「 ルーズベルト 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「ルーズベルト」

中高入試の社会科の原則として、中国・朝鮮半島以外の外国人はフルネームではなく名字だけで正解扱いにするというものがあります。例えば、マシュー=ペリーではなくペリーですし、クリストファー=コロンブスもコロンブスで正解になるようにです。例外は、フランシスコ=ザビエルぐらいでしょうか。ただ、ザビエルとだけ書いて正解になることも多いです。

前置きが長くなりましたが、ルーズベルトは2人います。しかも、どちらもアメリカ大統領です。ですが、面白いことに中学入試と高校入試で登場する人物が違います。名前で区別する必要を防ぐためなのかは、わかりませんが。

「入試に出る歴史上の人物250」では、フランクリン=ルーズベルトを基準に年度・ランク設定をしています。


応用
日露戦争の講和条約であるポーツマス条約において、仲介役を務めたアメリカ大統領がセオドア=ルーズベルトです。セオドア=ルーズベルトは、この功績が認められノーベル平和賞を受賞しています。

予習シリーズでは名前が登場していますが、一般的にルーズベルトといえば、下のフランクリンを指すことが多いです。高校入試では登場しません。

時代:20世紀初期(明治後半)


重要
1929年に起きた世界恐慌に対し、公共事業などによる景気対策(ニューディール政策)を行った大統領がフランクリン=ルーズベルトです。第二次世界大戦が勃発したため、本来2期しか務めることができないアメリカ大統領のなかで、特例で唯一4期にわたる長期間大統領を務めました。戦後の方向性を決めたヤルタ会談の出席者の一人です(他の二人は、ソ連のスターリン、イギリスのチャーチル)。

中学入試では、外国の歴史に深入りしないため出題されませんが、高校入試では重要人物です。

時代:20世紀前半(昭和戦前)

 


スポンサーリンク