「 ロッキー山脈 」一覧

入試に出る「アメリカ合衆国」

国際連合には現在193の国が所属しています。その中で別格の存在感と出題頻度を持つ国、それがアメリカ合衆国です。今回はそんなアメリカの入試に出るポイントをまとめました。地理に関しては、教科書で一章使って説明する内容なので、全て網羅しているわけではなく出題頻度の高いところをまとめました。

・大統領:ドナルド・トランプ
・人口:約3億2000万人(2013年)
・面積:約983万㎢(2013年)…日本の25倍というのは知っておきたい。

地理

・地図中Aはロッキー山脈。環太平洋造山帯の一部。中学入試で出題されることも。
・Bはグレートプレーンズ、Cはプレーリー、Dは中央平原。どれも、アメリカの草原地帯でテキストによってはグレートプレーンズとプレーリーはまとめている場合も。並び替えの問題で出題されることもある。
・Eは北アメリカ大陸最長のミシシッピ川
・Fはアパラチア山脈は古期造山帯。環太平洋造山帯ではない山地・山脈としてよく選択肢で登場する。
・アメリカ五大湖周辺で古くから工業が栄えた。デトロイトの自動車、ピッツバーグの鉄鋼が昔はよく聞かれた。周辺では鉄鉱石が取れたことが大きい。
・地図①はニューヨーク。国際連合の本部があるニューヨーク。
・②は首都のワシントン。社会科では特に学校で指示のない場合は「D.C.」はなくてもよい。
・③はロサンゼルス
・④はサンフランシスコ。郊外には先端技術企業の集まるシリコンバレーがある。
・北緯37度より南の地域をサンベルトとよばれ、航空宇宙産業・情報通信産業などがさかえる。
・数多くの多国籍企業がある。
・農業は気候・市場に合わせた適地適作が行われる。北東では酪農、中央部で大豆・とうもろこしの栽培が行われ、その西では小麦栽培が行われる。農業の分布を表す地図では小麦は2か所に分かれているのがポイント。南部は綿花が盛ん。かつては、黒人奴隷を労働力として使っていたため、南部のこの地域はアフリカ系の住民の割合が高い。
西海岸は地中海性気候のため、地中海式農業が行われている。
・先住民はインディアン(ネイティブ・アメリカン)。
・スペイン語系の住民をヒスパニック

歴史

・1775年独立戦争がおき、イギリスから独立。自由・平等を掲げた独立宣言を出す。初代大統領はワシントン
・1853年ペリーが浦賀に来航。翌年、日米和親条約。1858年大老井伊直弼とハリスにより日米修好通商条約を結ぶ。
・1861年南北戦争。大統領はリンカン
・1905年ポーツマス条約で日露の仲介を行う。
・第一次世界大戦では、最初は中立も最終的には連合国側で参戦。
・ウィルソン大統領の提案で1920年国際連盟が発足。ただし、アメリカは議会の反対で不参加。
・1929年世界恐慌がおき、ルーズベルト大統領がニューディール政策を行う。
・1941年から太平洋戦争。
・第二次世界大戦後はソ連との間で冷戦がはじまる。
・1962年キューバ危機。
・1965年ベトナム戦争に介入。


スポンサーリンク