「 松本 」一覧

入試に出る城

先日、原城を取り上げたときにふと思いついたので、入試に出る城をまとめて紹介したいと思います。入試で登場する城は大きく2つに分けることができます。1つは「城そのものが出題される」場合、もう1つは「ある城を中心とした城下町」として取り上げられる場合です。

1.単体で出題される城

姫路城(兵庫県)
基本
日本で初めて世界文化遺産に登録された建造物の1つが姫路城です。桃山文化の代表的な建造物で雄大な天守閣ももちろんですが、天守周辺の構造物も多く残されています。その美しい姿から「白鷺城」とよばれます。受験に登場する城としてはぶっちぎりの1位でしょう。兵庫県にあることがよく聞かれます。

安土城(滋賀県)
基本
織田信長が琵琶湖のほとりに建造した城として入試で出題されます。信長の死後、安土城は焼けてしまっており、現在は石垣などが残されているだけです。

大阪城(大阪府)
基本
豊臣秀吉が天下統一と前後して建造したのが大阪城です。
大阪城は1615年の大坂の陣で焼失、江戸時代に作り直されましたが、幕末に焼失。現在残っているのは昭和初期に再建されたものです。大阪は城下町であると同時に、蔵屋敷の集まる「天下の台所」として栄えた商都でもあります。
応用
大阪城は一向宗の拠点だった石山本願寺の跡地に建設されました。

江戸城(東京都)
基本
徳川家康によって建造された江戸幕府の中心地です。江戸は「将軍のおひざもと」として、人口100万人を超える当時としては世界最大級の都市でした。
重要
戊辰戦争では幕臣である勝海舟と新政府軍の西郷隆盛による和睦で無血開城が行われています。
応用
1657年におきた明暦の大火で江戸城の天守閣は焼失し、それ以降も再建されませんでした。明暦の大火は入試でもたまに出題されます。

熊本城(熊本県)
重要
城づくりの名人といわれた加藤清正によってつくられた名城です。明治時代最大の士族の内乱である西南戦争では激戦が繰り広げられました。2016年熊本地震で大きな被害を受け、現在修復工事が進んでいます。皮肉ではありますが、地震で大きな被害を受けたこと自体が入試で出題されるポイントの1つです。

首里城(沖縄県)
重要
琉球王国の王城です。「琉球王国のグスク関連遺跡群」として世界文化遺産に登録されていますが、主要な建物は戦後再建されたものです。

名護屋城(佐賀県)
応用
豊臣秀吉の朝鮮侵略において拠点となった城です。現在は城跡のみ残されています。城の名前を記述する問題はまず出題されませんが、記号選択や都道府県を答える問題が出題されたことがあります。愛知県の名古屋城と漢字が違うのは注意ポイントです。

五稜郭(北海道)

応用
1868年から起きた戊辰戦争の最後の戦いが行われたのが、函館にある五稜郭です。当時のヨーロッパの城郭の特徴を取り入れた城です。

多賀城(宮城県)
発展
ヤマト政権が蝦夷討伐のための拠点としてつくられたの城です。ややマニアックではありますが、中学校教科書には、資料として名前は出てきます。

小田原城(神奈川県)
発展
戦国時代、北条氏の拠点となった城です。1590年、この城を攻略したことで豊臣秀吉は天下を統一しました。

二条城(京都府)
発展
「古都京都の文化財」に含まれる城の1つです。1867年徳川慶喜が大政奉還を行った城として知られています。

原城(長崎県)
発展
島原天草一揆の拠点となった城です。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成要素の1つとなっています。

2.主要な城下町

仙台(宮城県)
重要
伊達氏の城下町として栄え、「杜の都」とよばれます。東北三大祭りの七夕も有名です。空襲などで焼失したため、建物はほとんど残っていません。

金沢(石川県)
重要
「加賀百万石」といわれた前田氏の城下町として栄えました。三名園の1つである兼六園があり、加賀友禅・九谷焼などの伝統的工芸品も入試の常連です。

名古屋(愛知県)
重要
御三家の1つである尾張藩の城下町として栄えました。名古屋は東海地方最大の都市であり産業都市として発展しています。
金のしゃちほこで有名な名古屋城は、空襲で焼失。戦後に再建されました。現在、空襲で焼失する前の資料をもとに木造による再建工事を行っています。

松本(長野県)
標準
数少ない天守が現存する城の1つです。夏・冬の気温差が大きく降水量が少ない中央高地の気候(内陸性の気候)の典型的な雨温図として松本市のグラフが使われることが多く、長野県の都市と知っておくと便利です。


スポンサーリンク