「 入試に出る歴史上の人物 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「レオナルド・ダ・ビンチ」

標準
モナ・リザルネサンスを代表する絵画である「モナ・リザ」の作者がレオナルド・ダ・ビンチです。

注意
ルネサンスとはイスラム世界からヨーロッパ世界に逆輸入された「古代ギリシャ・ローマの文化をもとに、生き生きとした人間の姿を文学や芸術でえがく風潮」を指します。記述で狙われやすいので注意しましょう。

ミケランジェロやレオナルド・ダ・ビンチに限らず、芸術家の名前は社会科としては教科書に掲載されている作品1つと作者名が一致すれば十分です。

読み:れおなるど・だ・びんち
時代:16世紀初め




入試に出る歴史上の人物 「バスコ・ダ・ガマ」

重要
1498年、アフリカ南端の喜望峰を経由してインドに到達した人物がバスコ・ダ・ガマです。

注意
バスコ・ダ・ガマを支援した国はポルトガルです。コロンブスやマゼランも含めてですが、彼らが活躍した時代を日本に当てはめると室町時代後半(1467年が応仁の乱)にあてはまります。日本と世界の同時代史を確認する問題は高校入試の頻出事項です。

読み:ばすこ・だ・がま
時代:15世紀末

世界地図

 


入試に出る歴史上の人物 「コロンブス」

重要
コロンブス1492年、アメリカ大陸近くの西インド諸島に到達したのがコロンブスです。

注意
コロンブスを支援したのはスペインです。中南米でスペイン語を公用語にしている国が多いという地理の知識とつながる内容なので、覚えておくと便利です。

コロンブスはアジアに到達するために大西洋を渡ったため、到達した地をインドと勘違いしていました。カリブ海の島々を西インド諸島というのはその名残です。

読み:コロンブス
時代:15世紀末


入試に出る歴史上の人物 「佐藤栄作」

重要
ノーベル賞 1972年沖縄が日本に返還されたときの内閣総理大臣が佐藤栄作です。1964年に内閣総理大臣に就任した佐藤は連続在任期間の記録を持っています。
1965年日韓基本条約、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則の発表はともに佐藤栄作が首相を務めていた間の出来事です。日本人唯一のノーベル平和賞受賞者でもあります。

1972年は沖縄返還と日中共同声明という大きな出来事が2つおきている昭和戦後の中で最重要の年号ですが、沖縄返還を最後に佐藤栄作は退陣し、日中共同声明のときは田中角栄に首相が代わっています。つまり、沖縄返還→日中共同声明という同じ年号での並べ替え問題が成立するということで注意が必要です。

読み:さとうえいさく
時代:昭和戦後(20世紀半ば)

 


入試に出る歴史上の人物 「吉田茂」

基本
1951年、内閣総理大臣としてアメリカとの講和条約であるサンフランシスコ平和条約を調印した人物が吉田茂です。同時にアメリカ軍が日本にそのまま残る取り決めである日米安全保障条約も調印しました。

サンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約の1951年に起きた出来ごとをセットは問う問題は定番中の定番です。

時代:昭和戦後(20世紀半ば)
読み:よしだしげる


入試に出る歴史上の人物 「後白河天皇」

発展
和歌を詠む人 1156年に天皇家や藤原氏の争いである保元の乱に勝利した天皇が後白河天皇です。

保元の乱に敗れた崇徳上皇は問題文に名前が出ることはありますが、入試で出題されることはほぼありません。最近、上位校で後白河天皇の名前が聞かれることが増えている気がします。

読み:ごしらかわてんのう
時代:12世紀後半(平安時代末期)


入試に出る歴史上の人物 「ワシントン」

重要
1775年から起きたアメリカ独立戦争の指導者の1人であり、アメリカ初代大統領がワシントンです。
ワシントン

ちなみに、独立戦争のころに日本で老中として活躍した人物が田沼意次です。日本と世界の同時代史を問う問題の定番です。

時代:18世紀


入試に出る歴史上の人物 「イエス・キリスト」

重要
イエス1世紀、パレスチナ周辺で「神は苦しんでいる者を救う」と説き、キリスト教を開いたのがイエス・キリストです。イエスの教えを弟子たちがまとめたものが「新約聖書」です。
キリスト教は迫害を受けながらも、4世紀にはローマ帝国で公認されヨーロッパ世界に広まりました。

時代:1世紀