「 日本銀行 」一覧

紙幣刷新。渋沢栄一祭開催決定。

紙幣刷新へ 1万円は渋沢栄一、5000円は津田梅子(日本経済新聞)
政府・日銀は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる。麻生太郎財務相が9日午前に発表した。刷新は04年以来となる。千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になる。

社会科的にはなかなかビックトピックスですね。貨幣は日宋貿易・日明貿易の銅銭、江戸時代の金貨・銀貨など入試問題のテーマ文として扱いやすい題材です。紙幣は生活に身近なものですから、それを題材に問題をつくることもできます。というわけで、今回は新紙幣の話からどんなことが入試で出題されるか予測していきましょう。

渋沢栄一なんといっても、渋沢栄一です。現状、渋沢栄一は入試ではまぁまぁ重要程度の人物です。個人的に、さまざまな企業・学校・団体の設立にかかわった「日本資本主義の父」渋沢栄一はもっと入試に出題されてもいい人物だと思っていました。確一万円札の肖像画に起用されることで、確実に出題が急増します。渋沢栄一に関連する語句としては明治時代の近代産業促進を促した殖産興業とその代表格である富岡製糸場が狙われやすそうです。

津田梅子はもともと入試で出題されやすい歴史上の人物だったので、あたらめて出題が急増するということはないでしょう。津田梅子のアメリカ留学は岩倉使節団に同行してのことだったので、岩倉具視の出題頻度が少し上がるかもしれません(最も岩倉も、もともと頻出ですが)。

北里柴三郎は出題頻度が増えますね。明治の医学者はどうしても、まず野口英世がいてその次に北里でした。奇しくもその野口から北里に千円札の肖像画が変更になるのはおもしろいです。野口と同程度に出題されるようになると思われます。ちなみに、北里柴三郎の”柴”を”紫”と間違えることが多いので注意が必要です。
ちなみに、千円札の裏に葛飾北斎「富嶽三十六景」がつかわれるので、それも狙われますね。まぁ、受験生は葛飾北斎は絶対憶えておくべき人物ですが。

逆に、将来的に出題頻度が下がるのは樋口一葉です。国語の文学史では重要な人物ですが社会科として考えると、もともと明治時代の女性文学者という枠では与謝野晶子がいるので、出題の優先順位が下がる可能性は高いです。野口英世もやや下がるかもしれません。

福沢諭吉は、ほとんど影響がないでしょう。もともと、文明開化を代表する人物であり、今回紙幣の採用された人物は全て明治時代であり、北里など福沢諭吉に関わりのある人物もいます。福沢を出題する機会は変わらないでしょう。ただ、長い間使ってきた「私が敬愛してやまない福沢諭吉先生。出来るだけ多くの福沢諭吉先生とともに暮らしたい」という定番ネタの寿命もあと少しです。

どちらにしても、新紙幣になるのは2024年ということなので、しばらくの間は新紙幣・旧紙幣のメンバー両方とも出題頻度は上がりますね。
しかし、夏目漱石・新渡戸稲造は前の前の紙幣になっちゃうんですねぇ…。時代ですねぇ。

ちなみに、紙幣を変える狙いはいくつかありますが社会科的に重要なのは「偽造防止」です。


予習シリーズ社会解説 「6年上第17回 現代の日本と世界」

お金大好き予習シリーズ社会の新しい単元もこれが最後になりました。経済・国際社会・宗教と盛りだくさんな内容で、中学3年生で学習する内容が重なります。一度に複数の単元を学習ので、中3ほどの深入りは禁物です。

最初に、生産と消費という経済の基本について書かれています。ここの内容はサラッと済ませましょう。お金のはたらき「価値の基準」「交換の手段」「価値の貯蔵」というのは社会科ではおなじみの内容ですが、小6では暗記することではなく、なんとなく理解するという姿勢が必要です。授業では、物々交換の時代の話をしていかに不便だったかというところから考えさせます。

需要量供給量は、需要曲線や供給曲線といった中学校の内容に深入りするとドツボに入ります。みんながその商品を欲しいと思ったら(需要量が増えたら)、値段はどうなる→上がるという程度の理解で十分です。ついでに、ここで物価が上がる=インフレであること、物が売れているということは景気が良いというところまで一気に説明したほうがスムーズです。

銀行(金融機関)はどの生徒も知っている名前ですが、みんなから集めたお金を貸し付けて経済をまわし利子の差で利益を上げるということは分かっていませんので説明する必要があります。100万円預かったお金を貸して、110万で返してもらい、預かった相手に101万で返すと9万円残って、これが銀行の利益になるという数字を出して説明します。
日本銀行の3つの役割「発券銀行」「政府の銀行」「銀行の銀行」は暗記です。

子どもたちは不景気という言葉は知っていても、不景気になるとどうなるかは意外とわかっていません。まず、不景気とは物が売れない状態であることを確認します。そして、物が売れない=企業はもうからないから、給料が下がる。失業者は増える。会社はつぶれる。という一連の流れを確認しておきます。そして、景気対策の話になるのですが、基本的に景気対策で出題されるのは不景気の時の対策です。
・公共事業を増やす
・減税を行う
・金利を引き下げる
という3点セットですが、テストでは「増税だっけ、減税だっけ」と混同しがちです。基本原則として、お金がないから不景気になるので景気対策=お金をみんなにまわすことであるという認識を持たせています。そうすると、仕事を増やすために公共事業は増やしますし、お金を借りやすくするために金利を下げるという知識につながります。

プラザ合意→バブル景気と崩壊→失われた20年という現代経済の流れは深入りすると危険です。確認をしておきたいことは、長期的に日本は円高であること=輸出産業が大変だったこと、非正規雇用が増加しており格差の問題が広がっているということです。

ここで話がガラッと変わって戦後の国際紛争の話になります。授業の前半でどれだけ時間がかかったかで、ここにどれだけ時間が使えるか変わるのですが、確実に触れるのは冷戦終結と1991年湾岸戦争と2003年イラク戦争です。
1989年 ベルリンの壁崩壊。マルタ会談で冷戦終結
1990年 ドイツ統一
1991年 ソ連解体
という平成初期の国際情勢の並べ替えは頻出です。ちなみに、最近の入試ではソ連の指導者ゴルバチョフが意外と出題されているので上位向けに覚えておくとよいです。

湾岸戦争とイラク戦争は両方ともイラクがかかわっているために子どもたちは混同します。ところが、教えている側である大人は湾岸戦争はインパクトが強い出来事だったため明確に覚えているため混同しません。このギャップは危険で、子どもたちは湾岸戦争はおろかイラク戦争のときも生まれていないということを前提に話をしないといけません。イラクがクウェートに侵攻してはじまったのが湾岸戦争です。

あとは、最近の入試でイスラム教関係の出題が増えています。開祖ムハンマド、聖地メッカに1日5回礼拝をする、豚肉をたべない、ラマダーンという断食月があるといったことは押さえておきたいです。最近では、空港などの公共施設に礼拝用のスペースを設置することも増えていますね(関西国際空港の祈祷室)。


スポンサーリンク