「 入試に出る 」一覧

入試に出る町村

かつては、3000以上あった地方自体も平成の大合併で約1700まで減少しました。その内、減った自治体の大半は町や村です。市に合併された町村や、町村同士で合併して市になった場合もあります。そんな中、現在の入試でも登場する町村を今回は紹介します。
ちなみに、社会科では通常、「○○市」の「市」は省略して「○○」と書いても正解になることが大半です。しかし、町村は省略すると不正解になります。今回紹介するのは、その「町村」をつけて紹介する自治体です。平泉町(岩手県)や小笠原村(東京都)のように自治体ではなく地域で登場する場合は紹介していません。

六ケ所村(青森県)

核燃料再処理工場が建設中の下北半島の根元にある自治体です。

大潟村(秋田県)

かつて日本で二番目に広かった湖である八郎潟を干拓してつくられた村です。現時点で、合併などではなく新たにつくられた最後の自治体です。東経140度と北緯40度が交差する地点にあります(日本の陸地で経度・緯度を10度ずつに区切った場合交差する唯一の場所)。

下仁田町(群馬県)

こんにゃくいもやねぎの栽培で有名。

嬬恋村(群馬県)

高冷地農業(抑制栽培)でレタスなどの高原野菜の栽培が盛ん。

東海村(茨城県)

日本で最初に原子力発電が行われた村です。昔は、出題頻度はもっと高かったのですが福島第一原発事故以降、出題が減少しましたね。

府中町(広島県)

広島市に周囲を囲まれた自治体です。自動車会社のマツダの本社があることで有名な企業城下町です。ただ、町名を聞く問題はまず出題されないですね。


入試に出る三大○○

本ウィキペディアに「日本三大一覧」というページがあるぐらい日本には様々な「三大○○」があります。どういうわけか、二大でも四大でもなく三大なんですよね。
社会科ではさぞたくさんの三大が出題されるかと思いきや意外と少ないんです。特に最近の入試では単純暗記は好まれないので、その傾向は強まっています。そんな中でも、出題されることの多い三大を紹介します。

三大美林
津軽ひば(青森県)・秋田すぎ(秋田県)・木曽ひのき(長野県)
人工の三大美林
天竜すぎ(静岡県)・吉野すぎ(奈良県)・尾鷲ひのき(三重県)

三名園
後楽園(岡山県)・兼六園(石川県)・偕楽園(茨城県)

三景
安芸の宮島(広島県)・天橋立(京都府)・松島(宮城県)

東北三大祭り
ねぶた(青森県)・竿灯(秋田県)・七夕(宮城県)

これだけです。「江戸の三大改革」は?「三英傑」は?というご意見もあるかと思いますが、入試においてそれらは別に三大というくくりで覚えておく必要はないんですよね。覚えるときにグループとして覚えやすいのも事実ですが、ここでいう「入試に出やすい」というのは三大に含まれるか含まれないかなんです。その意味で、三大として覚えておいてほしいのはこれだけです。

この中で注意が必要なのは、吉野すぎですね。吉野すぎはたいていの中学受験のテキストに掲載されています。ついつい、三大美林に含めたくなるのですが、、吉野すぎは三大美林ではありません。「人工の」三大美林という別のくくりに含まれます。
また、後醍醐天皇が逃れたのが吉野ということでも出題されます。吉野は奈良県だけど、吉野川は徳島県(日本に吉野川はたくさんありますが入試で吉野川といえば徳島平野を流れ香川用水の水源となる「四国三郎」こと吉野川を指します)ということも注意が必要ですね。


スポンサーリンク