「 壇ノ浦の戦い 」一覧

入試に出る都道府県 「山口県」


・地図中Aは下関市。1185年壇ノ浦の戦いが行われ、平氏が滅亡した。1915年に日清戦争の講和条約である下関条約が結ばれた。ちなみに、下関市は県庁所在地の山口市より人口が多い。
・幕末に活躍した長州藩は山口県。木戸孝允・伊藤博文は長州藩出身。


・地図中Dは秋吉台。石灰岩でできたカルスト地形で知られる。


・地図中Bは宇部市、Cは山陽小野田市。セメント工業がさかん。なお、入試では両市の区別は特につかなくても大丈夫。高校入試では、セメント工業がさかんということは覚えておきたい。


・本州と九州の間には関門海峡が広がり、関門トンネルが通る。


・地図中Eは萩市。長州藩の城下町で知られ、伝統的工業品の萩焼で知られる。

現在の内閣総理大臣である安倍晋三首相は山口県出身で、山口県は日本で最も多くの内閣総理大臣を輩出した県です。
山口県は歴史で重要な役割を果たしたこともあって、意外と出題される都道府県ですね。

面積:約6,111㎢(2019年)
人口:約135万人(2019年)


入試に出る歴史上の人物 「源義経」

読み:みなもとのよしつね源義経
時代:平安末期(12世紀末)

重要
1185年におきた壇ノ浦の戦い(山口県)で平氏を滅亡させた中心人物が源義経です。鎌倉幕府をつくった源頼朝は兄です。


源平の戦いである、石橋山の戦い→富士川の戦い→倶利伽羅峠の戦い→一の谷の戦い→屋島の戦い→壇ノ浦の戦いという流れは意外と並び替えの問題で出題されます。平氏がかつての根拠地だった西日本に逃れていくことが地図から読み取れます。


スポンサーリンク