「 人口 」一覧

中学入試プレイバック2019 「筑波大学付属駒場中学」

人口重心とはなかなかマニアックなところをついてきました。現在(2015年)の人口重心は岐阜県関市にあります。関市は刃物で有名な街です。上の地図を見てわかるように近年、人口重心は南東に動きつつあります。人口が南東に集まりつつある、つまり関東地方に人口が集中していることが分かります。

今回の問題では、縄文時代の人口中心がどこにあったかを答える問題です。もちろん、受験生の99%が知らない知識ですから、その場で考えて解くことになります。
ポイントは、「木の実を付ける落葉広葉樹林の広がる東日本が、照葉樹林の茂っていた西日本より食料を得ることが容易だった」という一文です。食料が豊富ということは人口が多いということです。つまり、当時の人口中心はやや東寄りだったことが予測できます。それを考えると、答えはオの長野県ということになります。ちなみに、人口中心が長野県にあるということは、関東北部や東北地方に多くの人口がいたことがいえるでしょう。

あらためて見ると、縄文時代を代表する三内丸山遺跡は青森県です。それ以外にも大森貝塚(東京都)縄文時代の遺跡が東日本には多くあります。これが、弥生時代になると唐古遺跡(福岡)、吉野ケ里遺跡(佐賀)など西日本にも遺跡が増えていきます。そして、古墳時代では近畿地方に多くの古墳があり、ヤマト政権の勢力が畿内を中心に広がりました。

時代によって、中心となる場所は変わっていくことが分かりますね。

答:オ


予習シリーズ社会解説 「5年上第9回 日本のすがた」

「日本は狭い国か広い国か?」

この質問をすると、大抵の子どもは「狭い国」といいます。世界には190あまりの国がありますが、日本の面積は61位です。日本は全体でいえば、広い国ということになります。そういうと、子どもたちはちょっとびっくりするので、こういった国土に関する単元の導入としては最適ですね。

さらにいうと、日本は周囲200カイリの排他的経済水域がとても広いです。国土の約11倍あり、世界でも上位です(予習シリーズでは6位とありますが、排他的経済水域は取り方によって順位が前後するようで、順位が出ることはありません)。

経線・緯線について注意すべきポイントは日本標準時子午線です。日本の標準時子午線は東経135度で兵庫県明石市を通るというのは基本知識です。注意ポイントは「東経」を忘れないことです。「日本の標準時子午線は経度何度か答えなさい」という問題を出題すると必ず「135度」とだけ書いて不正解になる生徒がいます。きちんと「東経135度」と書くように指導しています(それでも書き忘れは発生するのですが…)。
時差はできるだけ簡単に説明するようにしています。難しくやりすぎるとドツボになりがちです。地球は一周360度で24時間で分けると15度で1時間になります。日本は(本初子午線の通る)イギリスより9時間早いぐらいわかっておけば十分でしょう。
ちなみに、アメリカは標準時が4つ、ロシアは11あるというと、けっこういい反応をしてくれます。

日本の面積…約38万㎢
日本の人口…約1億2700万人

この2つはそのものが入試に出題されるわけではありませんが、ほかの国と日本を比較するうえで基本データとなるので必ず覚える必要があります。人口密度は12700万÷38万=約340人/㎢と計算で出すことができます。世界の人口・面積は1,2位がわかるようにしておきましょう。それぞれ1位は結構子どもたちでも知っていますが、人口2位インド、面積2位カナダは知らないです。

領土問題は(政治的に)難しい問題なのであまり深く立ち入らないようにしています。受験的には問題が起きている場所と対立をしている国が言えるようにしておけば大丈夫です。

過疎過密は対になっているものなので、セットで教えるようにしています。4年生のときに学習しているヒートアイランド現象について、再度説明しておいたほうがいいですね。

少子化と高齢化については、5年生段階では現象だけ理解しておけば十分です。背景については、生徒に聞かれれば少し答えるぐらいのスタンスで授業をしています。ところで、

高齢化社会…高齢者の割合が7%以上
高齢社会…高齢者の割合が14%以上
超高齢社会…高齢社会の割合が21%以上

という分類があるのですが、28%以上の呼び名は今のところありません。近い将来、日本の高齢者の割合は28%を超えます。どう呼ぶようになるんでしょうね。…スーパー高齢社会?


人口の多い都道府県、少ない都道府県

今回取り上げるのは都道府県別人口です。

人口推計(平成28年10月1日現在 単位:千人)

1 東京都 13,624 17 岐阜県 2,022 33 大分県 1,160
2 神奈川県 9,145 18 群馬県 1,967 34 石川県 1,151
3 大阪府 8,833 19 栃木県 1,966 35 山形県 1,113
4 愛知県 7,507 20 岡山県 1,915 36 宮崎県 1,096
5 埼玉県 7,289 21 福島県 1,901 37 富山県 1,061
6 千葉県 6,236 22 三重県 1,808 38 秋田県 1,010
7 兵庫県 5,520 23 熊本県 1,774 39 香川県 972
8 北海道 5,352 24 鹿児島県 1,637 40 和歌山県 954
9 福岡県 5,104 25 沖縄県 1,439 41 山梨県 830
10 静岡県 3,688 26 滋賀県 1,413 42 佐賀県 828
11 茨城県 2,905 27 山口県 1,394 43 福井県 782
12 広島県 2,837 28 愛媛県 1,375 44 徳島県 750
13 京都府 2,605 29 長崎県 1,367 45 高知県 721
14 宮城県 2,330 30 奈良県 1,356 46 島根県 690
15 新潟県 2,286 31 青森県 1,293 47 鳥取県 570
16 長野県 2,088 32 岩手県 1,268

都道府県別の人口の1位は当たり前ですが東京都です。以下、神奈川県・大阪府・愛知県と続きます。個人的な見解では、面積以上に上位4都府県は順位で覚えておきたいです。なぜかというと、これらの都道府県は都道府県を識別する問題での登場頻度が高く、覚えておくと便利だからです。細かい数字は覚える必要はありませんが、人口が多い都道府県は500万人程度の人口があることは知っておきたいですね。

人口の多い都道府県で意外なのが、11位茨城県でしょうか。15位までで東京都を除いて唯一政令指定都市がないのが茨城県です。人口が30万以上ある都市が1つもないにもかかわらず、10万人以上ある市が8つもあるという興味深い分散の仕方をしています。

逆に人口が少ない都道府県は100万人を切っている都道府県です。最下位の鳥取県はそれだけで問題がつくれる都道府県なので確実に覚えておきたいです。四国が愛媛県以外、人口が少ないグループに属しているのが目を引きます。ちなみに、現在38位の秋田県はかろうじて100万人台をキープしています。しかし、秋田県は人口減少率が最も高い都道府県でもあり、ここ数年のうちに100万人を切るのはほぼ確実です。

中央値は約150万人になります。もちろん、このあたりの順位は覚える必要は全くありません。


スポンサーリンク