「 ピーマン 」一覧

入試に出る都道府県 「宮崎県」



・宮崎平野では、冬でも暖かい気候を生かした促成栽培が盛ん。茨城・高知と並んでピーマンの生産が多い。
・畜産も盛んで肉用若鶏・豚の飼育頭数は上位。


・地図中Aは県庁所在地の宮崎市。近くを大淀川が流れる。

面積:7735㎢
人口:約107万人(2019年)


ピーマンの収穫量が多い市町村ベスト20

このシリーズを連載していて「野菜の旬とはいったい?」という気持ちが強くわいています。本来、ピーマンは夏野菜に分類されるのですが、今や冬から春のほうが収穫量が多くなっています。かつては、ピーマンの栽培といえば宮崎県でした。現在の都道府県別1位は茨城県で、宮崎県は2位になっています。

ピーマンの収穫量が多い市町村(2017年)

順位 都道府県 市町村 季節 収穫量(t)
1 茨城県 神栖市 年中 29,300
2 宮崎県 西都市 冬春 10,300
3 宮崎県 宮崎市 冬春 4,640
4 高知県 土佐市 冬春 4,240
5 鹿児島県  東串良町 冬春 4,060
6 鹿児島県  志布志市 冬春 3,970
7 宮崎県 新富町 冬春 3,150
8 高知県 芸西村 冬春 2,420
9 岩手県 奥州市 夏秋 2,040
10 大分県 豊後大野市 夏秋 1,980
11 鹿児島県  鹿屋市 冬春 1,860
12 大分県 臼杵市 夏秋 1,820
13 高知県 南国市 冬春 1,740
14 宮崎県 国富町 冬春 1,630
15 沖縄県 八重瀬町 冬春 1,500
16 宮崎県 日南市 冬春 1,360
17 熊本県 山都町 夏秋 1,270
18 岩手県 一関市 夏秋 1,140
19 宮崎県 小林市 年中 1,100
20 福島県 田村市 夏秋 1,050

ランキングを見てびっくり。茨城県が1位というより、神栖市が1位なんですね。ランキングを探しても茨城県の他の街はでてきません。まさに、神栖市の独壇場です。神栖市といえば鹿島臨海工業地域の工業都市として石油化学工業がさかんというのが、まず出てきますが、ピーマンも(個人的には)忘れないようにしたいです。2~8位にはいかにも促成栽培といった風情の宮崎・高知・鹿児島の市町村が並んでいます。

ちょっと、意表を突くのが9位奥州市。水田からの転作地としてピーマンの栽培が盛んになったそうです。


きゅうりの生産が多い都道府県

宮崎県・高知県は冬でも暖かい気候を生かして野菜の早づくり、いわゆる促成栽培が盛んなことで知られています。これは、社会科の基本中の基本です。

促成栽培で育てられる作物は、トマト・ピーマン・なす・きゅうりといった実を食べる野菜です。宮崎県の促成栽培を語るときに出てくる作物はピーマンで、高知県はなすというのが定番になっています。なすの生産1位は高知県ですが、ピーマンの1位は宮崎県ではありません(茨城県)。宮崎県が1位なのはきゅうりです。

きゅうりの生産(2016年「野菜生産出荷統計」)

都道府県 %
1位 宮崎県 11.1
2位 群馬県 9.4
3位 埼玉県 8.6
4位 福島県 7.4
5位 千葉県 6.1

きゅうりの生産順位というのはなんとなく出題されそうな気がしますが、実はほとんど出題されません。きゅうりに限らずですが、生産上位の県が拮抗していて毎年のように順位が入れ替わる作物というのは入試で出題するには向いていないのです。
先ほど例に出したピーマンは茨城県と宮崎県が3位以下を引き離しています。そうすると、ピーマン=茨城・宮崎で単純化できますが、きゅうりのような場合どこまで覚えておけばいいかというのは、なかなか難しいです。子供たちに知識として覚えてほしいのは作物の順位以上に促成栽培という栽培に関する知識です。それに関連する知識として出題するにはきゅうりよりピーマンという判断を問題をつくる側が判断しているものと思われます。

ちなみに、受験学年になって改めて地理の復習をすると、促成培と漢字を書き間違いする人が続出するので注意しましょう。もちろん、直近で裁判所を学習したために発生するよくある間違いです。


スポンサーリンク