執権

予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年下第6回 鎌倉時代」

歴史の学習も古代が終わって中世に入ります。中世の定義は難しいのですが、大きな要素としては、土地を介した上下関係、つまり封建制度によって社会が成り立って時代が中世です。この封建制度は江戸時代まで続きます。概念として知っておく必要があります。 ...
2018.10.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「北条時政」

鎌倉幕府をひらいた源頼朝の妻、北条政子の父で初代執権が北条時政です。 入試で北条時政の名前が出てくるときは、だいたい記号選択の問題です。たとえば、「御成敗式目を行った執権を次のア~エから選びなさい」といった問題で選択肢の1つとして...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「北条泰時」

将軍を補佐する執権として活躍し、武家最初の法律とされる御成敗式目(貞永式目)を定めたのが北条泰時です。 御成敗式目は補足で覚えることが多い用語です。「御家人同士の土地をめぐる争いを裁く法律であった」ことや「もともとあった慣習を...
2017.08.11
タイトルとURLをコピーしました