「 四日市市 」一覧

電子部品・デバイス・電子回路製造業出荷額が多い都道府県トップ5

電子部品2017

電子部品・電子回路の製造業はトップに三重県が入ってきました。それも、大差をつけての首位です。三重県はかつてシャープの液晶テレビの工場があり、「世界の亀山」と喧噪されました。液晶テレビの販売が下がった建材は、海外企業の指揮のもとスマートフォン用の液晶テレビの液晶ディスプレイに活路を見出そうとしてます。

その、亀山市より上に来るのが三重県最大の都市、四日市市です。三重県は県庁所在地(津市)より産業の中心となっている都市がある県です。石油化学コンビナートが有名ですが、それが原因で四大公害病である四日市ぜんそくも起こりました。

2位の長野県は諏訪湖周辺の精密機械工業と思い浮かべますが、精密機械工業はこのジャンルではありません。
電子工場は水・空気がきれいで高速道路のIC・空港が近くにあり、土地が安いところに立地される傾向があり、グラフからも全国分散している様子がみてとれます。


予習シリーズ社会解説 「5年上第3回 いろいろな工業」

入試問題のトレンドということでいえば若干出題頻度が落ちているのが、工業に関する単元です。理由はいくつかあると思うのですが、1つには現在の日本を工業国と単純にとらえることができないことです。食の問題や環境、資源・エネルギーと他のテーマが優先されているというのもいえるでしょう。とはいえ、予習シリーズでは3回に分けて学習する重要単元であることに変わりはありません。

自動車工業は現在でも日本の基幹産業です。この単元で登場する自動車関連のキーワードだけで「関連工場」「組立工場」「ジャストインタイム方式」「流れ作業」「ハイブリッドカー」「電気自動車」「燃料電池車」と数多くあります。特に、ハイブリッドカーはハイブリッと間違えやすいので注意が必要です。
おもな国の自動車生産台数のグラフは入試定番の1つですが、最近の入試では日本の自動車の国内生産・海外生産・輸出台数のグラフも頻出です。ただ、このグラフは冷静に考えると輸出が国内生産より多くなるはずがないので、海外生産量が増えているというだけのデータではあります。
自動車の生産工程である「プレス→溶接→塗装→組立」の順序を問う問題もおなじみです。この内容を説明するときは塗装をどのようにやるかということを話します。それを理解すると、組立をした後に塗装をしたら、タイヤや座席がペンキまみれになることがわかるんですよね。同様に、塗装の後に溶接をしたらペンキが剥げます。仕組みを理解することで単純暗記にならない工夫が必要です。

予習シリーズでは「臨海部に位置する製鉄所と石油化学コンビナート」という地図があり、これらが原油など資源の輸入に便利な臨海部に発達してきたことが説明されています。なぜ、臨海部に発達したかを問う記述問題は定番の1つですね。
入試レベルでいうと、製鉄所と石油化学コンビナートの分布の判別が必要になります。川崎市(神奈川県)や倉敷市(岡山県)など鉄鋼業・石油化学工業両方が盛んな都市があるように、この2つの工業がさかんな都市の分布は似ています。似ているからこそ、入試で狙われます。知識として使いやすいのは、四日市市(三重県)、市(大阪府)の石油化学工業でしょう。この2つの都市は入試で他に出題される事項があり、同じ都道府県に大きな鉄工場がないため判別に役立ちます。


石油製品製造業が盛んな都市

石油製品・石炭製品製造業出荷額ランキング(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額(百万円)
1位 市原市 千葉県 2,878,972
2位 倉敷市 岡山県 1,672,000
3位 川崎市 神奈川県 1,528,874
4位 横浜市 神奈川県 1,500,004
5位 堺市 大阪府 1,159,310

化学工業出荷額ランキング(平成26年工業統計表)

都市名 都道府県 出荷額(百万円)
1位 市原市 千葉県 1,650,062
2位 川崎市 神奈川県 1,103,593
3位 四日市市 三重県 1,017,886
4位 神栖市 茨城県 1,009,663
5位 倉敷市 岡山県 943,182

工場工業は大きく重化学工業と軽工業の2つに分けることができます。重化学工業は、機械工業・金属工業・化学工業の3つに分けられます。今回取り上げるのは、化学工業です。化学工業というのは石油などを原料にプラスチックや薬品をつくる工業のことで、社会科で中心になるのは石油化学工業です。

今回取り上げたランキングのうち、上の「石油製品・石炭製品製造業」は輸入した原油を、ガソリンや化学工業の原料となるナフサなどに分離する石油精製工業が中心です。
下の化学工業はナフサからプラスチックなどをつくる有機化学工業以外にも石けんや医薬品・化粧品などそれ以外の化学工業が含まれています。

ランキングをあたらめてみると市原市の強さが際立ちます。ちなみに、市原市は市町村別工業製品出荷額全体で豊田市(愛知県)についで第2位です。鉄鋼業などでは、都市ごとに”この企業の工場がある”と特定しやすかったのですが、石油化学工業ではその特定が難しいです。市原市でみると化学工業の企業だけで東レ・三井化学・住友化学などとたくさんあり、1つに絞れないんですね。他の工業と比べても石油精製には大規模な施設(石油化学コンビナート)が必要になるため、事業として行われるのが特定の市町村に限られるものと思われます。

石油化学工業と鉄鋼業が両方さかんな都市として登場するのが、川崎市倉敷市です。特に、倉敷の水島地区の石油化学コンビナートは入試の定番といえるでしょう。鉄鋼業・石油化学工業両方でランキング上位にいます。
ランキングには登場していませんが、大分市も石油化学工業・鉄鋼業両方がさかんな都市として覚えるとよいでしょう。


スポンサーリンク