「 中学入試 」一覧

中学入試プレイバック2018 「東海中学」

先日紹介した、昼夜人口比率が含まれているデータを使った問題です。実際の問題では、このあと表中の①・⑤で昼夜人口比率が低い理由を問う問題が出題されています。

さて、この問題ですが大事なことはいきなり②、④、⑤を出そうとせず分かるところから埋めていくことです。まず、①は人口が最も多い県庁所在地ですから当然横浜市になります。
次いで人口の多い②が大阪市、③が名古屋市になります。どちらも昼夜人口比率が高いですね。東海中学というのは名古屋市にある最難関男子中ですので、名古屋市がわざわざ問題になっていないのも納得です。一般の感覚ですと、大阪市より横浜市のほうが人口が多いイメージも持ちにくいかもしれませんが、偏差値60超の志望校を受験する生徒には基本知識です。

④は人口の多い順に札幌市と答えてもよいですが、県外からの通学・通勤者が極端に少ないというのも大きなポイントでしょう。本州から札幌市に航空機で通勤する人は少数と予測できます。しかし、3000人近くもそんな人がいるんですね。ちょっとびっくり。

問題は⑤です。昼夜間人口比率が低いので東京周辺、つまり千葉市かさいたま市までは想定することができるかです。そして、さいたま市は百万都市ですが、千葉市はそうではありません。それをふまえると、⑤はさいたま市になります。

答 ②大阪市 ④札幌市 ⑤さいたま市


中学入試プレイバック2018 「青山学院中等部」

以前、誤って2017年度のプレイバックをしていた青山学院中等部2018年度の問題を紹介します。

江戸幕府の居城は江戸城ですが、徳川慶喜が大政奉還を行ったのは二条城というのは比較的有名な話です。そもそも、徳川慶喜は将軍として江戸城に上がったことは一度もなく、京都で将軍になり、京都で将軍を辞めてから江戸にもどっています。
大政奉還の様子を描いた有名な絵画(リンク先中央に絵があります)は二条城です。ちなみに絵画は大政奉還をすることを各藩の重臣たちに行っているように描かれていますが、実際は行われていなかったことが最新の研究で分かっています。二条城は京都にある城で「古都京都の文化財」の1つとして世界文化遺産に登録されています。

徳川慶喜は漢字で書くのが難しい人物です。この問題では記号選択なので、「優しい」問題になっていますね。

ところで、大河ドラマ「西郷どん」はここから大政奉還、江戸城無血開城に向かっていくようですね。「ようですね」という表現からわかるように、すでに今年の大河からは離脱してしまいました。肌に合わなかったといってしまえばそれまでなんですが、西郷含めてキャラクターに魅力を感じなったのが、最大の理由です。来年の「いだてん」を楽しみにします。

 


中学入試プレイバック2018 「豊島岡女子学園中学」

なかなかレアな問題ですが、落ち着てい考えればノロウイルスが正解だと判断できます。ノロウイルスにワクチンがあって、接種が行われていれば毎年のようにノロウイルスが流行したりはしませんからね。

これはもうなんとなくですが、女子中で医学部合格実績の高い学校として受験生に知ってほしい知識を出題した気がしますね。ちなみに、他の予防接種に関する情報は厚生労働省のサイトからみることができます。半端な知識で話すより専門のサイトを見てもらうのが一番でしょう。

今年はインフルエンザが本当に流行しています。国立感染症研究所のサイトでインフルエンザの流行状況が都道府県ごとにみることができますが、北海道を除いて真っ赤というとんでもない状況です。自校の受験生が受験のタイミングでインフルエンザにかからないかハラハラしていましたが、中学受験では大丈夫でほっとしています。

答:4


中学入試プレイバック2018 「筑波大学附属駒場中学」


グローバル化が進み、多文化共生が求められる時代になり、中学入試ではイスラム教関連の出題が多くなりました。この問題のポイントは正しいものを2つ選ぶ必要があることです。当然、2つ合っていて正解(完答)なので、正答率は下がります。単純計算だと、5つから1つ選ぶ問題ならば正答率は最低20%ですが、2つ選ぶ問題にすると10%まで下がります。

こういう問題では、正しいものや誤っているものを、まずわかる範囲で答えることです。最初にイを外します。イスラム教の聖地メッカはサウジアラビアです。
そして、エも外したい。実は、この入試問題にはリード文でこのように書かれています。

イスラム教では偶像崇拝が禁じられており、神や預言者の像を描くこと自体を認めていないのです。

この一文に気が付いていたら、アッラーの聖像などというものがあるはずがないと気が付けます。小学生の段階で偶像崇拝を知識として知っているのは難しいので、リード文にヒントを入れるのはうまい方法です。

ウのイスラム教は断食月(ラマダーン)があることは知識として知っておいてほしいです。
これで、ウは正解、残りはアかオです。過去問題を演習している段階なら、ここまでできていればまずOKだと生徒には言うんですよ。確率10%だったものを、知識と判断で50%まで引き上げたわけです。学力をつけるというのは、こういった丁寧な思考の積み重ねです。ただ、入試本番では正解しなければゼロです。なんとか、アかオを絞り込みたい。

イスラム教関連の知識として生徒に教えることの1つに「世界で一番イスラム教信者の多い国はインドネシア」というのがあります。インドネシアは東南アジアの大国で日本からみると石炭の輸入相手国2位ですので、なじみのある国です。この知識があると、オの「特定の民族」という表現がおかしいと気が付けるはずです。中東から東南アジアまでを特定の民族とは言わないですよね。
もしくは、サウジアラビアの国旗に描かれている文字がアラビア語で書かれたコーランの一節という直接的な知識で答えを持ってきてもいいでしょう。授業内で生徒たちでアが誤りと判断した場合、「アラビア語でなければ何語なの?」と確認をして、分からない以上安易に誤りと判断しないほうがいいねと説明します。

答え:ア・ウ


中学入試プレイバック2018 「雙葉中」

室町時代の文化で絵画といえば、水墨画を大成させた雪舟です。思い切っていえば、社会科においてはそれ以外の人物はいません。雪舟を問う問題をつくる場合は水墨画という語句を使うか、雪舟の作品を資料として載せるのが基本です。

その意味で、今回紹介した問題はそのどちらも使わず「中国から伝えられた絵画の技法」という表現で問いているのが非常に珍しいです。普通に出題すると簡単すぎるからということだと思います。

この出題方法は一定のリスクがあります。それは、答えを雪舟と限定することが難しいことです。他に室町時代に中国から伝えられた絵画の技法を日本風に発展させた画家がいた場合別解が発生するからです。

実は、該当する人物がいます。それは、日本最大の画派とされる狩野派の狩野正信・元信親子です。もっとも、中学受験の勉強をしていて登場する人物ではないので普通答えとして書く生徒はいません。

ただし、もしこの親子の名前を書いても不正解です。それは、問題の最後に「僧」の名前を答えなさい、とあるからです。狩野親子は僧ではありません。よって、この問題の答えは雪舟に限定されます。

答:雪舟


中学入試プレイバック2018 「女子学院中学」

日本では字が読めるのは当たり前です。しかし、世界全体で見たときにそれは当たり前ではありません。今回取り上げた女子学院中でもそれが話題になっており、アフガニスタン・パキスタン、ネパールといった国では人口の半分程度しか字が読めません。ちなみに、識字率の低い国ほど女性の識字率が低いという問題が別で出題されています。世界には、さらに貧しい国もあるのでもっと識字率が低い国もあるはずです。

このグラフから読み取るべきは、女性の識字率が高い国ほど低くなるデータです。一般に社会水準が発達すると、子どもたちが学校に通えるようになり識字率が向上します。人口ピラミッドの考え方でいえば、多くの子どもが産まれるが多くが死んでしまう(多産多死)だったものが、多くの子供が成長する(多産少死)時期を経て、少子化(少産少死)する流れがあります。その知識を踏まえてグラフを読み取れば、そこまで難しい問題ではないですね。

よくよく考えると、イ・エは学校に行ける子供が増えている=識字率は上がるという想像は簡単にできるはずなので、選んではいけない選択肢と言えるでしょう。

答:ア・オ


中学入試プレイバック2018 「海城中学」

中学入試はなぜかゴッホが好きですね。以前も「ひまわり」からゴッホを答えさせる問題も見たことがありますし、この問題もゴッホです。浮世絵が文化として成立していったのは江戸時代前期、鎖国(1639年ポルトガル船来航禁止)よりも後のことです。「見返り美人図」で有名な菱川師宣が活躍したのは17世紀後半のことです。

いや、本当は別の問題を紹介したかったんです。瀬戸内海を巡回して診療する船である済生丸をとりあげ、瀬戸大橋などの交通設備の普及で診療船の必要性は低下していることを本文で説明したうえで、船内の設備の資料や離島の人口ピラミッド、がんの早期発見が治療にどれだけ重要かというグラフを駆使して「高齢化が進む中で、高度な設備が必要で早期発見が重要ながんの検診に利用されている」という内容を200字以内で記述させる問題を紹介したかったんですが、データが多くて断念しました。

実のところ、入試問題を見てて最難関とよばれる学校は、それぞれすごいと思う問題を出題しているのですが、それを限られたスペースで紹介しきれないというジレンマはありますね。

答:ウ


中学入試プレイバック2018 「同志社中学」

2018同志社中実際の入試問題では、他にも氷見(ひみ)のブリ漁の特色やくふうを取りあげ、そこに付け足す内容としてふさわしくないものを選びなさいという問題ですが、少しコンパクトにまとめました。

多分、この問題の正答率は3割台だと思うんですよね。それぐらい難しいです。
まず、絶対に選んでいけない選択肢は④です。あみの目を大きくすることで小さな魚を取らないようにし、海洋資源を守る取り組みは中学受験でよく出題される内容です。これは、正しい内容と判断できないといけません。

ふさわしくないもの、つまり正解は③です。すだちはミカン科の果物で、徳島県で生産がさかんです。すだちブリというのは、養殖魚独特の臭みを消すためにえさに柑橘類などの果物を混ぜて食べさせるフルーツ魚の一種です。
すだちは徳島県が有名というのは授業ではまず教えていませんが、すだちはみかんの仲間ということを知っていれば、富山県ではない?という推測はなんとか可能です。②の寒ブリもそうなのですが、子どもたちが日常生活の中でいろいろなものに目を向け、興味を持っているかを問う問題といえるでしょう。

とはいえ、この問題ができないと合格ラインに届かないかというと全く違います。この問題が取り上げられている大問では、他に正解できる問題はありますので、みんなができる問題を確実に正解していくことが重要です。

今回、解答を作成する作業で見つけたのが、日本海学推進機構という組織が子供向けに作成している「キッズ日本海学」というサイトです。氷見で行われているブリなどについて紹介されています。

正解:③