「 早稲田中 」一覧

中学入試プレイバック2018 「早稲田中学」

憲法改正が現実味を帯びるようになった今、公民のホットワードの1つが立憲主義です。

国の政治権力は強大で、国民の自由をしばることができます。そこで、この政治権力から人権を守り、保障していくために、憲法によって政治権力を制限するという考えが生まれました。これを立憲主義といいます。(東京書籍「新編新しい社会公民」)

以前から、憲法は国の最高法規であり、これを反する法律や規則は効力を持たないことは学習していました。立憲主義という言葉を教科書できちんと習うようになったのは意外と最近です。憲法とは権力者を縛るものであるという考え方を改めて説明する必要性が出てきたということなのでしょう。

最高法規という言葉だけ知っていると、ついエを選んでしまいそうですね。そういうひっかけ狙いでうまく問題がつくられています。

答:イ


中学入試プレイバック2017 「早稲田中」

問 右の図はある都道府県の県章ですが、県全体の形を表していないという指摘があり、現在では別のシンボルマークを使用することも多くなっています。この県章で表されていない島で、面積の大きな島の中から、2つの島名を答えなさい。(2017年早稲田中)

この県章は2つの半島とそれらに囲まれた火山をあらわしています。県章は時々入試にも出題されますが、意識してまで覚える必要はないと考えています。県章をみて形からどの都道府県分かりやすい都道府県とそうではないものがあり、入試で問われるのは前者だからです。今回の問題はその典型例で、ポイントは中心の火山です。半島に囲まれた火山といえば、桜島です。そう考えれば、この県章は鹿児島県ということになります。

鹿児島県は有人だけで離島が26あり、全国有数の離島県です。地図で見ると離島の多さと範囲の広さに驚きます。鹿児島県ということが分かれば、あとは鹿児島県の島の名前を書けばいいので世界遺産の屋久島と鉄砲伝来の種子島あたりを書けば正解になります。

鹿児島県シンボルマークなお、現在鹿児島県で主に使われているシンボルマークは右のものです。うーん、これだと形だけではわかりにくくて入試にはでないかな。

答 屋久島・種子島・奄美大島などから2つ


スポンサーリンク