「 有明海 」一覧

入試に出る都道府県 「佐賀県」


・地図中Bの地域は伝統工芸品の有田焼が有名。厳密にいえば違うものだが、伊万里焼・唐津焼も社会科では有田焼と同じ扱いをすることがほとんど。
・弥生時代の大規模な環濠集落である吉野ケ里遺跡は佐賀県にある。


・干拓地として有名な有明海に面しており、のりの養殖が盛ん。


・豊臣秀吉が朝鮮侵略をするときの拠点としてつくられた名護屋城は今の佐賀県にあった。


・地図中Aは県庁所在地の佐賀市で筑後川流域にある。県の南部にあり有明海に面している。
・九州新幹線は福岡県から佐賀県に入った後、福岡県に戻るルートを通っている。

有明海・筑後川・筑紫平野といった語句は入試でも頻出です。が、これらはいくつかの県にまたがっているため、「佐賀県」として覚える項目としては1段階下がりますね。

面積:2440㎢
人口:約81万人(2019年)


入試に出る川 「筑後川」



福岡県・佐賀県の筑紫平野から有明海に流れる川が筑後川です。筑紫平野は九州を代表する稲作地帯で、


筑後川は日本を代表する暴れ川の1つで「筑紫次郎」と呼ばれます。筑後川流域では水運が発達し、水路が張り巡らされました。この水路をクリークといいます。クリークから筑後川を導き出す問題は入試の定番です。

読み:ちくごがわ
流域:熊本県・大分県・佐賀県・福岡県


スポンサーリンク