「 定置網 」一覧

中学入試プレイバック2018 「同志社中学」

2018同志社中実際の入試問題では、他にも氷見(ひみ)のブリ漁の特色やくふうを取りあげ、そこに付け足す内容としてふさわしくないものを選びなさいという問題ですが、少しコンパクトにまとめました。

多分、この問題の正答率は3割台だと思うんですよね。それぐらい難しいです。
まず、絶対に選んでいけない選択肢は④です。あみの目を大きくすることで小さな魚を取らないようにし、海洋資源を守る取り組みは中学受験でよく出題される内容です。これは、正しい内容と判断できないといけません。

ふさわしくないもの、つまり正解は③です。すだちはミカン科の果物で、徳島県で生産がさかんです。すだちブリというのは、養殖魚独特の臭みを消すためにえさに柑橘類などの果物を混ぜて食べさせるフルーツ魚の一種です。
すだちは徳島県が有名というのは授業ではまず教えていませんが、すだちはみかんの仲間ということを知っていれば、富山県ではない?という推測はなんとか可能です。②の寒ブリもそうなのですが、子どもたちが日常生活の中でいろいろなものに目を向け、興味を持っているかを問う問題といえるでしょう。

とはいえ、この問題ができないと合格ラインに届かないかというと全く違います。この問題が取り上げられている大問では、他に正解できる問題はありますので、みんなができる問題を確実に正解していくことが重要です。

今回、解答を作成する作業で見つけたのが、日本海学推進機構という組織が子供向けに作成している「キッズ日本海学」というサイトです。氷見で行われているブリなどについて紹介されています。

正解:③


スポンサーリンク