「 日米修好通商条約 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年下第12回 江戸時代(3)」

江戸時代の単元も3回目。この単元では、18世紀初めのいわゆる江戸の三大改革から江戸幕府の滅亡までとなかなかハードな内容になっています。

まず、江戸時代中期の政治を表にまとめてみましょう。

役職・名前 時代 呼び名 内容
8代将軍
徳川吉宗
18世紀前半 享保の改革 上米の制・目安箱・公事方御定書
蘭学の制限を緩める
老中
田沼意次
18世紀後半 株仲間を積極的に認める
長崎貿易の拡大
老中
松平定信
18世紀末 寛政の改革 ききんにそなえて米を蓄える
幕府の学校で朱子学以外禁止
老中
水野忠邦
19世紀前半 天保の改革 株仲間の解散

人物名と改革の名称の一致、時代順の並べ替え、人物名と改革内容の一致といったいろんな種類の問題をつくりやすい単元です。
松平定信に関しては「世の中に 蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶというて 夜もねられず」「白河の 清きに魚の すみかねて もとのにごりの 田沼恋しき」という狂歌から問題を作成してくるのも定番です。

松平定信と水野忠邦の間には50年ほどあり、その間にロシアのラクスマンが根室に来航(1792年)、異国船打払令(1825年)と大きな出来事が起きています。予習シリーズでは三大改革をまとめていますが、年代順に並べて先に外国船の接近を説明するスタイルもありです。
この回は覚えることも多いため、樺太を探検した間宮林蔵や蛮社の獄の高野長英・渡辺崋山まで授業内で触れるのはなかなか難しいですね。

後半ではいよいよペリーが来航して開国をします。ペリーは小学生の中でインパクトのあるキャラクターなので、覚えられない生徒はまずいません。ここは、ペリーが来航したのが浦賀(神奈川県)というところまで抑えたいです。
1854年日米和親条約では下田・函館を開講したことが重要です。とくに下田の場所は地図で要確認です。細かい内容ですが、イギリス・ロシア・オランダとも同様の条約を結んでいます。
1858年日米修好通商条約は「関税自主権が”ない”」「領事裁判権を”認める”」という不平等条約の部分が特に重要です。これは、明治時代を通じて不平等条約の改正が明治政府の大きなテーマになるからです。ここでは「ない」「認める」という語句まで重要です。ちなみに、領事裁判権と治外法権は、ほぼ同じ内容なのでどちらでも正解になりますが最近は領事裁判権と書くことのほうが多いです。この時の中心人物である大老・井伊直弼は漢字間違いが生まれやすい人物なので注意が必要です。ちなみに、アメリカの他に、英露蘭の3か国とさらにフランスとも条約を結んでいます。
開国による影響も出題されやすいです。学習を深めるページでは横浜港での貿易がグラフになっていますが要約すると「イギリスに生糸を輸出した」というのがポイントです。授業では、グラフを読み取らせて特徴を聞くようにしています。

幕末に関しては並べ替えの問題も多いです。たとえば
日米修好通商条約→安政の大獄→桜田門外の変
生麦事件→薩英戦争→薩長同盟
大政奉還→王政復古の大号令→戊辰戦争
といったあたりです。時代の近い並べ替え問題は、ただ時代順に並べさせるだけではなく、歴史の流れを理解しているかどうかが重要なポイントになります。その中でも、大政奉還の1867年は絶対に覚えなければならない年号です。江戸時代の終わりであると同時に、武士の時代の終わりです。武士の時代の始まりを平清盛が武士で初めて太政大臣になった1167年とすると実に700年間続いた時代の終わりです。
次回からはいよいよ明治時代、近代の始まりです。明治時代以降は歴史のとらえ方を変えていかなければならないのですが、それは次回説明します。


大河ドラマは入試に出るのか?

彦根城NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」が最終回を迎えましたね。ドラマをそれほど見るわけではないのですが、やはり大河ドラマはとりあえず年初はチェックをしてしまいます。大河ドラマは一年の長丁場ですから、見始めたものの自分の中であまり盛り上がらず脱落したり、逆に一年を通しての楽しみになったり年によって様々です。
正直なところ、去年の「真田丸」があまりに盛り上がった反動で、今年の「直虎」は厳しいかなと思っていました。が、予想に反し大変面白かった一年でした。始まる前はなぜ、戦国時代を続けて取り上げるのか疑問に思っていましたが、戦国(中世)の終わりを見せた去年の大河があったからこそ、中世のリアル(もちろん、ドラマという枠の中で)を強く感じられたのではないかと思います。

さて、本題の「大河ドラマは入試に出るのか?」ですが、ずばり言うと来年の入試では井伊直弼が例年よりも出題されます。
それはなぜか。入試問題というのはある程度のテーマを題材に作成されることがほとんどです。最初に何かしらの説明があり、アンダーラインが引かれていて「下線部①について~」と聞いたり、穴埋め補充の問題を出題したりします。そのとき、大河ドラマというのは題材に選びやすい一つなんですよね。社会科教師で大河ドラマを見ている人は間違いなく一般より多いです。文章がつくりやすいんですよ。

今年の大河ドラマの中心だった井伊家は江戸時代を通じて譜代大名として幕府の中枢にいましたから、井伊家のその後を紹介するだけで江戸時代全体をテーマに出題できます。そのテーマで文章を作った場合、幕末の重要人物である井伊直弼に触れないわけがないんです。そもそも、井伊直弼は入試における最重要人物の1人で何もなくても出題されやすい人物です。そして、井伊直弼に関する入試に出る知識を並べると以下の通りになります。

  • 大老として1858年にアメリカのハリスとの間で日米修好通商条約を結んだこと。
  • 日米修好通商条約の内容(函館・新潟・長崎・兵庫・神奈川の5港の開港。領事裁判権を認めたこと、関税自主権がないといういわゆる不平等条約だったこと)。
  • その後、フランス・オランダ・ロシア・イギリスと同様の条約を結んだこと(安政の五か国条約)。
  • 開国による影響(横浜港で主にイギリスと貿易を行い、生糸の流出により物価が上がったことなど)。
  • 安政の大獄により反対派を処罰したこと(処罰された代表的人物が長州藩の松下村塾で指導をしていた吉田松陰)。
  • 桜田門外の変で水戸藩の浪士に暗殺された。

と、盛りだくさんです。この中だったら何かでそうですよね。それだけの話です。

ただ、それだけでは芸がないのでもう1つ予測しておくと、綿花(木綿)が出題されるのではないかと予想します。
ドラマの中で、井伊家が現金収入を得るために綿花の栽培を行っていました。実際に、16世紀ごろから綿花の栽培が栽培が行われるようになり、三河(愛知県)の綿織物が江戸時代には全国的に広まりました。綿花からつくられた木綿は汗を吸収し保温性に優れ、様々な用法に使われ、人々の生活に大きな影響を与えました。
大河ドラマという多くの人が見る題材で、こういうマニアックでそれでいて入試で出題されそうな内容というのはなかなかないです。私が出題者だったら、ここを狙っていきますね。



入試に出る歴史上の人物 「井伊直弼」

基本
彦根城1858年アメリカのハリスとの間で日米修好通商条約を結んだ大老井伊直弼です。朝廷の許可を得ず条約を結んだ幕府に対して批判が強まりました。井伊直弼は反対派を一斉に処罰しました。これを安政の大獄といいます。

重要
安政の大獄で処罰された人物に松下村塾を開いたことで知られる吉田松陰(長州藩)がいます。弾圧により反発を買った井伊直弼は水戸藩の浪士らに暗殺されました。これを桜田門外の変といいます。

大老は江戸幕府における臨時の最高職で、社会科において大老=井伊直弼といっていいでしょう。井伊直弼は漢字間違いが発生しやすい人物なので、気を付けて覚えましょう。
日米修好通商条約は入試において最重要テーマの1つで、条約の内容・その後への影響を理解しておく必要があります。

読み:いいなおすけ
時代:江戸時代末期(19世紀中ごろ)


スポンサーリンク