「 三重県 」一覧

電子部品・デバイス・電子回路製造業出荷額が多い都道府県トップ5

電子部品2017

電子部品・電子回路の製造業はトップに三重県が入ってきました。それも、大差をつけての首位です。三重県はかつてシャープの液晶テレビの工場があり、「世界の亀山」と喧噪されました。液晶テレビの販売が下がった建材は、海外企業の指揮のもとスマートフォン用の液晶テレビの液晶ディスプレイに活路を見出そうとしてます。

その、亀山市より上に来るのが三重県最大の都市、四日市市です。三重県は県庁所在地(津市)より産業の中心となっている都市がある県です。石油化学コンビナートが有名ですが、それが原因で四大公害病である四日市ぜんそくも起こりました。

2位の長野県は諏訪湖周辺の精密機械工業と思い浮かべますが、精密機械工業はこのジャンルではありません。
電子工場は水・空気がきれいで高速道路のIC・空港が近くにあり、土地が安いところに立地される傾向があり、グラフからも全国分散している様子がみてとれます。


ゴム製品製造業出荷額が多い都道府県トップ5

ゴム製品ランキング

ゴム製品の主力といえば、自動車などに使われるタイヤです。それ以外にコンベアーのベルトなどにも使われています。

自動車関連となるとやはり愛知県が強いです。福岡県といえば、ブリジストン創業の地である久留米市が思い浮かびますが、以前紹介したように久留米の地位は相対的に下がっています。

意外なのが3位の三重県です。最上位にはいないものの、松阪市・津市・鈴鹿市といった中堅都市が一定の生産をあげ総合で3位に入ってきました。よく考えれば、鈴鹿サーキットがあってHONDAのおひざ元なんですよね。


中学入試プレイバック2017 「洛南高校附属中」

 次の表は日本の7地方区分における各地方から、1つずつ道県を取りあげ、それらの人口密度(2015年)・人口増加率(2014~15年)・産業別人口構成(2012年)を示したものです。表中のア~キは、青森県・沖縄県・神奈川県・岐阜県・島根県・北海道・三重県のいずれかです。三重県にあたるものを、ア~キの中から1つ選んで、記号で答えなさい。(2017年洛南高校附属中)

人口密度
(人/㎢)
人口増加率
(%)
第1次産業
(%)
第2次産業
(%)
第3次産業
(%)
3705 0.12 0.8 24.2 75.0
633 0.32 5.4 16.0 78.6
315 -0.48 4.5 32.3 63.2
192 -0.52 3.3 32.4 64.4
140 -1.07 13.2 20.9 65.9
104 -0.79 8.7 23.7 67.7
65 -0.59 6.0 18.3 75.7

三重県

今回からは関西地区の難関中の入試問題を取り上げます。首都圏の社会科の問題と、関西地区の社会科の問題は明らかに傾向が違います。一言でいうと、記述問題が多い首都圏に対して、難解な記号選択が多い関西という構図です。そんな難解な記号選択問題の1つが上の問題です。

さて、問題を見ていきましょう。まず、そもそも三重県を選ぶというのが厄介です。三重県というのは都道府県ごとの数値でいうとこれといった大きな特徴がないのです。面積(約5700㎢)・人口(約180万人)ともに中位で、野業・工業ともにまぁまぁ盛んというポジションです。つまり、ア~キからいきなり三重県を選ぶことは困難であるということになります。また、提示されているデータが人口・面積といったオーソドックスなデータより少しだけひねったところというのがまた厄介です。

人口密度は人口÷面積で計算されます。人口密度が高いということは人口が多い、もしくは面積が狭いということです。この段階で、人口密度の数値が高かったり低かったりするア・イ・キは三重県ではありません。なお、アが神奈川県、イが沖縄県、キが北海道です。ここまでは割と簡単です。

次に、人口増加率を見ます。人口増加率のマイナスが大きい都道府県は過疎が進んでいる都道府県です。今回選ぶ都道府県の中で、青森県・島根県の東北・山陰は過疎化が進んでいるといえるので、オ・カを外します。オが青森県、カが島根県です。

残ったのはウ・エ、そして三重県と岐阜県です。正直なところ過去問題を演習していてここまで考えられたら立派です。それぐらい難しい。
さて、ウ・エの違いですが人口密度ですね。ここで、頭に思い浮かぶと嬉しいのが岐阜県は面積が広い(約10000㎢)ということです。都道府県の面積を理解するときに1万㎢をこえる都道府県は広い都道府県として覚えておくといいしょう。そうすると、人口密度が低いエが面積の広い岐阜県と考えてウが三重県ということになります。ちなみに、岐阜県の人口は約200万人で三重県とそれほど変わらず、面積の違いが人口密度の違いに直結します。

 ウ


スポンサーリンク