「 早稲田実業学校中等部 」一覧

中学入試プレイバック2019 「早稲田実業学校中等部」

最近の入試でよく出題される、明快な正解のない対立する2つの考えのうち、どちらを賛成するか自分で決めて記述する問題です。この問題では「税金は高いけど保障が厚い」大きい政府と、「税金は安いけど自己責任」の小さい政府のどちらが良いかを考える問題になっています。

一見すると、どちらで答えても同じように見えます。しかし、出題者が想定している答えは明らかにAです。それは、この問題のリード文を見ればわかります。この問題では、国際連合の機関が出している「世界幸福度調査」が題材に選ばれています。このランキングの上位はフィンランド・ノルウェー・デンマークといった北欧諸国です(なお、日本は53位)。これらの国はいずれも税率は高いが社会保障が充実している「大きい政府」の国です。このデータを引用したうえで、意見を聞くということは出題者としては大きい政府に肯定的な意見を聞きたいと判断できます。

そのうえでポイントになるのが「マイナス面をふまえながら」の部分です。明快な正解がないということは絶対的に優れているものはなく、何かしらの欠点を持っています。ただし、求められている答えは「望むのはどちらかとその理由」です。マイナスの話をしすぎると問題の趣旨からずれるので、注意が必要です。できれば、マイナス面に触れつつ、それを打ち消せれるようなプラスの理由を入れられればベストです。それを踏まえた答えは次の通りです。

答:
A 教育費が無料ということは家庭環境にかかわらず同じ教育を受けることが可能で、貧富の差が広がりにくいと思うからです。税金が高いため手元に残るお金が少なくなりますが、生活への保障が充実していれば将来のための貯蓄に回す必要性が減り消費活動が活発になると思います。また、出産や育児がしやすいということは少子化対策にもつながると思います。

B 自分の手元に多くの資金があるので、好きなものを買うことができ、また資金を生かして事業を起こしたり拡大させたりすることができるので経済が発展すると思うからです。病気やけがによって仕事ができなくなると生活の保障がなくなりますが、国民が国に頼らず自分自身が必要なものを準備していくことができるようになると思います。

下線が引いてある部分がそれぞれのマイナス面です。下線部の後にそれぞれフォローする内容をいれましたが、Bのほうがフォローが苦しいことが分かりますでしょうか。小さい政府は言ってしまえば自己責任の世界です。「あらかじめ貯蓄をしておけばいい」という答えもありますが、それも「そもそも貯蓄する余裕がない場合はどうすればいいんだ」と返されると苦しい。「マイナス面を触れながら」という問題設定があることで大きい政府の方が論述難易度がたくみにあげられ、有利な答えが誘導されている問題と言えるでしょう。


中学入試プレイバック2018 「早稲田実業学校中等部」

正誤選択の問題はまず明らかに正解、もしくは誤りを探すことから始めます。自信を持って正解と言い切れる選択肢があればベストですが、いつもそういうわけにはいきません。
この問題ではまず外したいのはウ・オです。ウはちょっと笑っちゃいますね。遣隋使と言えば、おなじみ小野妹子ですが、初めて聞いたとき女性と思う人は多いでしょう。小学生時代の私もそうでした。オの鑑真は中国に渡った人物ではなく、中国から渡ってきた人物です。

イはなかなかいやらしいです。遣唐使の初期は朝鮮半島をわたるルート(北路)を使っていましたが、新羅との関係が悪化すると危険な東シナ海を渡るルート(南路)をつかうようになりました。ここまではいいとして、台湾を通ったかまではっきり地図で覚えている生徒は少ないでしょう。ただ、日本周辺の地図を思い浮かべると台湾までいくと大回りすぎるんですよね。実際は、奄美・琉球から唐に渡っています。

最後にエです。ぶっちゃけた話、聖徳太子蘇我馬子の関係がここまで史料からはっきり分かったら日本古代史の記述が変わります。
遣隋使の派遣と言えば607年ですが、中国の歴史書には600年に日本(倭)から使者が来たという記述があります。しかし、当時の日本は法整備が遅れており、中国から相手にされなかったようです。それが、603年冠位十二階、604年十七条の憲法といった取り組みにつながっていったと考えられています。この文は、大胆にみてきたような嘘をついた面白さがありますね。

対等外交を求めてきた倭に対して隋は快く思わなかったものの、高句麗遠征などで疲弊していた隋に事を荒立てる力がなかったというのは意外と有名な話です。難易度としてはそこそこで、偏差値70に迫る学校に合格しようと思ったらここは取っておかなくてはいけない問題でしょう。

答え:ア


スポンサーリンク