「 プリント 」一覧




日本の地形プリント 基礎編2種

日本の地形基礎1
日本の地形基礎2

日本の川・平野・山地・山脈をまとめた確認用のプリントです。今回は重要と思われる内容ををまとめた基礎編を2種類公開します。1は川・平野を中心に、2は山地・山脈を中心に問題を選んでいます。日本アルプスなど最重要と思われるものは両方に掲載してあります。

ぜひご活用ください。


日本の主要貿易港・貿易相手国プリント

今回は、主要貿易港の品目から成田国際空港など主要貿易港を答える問題と、日本の主要貿易相手国を品目から答える問題をセットにしたプリントを配布いたします。

日本の主要貿易港・貿易相手国

貿易港では、大阪港・神戸港は外し、輸出入品目に特徴のある千葉港を入れました。
貿易相手国では、アメリカの輸入といえば「航空機類」という、特徴があったのですが最新のデータでは順位が低下しており今回のプリントでは掲載されていません。結果として、アメリカが品目では判別しにくく金額で判断する体裁になっています。




歴史基礎確認プリント 原始・古代編 

入試用の歴史基礎事項の確認プリントです。今回は原始・古代編です。

歴史基礎プリント原始・古代①
歴史基礎プリント原始・古代②

内容はほぼ対になっていて、①では人物名、②は語句を答える問題になっています。ぜひ、ご活用ください。今後、中世・近世・近現代と作成予定です。


主要輸入品目の輸入先プリント

今回は日本の主要貿易品目と輸入相手先を答える問題プリントを公開します。

主要輸入品目の輸入先1
主要輸入品目の輸入先2

プリント1が輸入相手国から品目を選ぶ問題、プリント2が逆に品目から国名を選ぶ問題になっています。

国内農産物に比べると意外と輸入相手先は変動があるので少し解説をします。
石炭・鉄鉱石・液化天然ガスはオーストラリアから最も輸入しています。この中で、液化天然ガスは2011年の福島第一原発事故以降、輸入が増えました。しばらくの間、順位の変動が割合あったのですが、ここ数年オーストラリア1位で固定されつつあります。2位をしっかりと覚えておく必要があります。

野菜・小麦・大豆・くだものは食料自給率の問題でも登場するため、出題頻度が高くなっています。果物2位のフィリピンはたまに出題されるので知っておきたいです。

衣類1位は中国ですが、近年ベトナムからの輸入が増えています。国籍別の在留外国人でもベトナムは5位で増加傾向にあるため、今後出題が増えると予想します。


主要農産物の生産が多い都道府県プリント

今回は、入試に向けての確認として主要な農産物の生産が多い都道府県をまとめた問題プリントを公開します。

国内農作物の生産地1
穀物・いも類とくだもの類をまとめたプリントです。作物を記号選択で選ぶ問題形式になっています。

国内農作物の生産地2
畜産と野菜をまとめたプリントです。こちらも作物を記号選択で選ぶ問題形式になっています。

国内農作物の生産地3
プリント1と同じ内容ですが、出題がグラフ内の都道府県を答える問題になっています。

国内農作物の生産地4
プリント3と同様に、畜産・野菜に関するの生産が多い都道府県を答える問題です。

(2019/1/5修正をしました)

 


スポンサーリンク