「 イタリア 」一覧

ラグビーワールドカップ2019に出場する国と地域 その2

今回はラグビーワールドカップに出場する国と地域を紹介する第2弾です。プールBのチームを紹介します。

ニュージーランド

ニュージーランドのラグビーといえば優勝3回、「オールブラックス」と評されるラグビー大国です。オセアニアの島国で日本列島と同じ環太平洋造山帯に含まれます。羊の飼育が盛んで、人口数より羊の数が多いといわれます。
ニュージーランドはかつてイギリスの植民地で今でもイギリス連邦の1つです。ニュージーランドの先住民をマオリで、高校入試で比較的出題されます。

南アフリカ共和国

アフリカの最南部に位置する国で金などレアメタルの産出が豊富な国です。かつては、黒人を隔離するアパルトヘイトが実施されていましたが1994年に撤廃されました。

イタリア

EUの中心国の1つでサミットにも参加しています。首都はローマです。ローマの中に世界で一番小さい国であるバチカン市国があります。夏に乾燥する地中海性気候を生かしたぶどう(世界2位)・オリーブ(世界3位)の栽培が盛んです。北部と南部の経済格差が大きいといわれることがあります。
歴史的には第1次世界大戦では三国同盟の1か国であったこと(ただし、大戦では連合国側)と1940年に日独伊三国同盟を結んだことが出題されます。

ナミビア

アフリカ南西部にある国です。入試で出題される要素は特にありません。

カナダ

北アメリカ大陸にある世界で2番目に面積が広い国です。サミット参加国の1つです。首都はオタワですがあまり入試では聞かれません。日本に対しては、木材(1位)、小麦(2位)の輸入相手国です。
公用語は英語とフランス語です。ケベック州は特にフランス系の住民が多いことが私立高校入試で聞かれることがあります。

 


定期テスト対策メモ東京書籍地理P28,29「1-2-3温暖な土地に暮らす人々」


①温帯の気温は冬が10度以下、春・秋が10~20度、夏が20度を超えるのが基本。地中海性気候は、その中でも夏の降水量が少ないです。テスト範囲がP37ページまで行くと温帯の中での区別が重要になってきます。

②③イタリアなど地中海沿岸ではオリーブ、ぶどうなどの栽培が盛んなのは基本。石でできた住居、日差しをさけるため窓は小さくブラインドを閉じたままにしていることは押さえたいです。


入試に出る歴史上の人物 「ムッソリーニ」

標準
1922年にイタリアでファシスト党を率いファシズムとよばれる全体主義政策を行った政治家がムッソリーニです。

イタリアが1935年にエチオピア侵攻をしたというのは中学校の教科書におおよそ掲載されています。正誤問題で「ドイツがエチオピアに侵攻した」というような誤りの文が使われていることがあります。

時代:20世紀前半(日本では昭和戦前)


スポンサーリンク