「 予習シリーズ 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年下第16回 大正時代」

大正という元号は1912年から1926年の15年間使われました。他の時代と比較すると短い期間ということもあり、ここ数回と比べると楽な単元です。

さて、大正時代といえば第一次世界大戦です。中学校の教科書では三国協商・三国同盟という名称がでてきますが、予習シリーズでは出てきていません。一言でいえば、日本の歴史が中心だからです。そのため、日本が日英同盟を理由にイギリス側で参戦したことと、中華民国(清から変わったことを説明しないといけません)に二十一か条の要求をつきつけたことのほうが重要視されます。

予習シリーズでは別単元になっていますが、大戦景気についてはこのタイミングで説明します。大戦中の内容はこのタイミングで話したほうがわかりやすく、テキスト通りの順番で必ず説明する必要はないです。

1917年におきたロシア革命によりソビエト社会主義共和国連邦が成立します。この単元では正式名称を覚えておく必要があります。まぁ、板書すると確実に生徒がげんなりしますね。ただ、感度のいい子は「ソ連」という聞いたことのある言葉が略称だったんだと気づいて面白そうにします。この単元は、時間があるので社会主義・共和国・連邦という言葉の意味を簡単に教えます。
社会主義…土地などを国で共有する⇔資本主義
共和国…君主がいない
連邦…国が集まってできている国
そうしたほうが長い国名を意味付けして覚えやすいですからね。
そして、シベリア出兵は米騒動のきっかけになり原敬が初の本格的政党内閣をつくったというつながりがあります。「ロシア革命→シベリア出兵→米騒動→原敬」は並び替え問題の定番です。ただ、原敬は大正デモクラシーで説明したほうがいいので、後回しですね。ちなみに、上位クラスであれば原敬が所属していた立憲政友会まで覚えたいです。

1919年ベルサイユ条約は語呂合わせで覚えやすい年号です。ベルサイユ条約の内容はそこまで深堀しなくても大丈夫です。国際連盟の成立はしっかりやっておきたいです。アメリカが不参加だったことと、本部がスイスのジュネーブ、事務次長を務めた新渡戸稲造がポイントです。新渡戸稲造は前の5,000円札の肖像画に使われていた人物ということで思ったよりも出題されます。
三・一独立運動と五・四運動は朝鮮・中国どちらで起きたかが、ごっちゃになりやすいので注意が必要です。朝鮮は日本の植民地だったので独立がつくというのが分け方です。柳寛順は女子中でたまに見かけますが、ここで触れる必要はないでしょう。

大正デモクラシー護憲運動も意外と混同しやすいです。憲法に基づいた政治(立憲政治)を求める動きが護憲運動で、女性運動や社会運動なども含んだ民主主義の実現を求める風潮が大正デモクラシーです。
1925年の普通選挙法治安維持法はセットで問題にされることも多い重要内容です。何度も言っていることですが、重要な出来事が2つある年号はそれだけで出題頻度があがります。当時の内閣総理大臣である加藤高明もそこそこ出題されます。

水平社宣言と雑誌「青鞜」の冒頭の部分は史料問題での出題がとても多いです。意外と、水平社宣言(1922年)と関東大震災(1923年)が並び替え問題で出題されるので、上位クラスでは触れておきたいですね。

明治時代もそうですが、大正時代の文化の出題はそれほど多くありません。地下鉄・バス・ラジオでほぼ大丈夫です。


予習シリーズ社会解説 「4年下第16回 作物をたくさんつくるには?」

米・野菜・くだもの・畜産と一通りの農業の学習を終え、この単元からは農業における工夫と今後の農業のあり方がテーマになっています。

この単元は最初の2ページに覚えるべき内容が集中しています。まとめるとこうなります。

<開拓>
根釧台地(北海道)…酪農
野辺山原(長野県)…高冷地農業
<干拓>
有明海(九州)、児島湾(岡山県)、八郎潟→大潟村(秋田県)
<暗きょ排水で湿田を乾田にする>
信濃川下流…越後平野
<客土>
石狩平野
<用水>
安積疏水…猪苗代湖→郡山盆地
愛知用水…木曽川→知多半島
明治用水…矢作川→岡崎平野
豊川用水…天竜川→豊川→渥美半島
香川用水…吉野川→讃岐平野

はっきりいって、月単位のテストで点数を取るということでいえば上の内容を覚えるだけでほぼ完了です。量も十分あります。ただ、それだけでは先々の学習につながりません。理屈もいろいろ知っておきたいところです。

まず、干拓です。荒れ地を切り開く開拓に比べ、干拓は子どもたちにはピンときません。堤防をつくった上で海の水を干しあげて土地をつくりだす干拓は日本各地で行われました。干拓の「干」は干すという漢字であることは着目させたいです。

耕地整理、湿田を暗きょ排水などの工夫で乾田へと変える工夫の共通点は、機械を使って農業がしやすくなることです。ここは、将来的に記述で狙われるポイントなので知っておきたいですね。

用水に関しては、愛知県に注目したいです。工業生産1位の愛知県は入試でも最も出題される都道府県の1つです。将来的には知多半島・渥美半島だけを見て愛知県とわかるようにしたいですね。

生産を高める工夫については、太字が一気に少なくなったので一見重要度が低そうに見えます。しかし、品種改良で寒さに強い作物を作ってきたこと、大型の農業機械を使うことで農業にかかる時間が減ったが、機械を買うお金が負担になっていることなど理解すべきポイントは数々あります。
上位クラスでは「最近は、暑さに強い作物をつくる品種改良が行われているんだよ」なんていうアプローチをしたいですね。当然、地球温暖化対策です。

学習を深めるページにある循環型農業も注目しておきたいです。「循環」というのは現在の社会のテーマの1つです。
個人的には工場で野菜を栽培する話に注目しています。室内で育てる=害虫駆除のための農薬がいらないという話は子どもたちも食いつきやすいエピソードだと思います。


予習シリーズ社会解説 「5年下第14回 明治時代(2)」

この回では、不平等条約の改正、日清・日露戦争、明治時代の産業・医学・文学の発達と3つの単元を学習します。

単元の冒頭に鹿鳴館の様子を描いた絵があります。この絵なんとなく違和感があるんですよね。その違和感の正体は浮世絵顔と洋装のアンバランスさです。この絵は、錦絵つまり浮世絵なんです。だから、浮世絵風の顔が書かれているのも当然なのですが、急速に西洋の文化を取り入れようとしている奇妙さも映し出している気がします。

明治初期の外交については、岩倉使節団と征韓論です。まず、岩倉使節団は派遣されたメンバーですね。岩倉・伊藤・木戸・大久保とほぼ明治維新のオールスターがそろっています。ちなみに、有名な写真で唯一名前が付けられてない人物は山口尚芳(ますか)といいます。
前回の授業で唐突に西郷隆盛が政府を辞めて西南戦争を起こした形になっていますが、西郷が政府を辞めた理由の1つが征韓論が受け入れられなかったことです。にもかかわらず、わずか2年後に朝鮮を武力で開国させているのは、「なんでやねん」という感じですね。

明治時代の政治・外交のテーマは不平等条約の改正でした。
1894年 陸奥宗光がイギリスとの間で領事裁判権(治外法権)の廃止を実現。
1911年 小村寿太郎がアメリカとの間で関税自主権の回復に成功。
は全て覚える必要があります。領事裁判権の廃止が1894年で日清戦争の直前に行われたというのは並べ替え問題のミソです。領事裁判権の廃止→甲午農民戦争→日清戦争という並べ替えが成立するからです。

さて、日清戦争ですがその前の甲午農民戦争も大事です。いってしまうと、日清戦争は基本すぎて入試では聞けないんですよ。きっかけとなった出来事も覚えたいです。ここで、下関条約ですが、まず子どもたちに戦争と条約はセットで覚えることを言う必要があります。私は戦争は国同士のけんかで条約で仲直りするんだけど勝ったほうがいろいろ条件を付けるという説明をします。下関条約でリアオトン半島、台湾、賠償金と多くのものを手に入れましたが「清は、朝鮮が独立国であることを認める」という内容もきちんと触れておきたいです。
リアオトン半島はロシア・フランス・ドイツの3国がリアオトンの返還を要求したという出来事ですが、テストで三国を答える問題はよく出ますね。受験近くなると口頭で子どもたちが覚えているかチェックするんですが、この質問で「イギリス」と安易に答える生徒は要注意ですね。なにしろ、イギリスは領事裁判権の廃止を最初にした国で、さらに同盟の相手として登場しますからね。この時期、ロシアの南下を抑えたい日本とイギリスの関係性が分かって入れば、三国干渉の三国にイギリスは絶対入らないです。

日露戦争といえば、与謝野晶子です。与謝野晶子の「ああ をとうとよ君を泣く~」は史料の定番です。この歌を戦争に反対する歌と紹介されることが多いですが、与謝野晶子自身は戦争を賛美する歌も残しており、反戦家というわけではありません。キリスト教徒で戦争に反対した内村鑑三、社会主義の立場から反対した幸徳秋水も触れたいところですが、時間の関係で厳しいですね。
ポーツマス条約については賠償金がなかったというのが最重要ポイントです。そもそも、アメリカに仲介を頼んだ時点で日本が純粋に勝利した戦争ではないのがポイントですね。

1895年 台湾
1905年 南樺太
1910年 朝鮮半島
と植民地を増やしていったことを地図で答えさせる問題もよくでます。韓国併合に関してはこの回ではさらっとしかやらないです。というよりもやる時間がない。予習シリーズでは伊藤博文を暗殺した安重根を太字にしていますが、韓国にとっては英雄でも日本にとってはそうではないのでその必要があるのかと思います。ただ、入試には出るんですよね、安重根。

明治時代の産業の発達については、予習シリーズに載っている明治時代の貿易の推移が全てです。1882年に綿糸を輸入していた日本が、1897年には原料である綿花を輸入し、綿糸を輸出するようになっているんです。つまり、ここで日本の加工貿易が成立し始めた分岐点なんですね。このことにはぜひ触れておきたいです。
下関条約で得た賠償金でつくられたものの1つに八幡製鉄所があります。八幡製鉄所は地理の北九州工業地帯で登場してます。足尾鉱毒事件もそうですが、子どもたちは地理の知識と歴史の知識がつながるとけっこう喜びますね。こういう喜びは大事にするようにしています。


予習シリーズ社会解説 「4年下第12回 畑でつくられるもの~日本の農業(2)~」

今回は、畑でつくる作物のうち米以外の穀物、いも類、工芸作物です。

穀物という子どもたちに聞きなれない言葉が登場します。穀物は米や麦など主食となる植物を指します。とうもろこしや豆などが主食になる国もあるというと意外がられます。炭水化物という栄養素に触れてもいいでしょう。
とうもろこしや大豆などは飼料作物に大半が使われることも触れておく必要があります。

小麦・大豆・じゃがいもと1位が北海道の作物が続きます。受験知識としては2位も覚えておく必要がありますが、4年生段階では1位北海道だけ覚えておけばいいです。むしろ、以前に学習した十勝平野で畑作がさかんということを確認するほうが重要です。

とうもろこしやさとうきびを原料としたバイオ燃料は4年生はまず知らないことですし、再生エネルギーを重要視する現代では入試でも頻出なのでぜひ覚えさせたいです。バイオは生物という意味にも触れておきたいですね。

さて、工芸作物とは工場で製品に加工される作物のことです。
まず、砂糖の原料となるさとうきびとてんさいです。さとうきびは沖縄・鹿児島、てんさいは北海道と全く生産地が逆ではっきりしているのですが、混同は多いです。てんさいは生産の100%を北海道でしている珍しい作物なので、確実にそのことを伝えます。てんさいは形がイメージできないですが、別名「さとうだいこん」というとシンプルで分かりやすいです。

「学習を深めるページ」でについて詳しく書かれています。社会科では「お茶」と書くと不正解になるので注意します。「お茶」は飲み物だから、畑にペットボトルがついてる感じになっちゃうというとそこそこ笑いが取れます。茶といえば静岡県ですが、最近鹿児島県が早く出荷できることと大規模な農業で生産量を伸ばしています。もしかすると、順位が入れ替わることもあるかもしれません。茶にとって霜は大敵で畑にファンを設置しているところもあります。写真が問題にあって、目的を聞く問題も先々登場します。

いぐさ・こうぞ・みつまた・紅花・うるしは写真で見る機会がなかなかないので1つ1つ目でみて確認するようにしていますね。


予習シリーズ社会解説 「4年下第14回 肉や牛乳をつくる~日本の農業(4)」

この単元では畜産について学習します。
授業では、まず牛といっても肉牛と乳牛の2種類がいることを教えなくてはいけません。テストで「牛」とだけ書くと不正解になるので注意しましょう。この単元で覚えるべきことは

1位 2位 3位
乳牛 北海道 栃木県 岩手県
肉牛 鹿児島県 宮崎県
鹿児島県 宮崎県
肉用若鶏

という畜産物ごとのさかんな都道府県の一覧です。採卵鶏はとくに生産が多い都道府県がなく順位も入れ替わるため特に覚える必要はありません。また、肉用若鳥も鹿児島県と宮崎県の順位はよく入れ替わるのでどちらかが1位と覚えておけば十分です。
表を見ての通り、北海道・鹿児島・宮崎が畜産に強いというのは感じておいてほしいです。入試では都道府県単位でどの種類の農業が盛んかを問う問題は多いです。

予習シリーズには「出荷された肉の量」「畜産農家の数」「農産物の輸入量の変化」のグラフがありますが、それぞれ読み取れることを確認したいです。こういった覚えることが少ない単元のときこそグラフの読図をやっておきたいです。
「出荷された肉の量が増加している→肉や乳製品を食べるようになった」
「畜産農家の数は減少している→出荷量は増えている→一戸あたりの出荷量は増えている」
「農産物輸入が増えている→食生活が多様化した」
といった内容を読み取っていきたいです。

農産物の輸入が増えて自給質が落ちているというのは、現在の日本の食料政策の課題と考えられています。つまり、入試に出ます。農産物の輸入が増えた理由は、外国のほうが安いといった理由もありますが農産物の輸送技術が発達したというのも大きいです。アメリカからの輸入圧力が加わっているのも大きいですが、小4段階では貿易は詳しくやっていないので無理に触れなくてもいいでしょう。

学習を深めるページでは農薬や有機農業、遺伝子組み換えといった食の安全性といったことが書かれています。目先のテストで出題される内容ではありませんが、先々知識として知っておきたい内容ですので、必ず触れるようにしていますね。

 


予習シリーズ社会解説 「5年下第13回 明治時代(1)」

歴史の学習もついに近代に入りました。
歴史の授業をするときに気を付けなければならないことの1つに、江戸時代までと明治時代以降では授業の視点を変えなければならないということがあります。どういうことかというと、江戸時代までは政治の流れを説明するときに人物中心に話をしていけばよかったのに対し、明治時代はそれができないということです。例えば、奈良時代であれば聖武天皇、鎌倉時代であれば北条政子や泰時、時宗といった人物名を挙げて授業をしてきました。
しかし、明治時代はそれまでと比べると短い期間の間に多くの出来事がおき、出来事と人物を直結できないことが増えます。つまり、今までの人物中心の歴史で説明ができないということです。
私が授業をするうえで心がけているのは、日本を1つの登場人物として擬人化するイメージです。明治以降は、日本だけではなく中国や朝鮮、欧米の動きも中学入試の範囲内で大切になってきます。世界の中で日本がどんな動きをしてきたのかを感じながら理解を深めさせていきたいところです。

もう1つ明治時代以降で特に重要になるのが漢字の意味を確認することです。例えば、「版籍奉還」は版図(土地)と戸籍(人民)を奉還(天皇に返す)ことですし、「廃藩置県」は読んで字のごとしです。「富国強兵」は国を富まして兵を強くする、「殖産興業」は産業を殖やし興すという意味を理解させなくてはいけません(この2つはよく混同します)。
明治維新の改革の中で、特に地租改正は大きなポイントです。土地の所有者に地券を発行し、地価の3%を現金で納めさせるという政策によって、明治政府の財政が安定したという知識が出題されます。

文明開化に関しては、ガス灯・鉄道・郵便・太陽暦といった大きな変化があります。入試で出題される場合は「文明開化じゃないもの」を選ぶ問題が多いですね。おおよそ、ラジオ・電気といった大正時代に普及したものが答えになります。
そして、私が”敬愛してやまない”福沢諭吉“先生”です。とにかく、漢字間違いが多い。論・輸・輪、全部ありえますので授業ではノートなどにきちんと書けているか1人1人チェックします。”できるだけ多くの福沢諭吉先生に囲まれて暮らしたい”という、間違いなくウケます。

後半は自由民権運動と大日本帝国憲法です。1877年西南戦争を経て自由民権運動へとなっていくのですが、自由民権運動のきっかけとなった民選議院設立建白書は1874年で西南戦争よりも前というのは並び替え問題で気を付けるべきところです。授業で説明するときは、必ず西南戦争が先になるので間違えやすいんですね。

伊藤博文憲法制定にあたっては”君主県の強い”ドイツの憲法を参考にしたことは定番中の定番です。なお、初代内閣総理大臣である伊藤博文は同時に史上最年少内閣総理大臣(44歳)でもあります。内閣制度(1885年)ができてから大日本帝国憲法(1889年)ができたという並べ替えも注意したいところです。内閣総理大臣・主権といった教える側にとっては常識の言葉も子どもたちには初めて聞く言葉です。その辺りは丁寧に説明する必要があります

帝国議会に関しては衆議院の選挙権「直接国税15円以上納める満25歳以上の男子」は言うまでもなく記述の定番です。なお、最初の選挙では北海道・沖縄に選挙権がなかったため「全国で衆議院選挙が行われた」という表記は誤りになるので正誤問題では狙われるポイントですね。


予習シリーズ社会解説 「5年下第12回 江戸時代(3)」

江戸時代の単元も3回目。この単元では、18世紀初めのいわゆる江戸の三大改革から江戸幕府の滅亡までとなかなかハードな内容になっています。

まず、江戸時代中期の政治を表にまとめてみましょう。

役職・名前 時代 呼び名 内容
8代将軍
徳川吉宗
18世紀前半 享保の改革 上米の制・目安箱・公事方御定書
蘭学の制限を緩める
老中
田沼意次
18世紀後半 株仲間を積極的に認める
長崎貿易の拡大
老中
松平定信
18世紀末 寛政の改革 ききんにそなえて米を蓄える
幕府の学校で朱子学以外禁止
老中
水野忠邦
19世紀前半 天保の改革 株仲間の解散

人物名と改革の名称の一致、時代順の並べ替え、人物名と改革内容の一致といったいろんな種類の問題をつくりやすい単元です。
松平定信に関しては「世の中に 蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶというて 夜もねられず」「白河の 清きに魚の すみかねて もとのにごりの 田沼恋しき」という狂歌から問題を作成してくるのも定番です。

松平定信と水野忠邦の間には50年ほどあり、その間にロシアのラクスマンが根室に来航(1792年)、異国船打払令(1825年)と大きな出来事が起きています。予習シリーズでは三大改革をまとめていますが、年代順に並べて先に外国船の接近を説明するスタイルもありです。
この回は覚えることも多いため、樺太を探検した間宮林蔵や蛮社の獄の高野長英・渡辺崋山まで授業内で触れるのはなかなか難しいですね。

後半ではいよいよペリーが来航して開国をします。ペリーは小学生の中でインパクトのあるキャラクターなので、覚えられない生徒はまずいません。ここは、ペリーが来航したのが浦賀(神奈川県)というところまで抑えたいです。
1854年日米和親条約では下田・函館を開講したことが重要です。とくに下田の場所は地図で要確認です。細かい内容ですが、イギリス・ロシア・オランダとも同様の条約を結んでいます。
1858年日米修好通商条約は「関税自主権が”ない”」「領事裁判権を”認める”」という不平等条約の部分が特に重要です。これは、明治時代を通じて不平等条約の改正が明治政府の大きなテーマになるからです。ここでは「ない」「認める」という語句まで重要です。ちなみに、領事裁判権と治外法権は、ほぼ同じ内容なのでどちらでも正解になりますが最近は領事裁判権と書くことのほうが多いです。この時の中心人物である大老・井伊直弼は漢字間違いが生まれやすい人物なので注意が必要です。ちなみに、アメリカの他に、英露蘭の3か国とさらにフランスとも条約を結んでいます。
開国による影響も出題されやすいです。学習を深めるページでは横浜港での貿易がグラフになっていますが要約すると「イギリスに生糸を輸出した」というのがポイントです。授業では、グラフを読み取らせて特徴を聞くようにしています。

幕末に関しては並べ替えの問題も多いです。たとえば
日米修好通商条約→安政の大獄→桜田門外の変
生麦事件→薩英戦争→薩長同盟
大政奉還→王政復古の大号令→戊辰戦争
といったあたりです。時代の近い並べ替え問題は、ただ時代順に並べさせるだけではなく、歴史の流れを理解しているかどうかが重要なポイントになります。その中でも、大政奉還の1867年は絶対に覚えなければならない年号です。江戸時代の終わりであると同時に、武士の時代の終わりです。武士の時代の始まりを平清盛が武士で初めて太政大臣になった1167年とすると実に700年間続いた時代の終わりです。
次回からはいよいよ明治時代、近代の始まりです。明治時代以降は歴史のとらえ方を変えていかなければならないのですが、それは次回説明します。


予習シリーズ社会解説 「4年上第13回 野菜とくだものづくり」

社会科で野菜づくりといえば
促成栽培…冬でも暖かい気候を生かして普通より早い時期に栽培する。
高知県のなす、宮崎県のピーマンが有名
高冷地農業…夏でも涼しい気候を生かして葉野菜を栽培する。
長野県・野辺山原のはくさい、群馬県・嬬恋村のキャベツ
近郊農業…大都市に近い地域で、時期に合わせた作物を栽培する。
千葉県・茨城県などでとくにさかん
という3種類に分けることができます。この3パターンはこれからも定番で登場します。
また、時期をずらして栽培を行う理由は「ほかの時期をでとれない時期に生産することで高い値段で出荷できる」、促成栽培の利点は「消費地に近いので新鮮なまま運べ輸送費もかからない」という記述問題も定番と言えるでしょう。

76ページ下には東京に出荷される月別の産地がわかるグラフがあります。ここからは、時期によって産地を選んで入荷していることを読み取りたいです。テストでは夏の産地が空らんで群馬県と答えさせる問題もありそうです。

次に野菜・くだもののおもな産地が地図で示されています。
野菜では上で紹介したものに加えて、北海道のたまねぎ、愛知県のキャベツを覚えておきたいです。ちなみに、千葉県・茨城県は多様な作物で上位に顔を出しすぎるので、特定の作物を覚える必要性は薄いです。

くだものの中ではみかんが長年生産量1位を続けてきました。しかし、近年では消費者がいろんなくだものを食べるようになったこと、オレンジなどのライバルが多いことからみかんの生産量は減少しており、年度によってはりんごに負ける年もあります。

1位 2位
みかん 和歌山 愛媛
りんご 青森 長野
ぶどう 山梨 長野
もも 山梨 福島
おうとう 山形

くだものは出題方法がはっきりしているので確実に点数にしていきたいところです。


予習シリーズ社会解説 「4年下第11回 米づくり~日本の農業(1)~」

予習シリーズ4年下はこの第11回から実に6回にわたって日本の農業を取り上げます。食というのは人間の生活の根源であり、地形環境などに左右される農業は受験社会としても出題の幅を広くとれ極めて重要な単元です。
特に、今回の単元で学習する米は言うまでもなく日本の主食で、日本文化の象徴の1つといえるでしょう。それを分かってもらうために、授業で「炊く前の状態は米というけど、炊いた後はご飯という。英語では両方ともriceだけど、日本語では使い分けている。なんで使い分けるかというとその必要があるからである。さらに、ご飯という言葉が食事のことを言うように米=食事といえるほど同じものとして見られている」という話をします。

まず、米作りの盛んな地域ですが、その前に今回の単元で覚える必要はそれほど高くありませんが、米はもともと気温が高く雨が多い熱帯の植物であることは知っておきたいです。本来熱帯の植物である稲を、今や冷帯の北海道で大量に生産していることでどれだけの工夫が行われてきたかを感じることができるからです。
米作りが盛んな地域ですが、ぜひここで秋田平野・庄内平野・仙台平野・越後平野石狩平野上川盆地といった地形名を覚えたいです。第9回で触れている内容でもありますし、入試で直結する知識になります。なお、新潟県と北海道は米の生産1位・2位を争っており、時折順位が入れ替わります。ですので、どちらかが1位というよりセットで覚えてしまえばよいです。ついでに秋田県が3位(わりとこれは固定されています)も知っておきたいです。

米作りの流れといえば
育苗→田起こし→代かき→田植え→中干し→稲刈り→乾燥
という並べ替え問題です。田起こし・代かきではトラクター、稲刈りではコンバインが使われることも写真付きで確認します。ただ、ここで気を付けないといけないのは都心部を中心に田んぼをみたことがない生徒がいることです。じゃあ、なにができるかといえば困るのですが田んぼぐらい見たころあるだろうと思って授業をして違う反応をされると焦るので心構えだけはしておきたいです。まじめな話、受験で合格するには多様な知識と考え方が必要になるので、保護者の方には子どもたちにいろんなものを見せてやってほしいです。

食生活の多様化により米の消費が減っているというのは先々記述の定番になりますが、感覚的に子どもたちもわかるのでそれほど難しくはありません。

この単元でそれほど出題されることではありませんが、学習を深めるページの水田のはたらきは重要です。環境と食に関するテーマは現在の入試で頻出です。
①水をたくわえる
②洪水を防ぐ
③きれいな水を作り出す
④夏の暑さを和らげる
⑤生き物の住みかとなる
と多様な働きがあります。このあたりの1つ2つは答えられるようにしておきたいです。

棚田の再評価が進んでいる話も入試で最近見かけます。今回の単元では言葉だけ覚えておけばいいですが、「都会の人に棚田の良さを知ってもらうために田植え・稲刈り体験のイベントを開催する」といった保存への取り組みは記述問題で登場することもあります。


予習シリーズ社会解説 「5年下第11回 江戸時代(2)」

予習シリーズ5年下の中でも少し異質な回、それがこの第11回です。この回は江戸時代の産業と文化・学問で構成されており、政治・外交といった通常であれば単元の最初に学習する内容がありません。大きな流れで説明することが難しいので、子どもたちにとってやや覚えるのが難しい単元といえるでしょう。

江戸時代の産業を理解するうえで大きなポイントになるのは「農村でもお金を使った商品のやり取りが行われるようになった」ということです。農業では、油かすやほしかといった肥料をお金で買うようになり、綿花や茶、菜種といった商品作物の栽培が広がりました。
また、工場制手工業とよばれる分業により製品を作る仕組みができあがりました。工場制手工業はマニュファクチュアでもかまいませんが、小学生の場合はカタカナ語より漢字のほうが覚えやすいです。

産業に関連して、株仲間、蔵屋敷、両替商といった用語が出てきます。江戸時代に限らずですが、政治・外交と産業の同時代史を問う問題はよく出題されます。先ほどの3つのキーワードは全て江戸時代と特定できるキーワードなので、確実に覚えておきたいところです。株仲間は、鎌倉・室町時代の座との区別や江戸後期の政治でも登場します。蔵屋敷は近畿地方の地理とつなげやすい語句です。

江戸時代の文化はまず町人が文化の担い手になったことがこれまでの時代との大きな違いです。また、元禄文化化政文化という2つの文化がはっきりと分かれているのは、大きな特徴です。室町時代も北山文化・東山文化という区分はありますが、江戸ほど明確に分かれていません。
元禄文化…17世紀末(徳川綱吉)ごろの大坂・京都(上方)の華やかな町人文化
化政文化…18世紀末(松平定信)ごろの江戸中心の皮肉・こっけいを楽しむ町人文化
と分けて理解をしておく必要があります。
江戸時代は文化人だけでも覚えるべき人物がとても多いです。
★元禄文化富嶽三十六景
井原西鶴…浮世草子
近松門左衛門…人形浄瑠璃
松尾芭蕉…俳諧
菱川師宣…浮世絵「見返り美人図」
★化政文化
葛飾北斎…浮世絵「富嶽三十六景」
歌川広重…浮世絵「東海道五十三次」
東海道五十三次返舎一九…「東海道中膝栗毛」
と7人もいます。
いつもこの単元を説明するときは、風景画の北斎と広重は化政文化であるとセットで覚えるようにアドバイスをします。そうすると、今度は2人の区別がつきにくくなりますので、唐突に「東海道と富士山で描かれている範囲が広いのはどっち?」と聞きます。「東海道」という答えが出てきますので、「東海道のほうが範囲が広い。範囲が広重だから東海道五十三次は歌川広重」と大真面目にしょうもないギャグを言います。まぁまぁ、いつも受けます。そのあと、東海道つながりで十返舎一九も化政文化に含め、それ以外のメンバーは元禄文化と分けます。
この辺り、きれいな語呂合わせをつくれればベストなのですが、そういうのはどうも苦手なため覚え方が力業になるのです。ただ、個人的に「語呂合わせは自分でつくることが重要だ」と思っていまして、人から聞いた語呂はあんまり覚えられないんですよね。自分なりに考えて作り出したほうが、自分の中でエピソードとして残るので覚えられます。授業で意識をしているのは、自分なりに覚えるにはどうしたらいいか、その手法のアドバイスをすることです。

江戸時代は国学・蘭学といった新しい学問が登場します。国学は「仏教などが伝わる以前の日本人の考え方を研究する学問」という記述問題が意外と出題されます。中学受験では国学=本居宣長=「古事記伝」をセットで覚えればOKです。ちなみに、ここで授業では「古事記」が何時代なのかを口頭で必ず確認します。正解は奈良時代ですが、まずたいていの生徒は答えられません。だからこそ復習が重要です。社会の授業で大事なのは、教師側が一方的説明するだけの授業にならないように過去に学習した内容を質問できるチャンスは逃さないことです。


スポンサーリンク