「 元寇 」一覧

社会科で間違えやすい漢字大全~中近世編~

漢字間違いシリーズ、今回は鎌倉時代から江戸時代です。

まずは鎌倉時代から。

檀ノ浦の戦いは「壇」の字の右側がなべぶた・回・日・一の順なのですが、最後の日と一をくっつけてしまうことが多いですね。北条泰時は同じ回で、奉公を習うので混同するようです。ただ、不思議と泰公とは書かないです。
そして、元寇です。歴史の漢字では一番間違えやすい字です。色々間違えるパターンがあります。板書を写したノートをみると3割は間違えています。
親鸞は字が難しすぎて、実はテストでは意外と記述では出題されません。

鎌倉時代は後醍醐天皇は画数が多いので大変です。あと、意外と多いのが一揆の間違い。最後をはねてしまうミスが多いです。「発」ではないんですね。
長篠の戦いもミスが多い字です。最後が「条」ではないのが注意ポイントです。楽市・楽座と豊臣秀吉の間違いは習いたてで発生します。「らくいち」「とよとみ」という読みに引っ張られるパターンです。ただ、楽市は意味で理解してほしいところですけどね。太閤は間違えやすい字です。この回で天守閣も学習するので注意が必要です。しめすへんところもへんのミスは普通の漢字でも起きやすいですね。

徳川綱吉は「網」と書くパターンを紹介しましたが、鋼吉と書くミスもあります。薩摩藩は「薩」の右下を産と書く場合もあるということです。書体としてはどちらでもいいのですが、学校の先生によっては教科書通りの書体で書かないと不正解にするタイプの人がいますので、△にしました。葛飾北斎と坂本龍馬も同じです。

両替商の間違いは思いのほか多いです。意味を考えると賛はおかしいはずなんですけどね。人形浄瑠璃は漢字で書かせるには難しいので、テストではあまり漢字で書かせない字です。親鸞と同じパターンですね。

井伊直弼のミスは本当に多いです。どちらも「い」なのが原因でしょう。幕末は覚えることが多くてミスも出やすいので厄介です。


予習シリーズ社会解説 「5年下第6回 鎌倉時代」

歴史の学習も古代が終わって中世に入ります。中世の定義は難しいのですが、大きな要素としては、土地を介した上下関係、つまり封建制度によって社会が成り立って時代が中世です。この封建制度は江戸時代まで続きます。概念として知っておく必要があります。

鎌倉時代は、源平の争いからスタートです。地図で平氏がどんどん西へ落ち延びていき、壇ノ浦の戦いで滅亡した流れを理解させます。意外と「富士川の戦い→一ノ谷の戦い→屋島の戦い→壇ノ浦の戦い」という並び替えの問題も出題されるのですが、今の段階では壇ノ浦の戦いだけで十分です。
壇ノ浦の戦いがおきた1185年に国ごとに守護、荘園ごとに地頭が置かれたことは重要です。守護が軍事・警察、地頭が年貢の取り立てを行ったことも知っておきたいです。上位生は政所・問注所・侍所も知っておいてもいいでしょう。
源頼朝なお、現在の社会科では「鎌倉幕府の成立は何年か?」という問題は出題されません。鎌倉幕府という概念は後の時代によって定義されたもので、当時は幕府という考え方はなかったためです。ただし、守護・地頭の設置は1185年、源頼朝が征夷大将軍になったのが1192年は変わりません。語呂合わせでイイハコでもイイクニでもいいですが、時期と順序は覚えておきたいです。

なお、鎌倉が神奈川県であることは、特に関東地方以外では注意が必要でしょう。鎌倉に本拠地が置かれた理由が「三方を山に、南を海に囲まれ守りやすかったから」というのは記述の定番です。

成績中位から下位のクラスの場合は、鎌倉時代=北条氏ぐらいの勢いで執権を説明します。安土桃山時代に小田原に本拠地を持った北条氏もいるにはいるのですが、登場頻度が違います。なお、将軍の補佐職である執権は鎌倉時代と特定できるキーワードの1つです。

1221年におきた承久の乱は後鳥羽上皇・隠岐・北条政子・六波羅探題と関連キーワードが多く出題者側としては問題がつくりやすい出来事です。予習シリーズには北条政子の演説がマンガで紹介されています。授業で感情移入して読むと大抵ウケます。この演説自体が歴史史料の定番の1つなので重要なんです。
土地をめぐる裁判の基準となった御成敗式目と北条泰時はとりあえずセットで覚えておけばいいです。ただ、将来的には混同する語句がいくつかあるので先々意外と答えがでてこない語句でもあります。今回は覚えなくてもいいと前置きしたうえで「もともと慣習として定着していたものを文章にまとめた(新しいルールを作ったわけではない)」「あくまで武家に対する取り決め」であったことも上位には説明します。将来的な正誤問題でよく出題されます。

元寇は、まず漢字が書けません。板書するときは絶対に「」の字を大きく書きます。元寇は出題ポイントがいくつかありますが、集団戦法と火薬兵器(てつはう)に苦しめられたことは記述問題でよく出題されます。記述問題といえば、元寇の影響として「御家人へのほうびが不十分で御家人の幕府への不満がたまった」というのも定番です。
なお、予習シリーズではここで高麗がしれっと入っています。朝鮮半島に高麗が成立したのは10世紀前半の平安時代であることは注意しておきたいところです(個人的には平安時代で紹介すべきだと思います)。

鎌倉時代の産業・商業の発達は、先々「同じ時代の内容に当てはまるものを記号で選べ」とった問題で出題されやすい内容です。今の段階では太字になっている語句を覚えておけば大丈夫です。

鎌倉時代の文化はまず、運慶・快慶の東大寺南大門金剛力士像です。東大寺は天平文化ですが、東大寺南大門は鎌倉時代に東大寺が再建されたときに建てられたものなので、鎌倉文化という説明は必須です。
そして、最後に鎌倉仏教です。まず、法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)は必須です。浄土宗と真宗の区別は意識する必要はありませんが、念仏というキーワードは知っておきたいです。一遍(時宗)はその布教の様子を描いた絵巻が定期市の様子を表す史料として使われるので(予習シリーズでも使われています)知っておきたいところです。禅宗の栄西(臨済宗)は茶を日本に伝えたという関連項目もあり出題されやすいです。とはいえ、仏教だけで6人いて一問一答で全員答えるのはなかなかハードです。テストでもはじめのうちは記号選択の問題が中心になるので、無理はしないでください。


予習シリーズ社会解説 「6年上第11回 政治・外交史(2)」

鎌倉・室町・安土桃山時代の政治の流れを復習するのがこの第11回です。複数の時代が出題されるときに、1つ注意するのは「どの時代か」というのを答える問題です。特に今回では鎌倉時代と室町時代の識別ですね。

鎌倉時代 北条氏 執権 守護・地頭 承久の乱
室町時代 足利氏 管領 守護大名 応仁の乱

このように対になっている語句はセットにしておきたいところですね。室町時代は社会の動きとして、村の自治組織であるができ、寄合をひらき村のおきてを定めるようになりました。結果、応仁の乱がおきた15世紀には正長の土一揆、山城の国一揆、加賀の一向一揆といった土一揆が発生したというのが、室町時代の大きな動きですね。

鎌倉~安土桃山時代の政治の動きは、比較的単純なため確実に得点源としていきたいところです。このあたりの時代で難しいのは土地制度・経済の動きですね。

この回では、外交史の中でも天正遣欧使節南蛮寺・南蛮貿易といったキリシタン関係の史料、また元寇日明貿易朝鮮侵略といったアジア関係の外交の話が多くなっています。

元寇………文永の役・弘安の役
朝鮮侵略…文禄の役・慶長の役

と似た語句が並んでおり、きちんと区別しておく必要があります。とくに、これら4つは全て元号のため、元号の変わり目である2019年度入試は注意が必要ですね。

織田信長と豊臣秀吉の政策の区別もしておきたいです。

織田信長豊臣秀吉

織田信長 安土城 楽市楽座 キリスト教を保護
豊臣秀吉 大阪城 太閤検地・刀狩 キリスト教の布教を禁止・朝鮮侵略

できれば、長々解説することなく問題演習を中心に進めたい単元です。


入試に出る歴史上の人物 「竹崎季長」

読み:たけざきすえなが
時代:鎌倉後半(13世紀後半)


元寇の時の様子を描いたことで有名な史料である「蒙古襲来絵詞」に登場する御家人竹崎季長です。

竹崎季長自身は入試的にはマニアックな名前です。しかし、「蒙古襲来絵詞」は集団戦法や火薬兵器(てつはう)に苦しめられた御家人の姿を映す史料として、極めて重要でこの部分は重要レベルです。



スポンサーリンク