「 島原天草一揆 」一覧

中学入試プレイバック2019 「海陽中等教育学校」

愛知県にある全寮制の中高一貫校が海陽中等教育学校です。天下のトヨタを中心に地元財界がかかわる形でできた新しい学校です。去年は3科入試だったのですが、今年は3・4科で選択できるようになり社会科が復活しました。

その年に登録された世界遺産は出題される法則通り、潜伏キリシタンに関する問題が出題されてきました。答えの原城跡も世界遺産の構成要素の1つになっており、今年の入試ではほかの学校でも出題されると思います。

潜伏キリシタンがらみで出題されるのは、絵踏・島原天草一揆・天草四郎・寺請制度あたりでしょうか。全ての人がどこかの寺に所属させ仏教徒であることをを証明させる寺請制度はもともと難しめの知識として出題されているので、今年は狙い目ですね。

答:原


入試に出る歴史上の人物 「徳川家光」

基本

大名を街道取り締まる法令である武家諸法度参勤交代を制度化したときの将軍が徳川家光です。大名に一年おきに江戸と領地の往復することを制度化したものが参勤交代です。1639年にポルトガル船の来航が禁止され、いわゆる「鎖国」が成立したときの将軍でもあります。

重要

1637年におきた江戸時代最大の内乱である島原・天草一揆がおきたときの将軍でもあります。

応用

徳川家光は将軍に就任したときに、大名に対して「わたしは生まれながらの将軍だから、みなを家来として扱う」といったとされ、史料問題で出題されます。


スポンサーリンク