与謝野晶子

予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年下第14回 明治時代(2)」

この回では、不平等条約の改正、日清・日露戦争、明治時代の産業・医学・文学の発達と3つの単元を学習します。 単元の冒頭に鹿鳴館の様子を描いた絵があります。この絵なんとなく違和感があるんですよね。その違和感の正体は浮世絵顔と洋装のアンバラ...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「与謝野晶子」

1904年におきた日露戦争のさなか、出征する弟を案じた詩「君死にたまふことなかれ」を発表した歌人が与謝野晶子です。歌集としては「みだれ髪」が知られています。 読み:よさのあきこ 時代:明治後半(20世紀初め)
2017.11.27
タイトルとURLをコピーしました