「 木曽ひのき 」一覧

入試に出る川 「木曽川」


長野県から愛知県・岐阜県に広がる濃尾平野を流れる川が木曽川です。木曽川を含む木曽三川(後は長良川・揖斐川)の下流域に広がる周囲を堤防で囲った集落は輪中集落とよばれます。上流の長野県に広がる森林からとれる材木は木曽ひのきとよばれ、日本三大美林の1つです。

知多半島を流れる愛知用水の水源は木曽川です。

信濃川と並ぶ中部地方を代表する川です。中部地方最大の都市である名古屋市が側にあるため、工業などと関連付けて出題されることが多いです。

読み:きそがわ
流域:長野県・岐阜県・愛知県・三重県


予習シリーズ社会解説 「4年下第18回 森林とともに生きる」

日本の国土の3分の2は森林です。これは、北欧のスウェーデン・フィンランドに匹敵する割合で、日本は世界屈指の森林国です。「持続可能社会」がうたわれ、森林の役割が再認識されています。中学入試でも、それを反映してコンスタントに林業に関する問題が出題され、しかも記述系の問題が多いので注意が必要です。ちなみに、森林率(3分の2)と山地率(4分の3)は混同しやすいので気を付けましょう。

まず、針葉樹林と広葉樹林についてです。
針葉樹林…すぎ・まつなど。材木に向いている。
広葉樹林…ぶな・かしなど。根を伸ばすため地力を高める。
という区別をしておきましょう。私は、必ずここで針葉樹林・広葉樹林の地図記号も確認しています。

津軽ひば・秋田すぎ・木曽ひのきの三大美林は必須知識です。天竜すぎ・尾鷲ひのき・吉野すぎは人工の三大美林と別くくりになっています。この中では、吉野すぎは出題されやすいですね。
白神山地のぶなの原生林、屋久島のすぎの原生林も重要です。学習を深めるページで世界遺産について説明されているので、ここで確認しておきましょう。ナショナル・トラストも重要です。全国的には和歌山県の天神崎、首都圏では狭山丘陵が有名です。
原生林=ほとんど人の手が関わっていない森林、というところも押さえておきます。

森林のはたらきはいろいろありますが、一通り知っておきたいです。「生き物のすみかになる」あたりが特に意識たいところです。

林業の手順である
植林→下草刈り→枝打ち間伐→伐採
という流れは並び替えの定番です。もっとも、この時期のテストではそれぞれの語句を答えさせる問題が出題される可能性が高いです。
間伐の話をすると、「かわいそう」という意見が出ることもあると思います。日本の森林は昔から人間がかかわってきた森林が大半で、間伐をすることで、森林自体の新陳代謝が行われて、新しい生命が生まれるといった話をしたいです。これは、現在「人間の手が入らくなった森林が荒れている」という入試でも出題されそうな記述問題への振りになります。

最後に、林業は危険が伴うため後継ぎ不足が深刻であること、輸入木材に押されていることは確認しておきましょう。


スポンサーリンク