「 与謝蕪村 」一覧

中学入試プレイバック2019 「東京都市大学付属中学」

微妙としかいいようない出題です。

なぜ、微妙なのか。それは、「東北でよんだ」という部分です。ここを見ると、1つだけ東北地方でよんだものではない松尾芭蕉の俳句を探す問題にするのが妥当です。そして、イの「最上川(山形県)」のように東方地方とわかるキーワードのある句を選んで、出題するのが社会科の常道だと考えます。

なんですが、エは与謝蕪村のよんだ句なんですよね。中学受験の勉強をしてきた受験生であれば、エの句はいずれかのタイミングで学習しているであろう有名な句です。ですので、答えだすことは可能です。ですが、それは社会科ではなく国語科の問題だろうと思うのです。

答:エ


入試に出る歴史上の人物 「与謝蕪村」

標準
江戸時代後期の化政文化を代表する俳人の1人が与謝蕪村です。与謝蕪村の作風は写実的なことで知られ、画家としても高い評価を受けています。

小林一茶も同様ですが、社会よりも国語で登場する人物ですね。社会では問題として作りにくいです。

読み:よさぶそん
時代:江戸時代後期(18世紀後半)


スポンサーリンク