「 南山中女子部 」一覧

中学入試プレイバック2018 「南山中学女子部」


核軍縮にむけて過去に行われてきたものをざっとあげるだけでもこれだけあります。

1963年部分的核実験停止条約
大気圏・水中・宇宙空間での核実験を禁止する条約。(停止の部分は禁止と書かれているものもありますが、今回は学校教科書の表記に合わせました)

1968年核拡散防止条約(NPT)
核保有国が核兵器を持たない国に核兵器やその技術を提供することを禁じた条約。また、核兵器を保有していない国が核実験をすることを禁じた。

1987年米ソ中距離核戦力(INF)全廃条約
1991年米ソ戦略兵器削減条約(START)
アメリカとソ連の間で結ばれた核削減に関する条約。

1996年包括的核実験禁止条約(CTBT)
全ての爆発を伴う核実験を禁止する条約。

受験生にとっては、きちんと区別をして覚えるのがなかなかしんどい用語が並んでいます。そこに、2017年に核兵器の廃絶を求める核兵器禁止条約がさらに加わったわけです。

核兵器禁止条約を推進した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞したこともあって、今年の入試の一大トピックであることは間違いありません。ただ、現状ではCTBTでさえアメリカなどの核保有国が参加しておらず未発効なんですよね。核廃絶にむけて人類が努力することはとても意義のあることですが、核兵器禁止条約もこのまま棚ざらしになって受験的には何年後には影の薄い存在になっていそうな気がします。

さて、今回取り上げた問題の答えですが、悪意のある答えを用意すると「同盟国で核兵器を保有しているアメリカに配慮したから」になります。
しかし、日本はCTBTには参加しており、全てにおいてアメリカの機嫌をうかがってこともを進めているわけではありません。「北朝鮮が核開発を進めており、日本を守るためにはアメリカの核戦力が必要で、アメリカとの関係を重視したから」といった答えぐらいが妥当でしょうか。

別に日本政府が核廃絶に熱心ではない訳ではないんですよね。核保有国が参加していない状態で、核廃絶だけを求めるのは核保有国と非保有国の対立を深めるだけという意見もあります。
下に答えを書きましたが、実際のところ解答のパターンはいくつかありそうで、後日発売される過去問題集ごとに違う答えが出てきそうな問題です。

答:核廃絶を訴えるだけでは、核兵器を保有している国の核兵器をなくすことは難しく保有国と強調して取り組む必要があると考えているから。


スポンサーリンク