであることが感じられますね。

アメリカ合衆国

国際連合の常任理事国でサミット参加国です。大統領はご存知トランプ氏です。プールCはイングランド・フランス・アメリカと常任理事国が3か国も集結しているブロックになりますね。
アメリカは社会科において別格な国です。地理・歴史ともに圧倒的に出題される内容が多く、ここでまとめることは難しいです。次の更新で「入試に出るアメリカ合衆国」としてまとめたいと思います。


スポンサーリンク