化政文化

未分類

入試に出る歴史上の人物 「与謝蕪村」

江戸時代後期の化政文化を代表する俳人の1人が与謝蕪村です。与謝蕪村の作風は写実的なことで知られ、画家としても高い評価を受けています。 小林一茶も同様ですが、社会よりも国語で登場する人物ですね。社会では問題として作りにくいです。 ...
2018.11.26
未分類

入試に出る歴史上の人物 「東洲斎写楽」

江戸時代、化政文化を代表する浮世絵師の1人で特に歌舞伎役者を題材にした作品で知られるのが東洲斎写楽です。 中学校の教科書に名前が登場しているので定期テストでは出題されますが、入試では東洲斎写楽に答えを限定する問題をつくるのが難しい...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「喜多川歌麿」

化政文化期の浮世絵師で美人画で特に知られたのが喜多川歌麿です。 化政文化の浮世絵といえば、葛飾北斎・歌川広重がいるため、教科書には掲載されているものの定期テストでしかほぼ出題されない人物です。 読み:きたがわうたまろ 時代...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「小林一茶」

化政文化を代表する俳人で「我ときて 遊べや親の ない雀」などの句が知られているのが小林一茶です。 与謝蕪村もそうですが、小林一茶はどちらかというと国語の文学史での出題が中心になる人物です。中学校の教科書ではどこかで一茶の句は掲載さ...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「滝沢馬琴」

化政文化期に書かれた長編小説「南総里見八犬伝」の作者が滝沢馬琴(曲亭馬琴)です。 実は、滝沢(本姓)+馬琴(雅号)という言い方は正確ではない層ですが、中学校の教科書は滝沢馬琴と書かれているので、そちらの表記に今回は合わせました。 ...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「歌川広重(安藤広重)」

江戸時代後半の文化である化政文化の中心人物で、浮世絵「東海道五十三次」で知られるのが歌川広重(安藤広重)です。 ときどき「歌川なのか安藤なのか」と生徒から質問される人物です。入試においては、安藤広重でも歌川広重でも正解になります。...
2017.09.30
未分類

入試に出る歴史上の人物 「葛飾北斎」

江戸後期の町人文化である化政文化を代表する人物で、浮世絵である「富嶽三十六景」で知られるのが葛飾北斎です。 入試で富嶽三十六景と書かせることはほとんどなく、一番多いのは右のように絵を見せて作者名を答えさせる問題が多いですね。いつも...
2017.09.30
未分類

入試に出る歴史上の人物 「十返舎一九」

江戸時代後期の化政文化を代表する作家で「東海道中膝栗毛」の作者が十返舎一九です。 十返舎一九に限らず、江戸時代の二大文化である元禄文化と化政文化を区別することは重要です。「東海道中膝栗毛」の登場人物である弥次郎兵衛と喜多八の2人は...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました