「 太平洋戦争 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年上第17回 昭和時代(1)」

1929年 世界恐慌
1931年 満州事変
1932年 満州国建国、五・一五事件
1933年 国際連盟脱退
1936年 二・二六事件
1937年 日中戦争
1938年 国家総動員法
1939年 第二次世界大戦
1940年 日独伊三国同盟
1941年 日ソ中立条約・太平洋戦争
1945年 沖縄戦、広島・長崎原爆投下、ポツダム宣言受諾

この単元に関する必須事項をざっと並べただけでこのようになります。これだけ短い期間に出来事が連続している場合、語呂合わせで全部を覚えては絶対にいけません。語呂合わせの表現が同じようなものばかりになってしまいますし、そもそも流れを理解することが重要だからです。

満州事変に関しては柳条湖事件をきっかけにおきたことも当然出題されます。満州国建国に批判的だった犬養毅が暗殺され、国際連盟を脱退したというのが一連の流れです。もちろん、実際の歴史ではここまで単純ではないことは承知していますが、受験社会では一定の単純化が求められます。

日中戦争は、北京郊外の盧溝橋での衝突をきっかけに起きたことが重要です。まず、北京郊外です。よくあるひっかけが「中華民国の首都の北京郊外で…」というものです。当時の首都は南京ですので注意しましょう。また、盧溝橋事件と柳条湖事件は混同しやすいので気を付ける必要があります。授業では、橋を境ににらみ合いをしていた日中軍のちょっとした衝突がきっかけで戦争に突入したという話をして、日中戦争開戦の様子をイメージ化させ、盧溝”橋”を印象付けます。

この単元は、出来事が次々と起きますが、次々と起きる分説明はしやすいです。ただ、少しデリケートな回ではあります。その象徴が南京事件もしくは南京大虐殺です。教える側にも教えられる側の後ろにいる保護者にも政治的な志向があり、それが表面化しやすい内容です。そんな事実はなかったと主張する人までいる内容ですが、規模について議論はあるものの事実と知ってあったことは間違いないことです。できるだけ、さらっと南京事件として触れるようにしてます。虐殺をさけるのは純粋に漢字が難しいからです。

国家総動員法は「政府が議会の承認なく物資や人を戦争に投入できる」という内容の記述ができるようにしたいです。テキスト冒頭の金属を供与して武器にあてた話にもつながってきます。陶器の通貨や竹のランドセルは入試でも話題として出てきますね。
植民地に対しては「日本語・日本の歴史の教育を行い、戦争・工場に動員した」という話はします。強制性は判断が難しいので、私は深入りしません。個人的には、国内でも工場への動員があった以上、同様のことが行われていた考えるのは筋だと思いますが。

第二次世界大戦はドイツがポーランドに侵攻したことで始まったこと、ドイツの指導者ヒトラーがユダヤ人を迫害したこと辺りは触れます。アウシュビッツや杉原千畝は初めて授業をするときに触れる余裕があるかと言われれば微妙ですね。

太平洋戦争の起きた原因は「石油などの資源を求めて東南アジアに進出した結果、アメリカ・イギリスと対立した」という点に集約させて説明しています。そのため、1941年の開戦については、真珠湾だけではなく、マレー半島に侵攻したことも重要視しています。

ここからは、ある意味シンプルです。戦時中のくらしは学徒出陣と勤労動員が混同しやすいですが、言葉の意味を考えればわかるはずです。
そして、1945年です。東京大空襲→沖縄戦→ドイツ降伏→広島原爆→ソ連が満州に侵攻→長崎原爆→ポツダム宣言受諾(→国際連合成立)と、1年の中でとんでもない並び替え問題が成立します。まちがいなく、歴史の中で最重要年号でしょう。
沖縄戦では県民の5分の1が犠牲になったことは必ず触れます。今に続く沖縄基地問題の原点です。考え方はいろいろあると思いますが、まず知ることが大切です。
広島(8/6)・長崎(8/9)・敗戦(8/15)の日付は、大人になって知らなかったら恥をかく一般常識と言い切って教えています。なお、語呂合わせは「ハ(8)ム(6)食って吐(8)く(9)と合わせて(6+9=)15で敗戦」といっています。最後に下品になりましたが、語呂合わせは下品なほうが覚えるんですよ…。


入試に出る歴史上の人物 「東条英機」

標準
1941年太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣が東条英機です。東条英機は戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)で死刑になっています。

「英機」という名前は書いて慣らさないと「秀樹」など間違えやすいので注意が必要です。

読み:とうじょうひでき
時代:昭和戦前(20世紀半ば)


スポンサーリンク