冠位十二階

未分類

入試に出る歴史上の人物 「聖徳太子」

593年、おばである推古天皇の摂政についた人物が聖徳太子です。 聖徳太子は603年、能力ある役人を取り立てるため冠位十二階を制定しました。翌年、役人に対して心構えを示す十七条の憲法(憲法十七条)を制定しています。 607年、小野妹子...
2019.09.05
タイトルとURLをコピーしました