「 歌舞伎 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「市川団十郎」

標準
江戸時代に歌舞伎は庶民の芸能として人気を得ました。江戸歌舞伎の基礎を築いた役者として知られるのが市川団十郎です。

市川団十郎は入試ではほとんど出題されませんが、最近の教科書で名前は登場します。江戸歌舞伎が市川団十郎で、上方が坂田藤十郎と区別しておけば万全です。

読み:いちかわだんじゅうろう
時代:江戸時代前半(17世紀後半)


入試に出る歴史上の人物 「坂田藤十郎」

標準
歌舞伎は江戸時代に演劇として発達し庶民の人気を得ました。上方歌舞伎の始祖として知られた役者が坂田藤十郎です。ちなみに、上方とは大阪・京都を指します。

演劇は観阿弥・世阿弥を除くとそれほど入試で出題されているわけではありませんが、坂田藤十郎は中学校の教科書で登場しているので一定の注意が必要です。

読み:さかたとうじゅうろう
時代:江戸時代前半(17世紀前半)


入試に出る歴史上の人物 「近松門左衛門」

重要
人形浄瑠璃江戸時代前半の文化である元禄文化を代表する人物の1人が近松門左衛門です。近松門左衛門は人形浄瑠璃歌舞伎の脚本・作者として知られ、代表作は「曾根崎心中」などです。

近松門左衛門・人形浄瑠璃、両方とも受験生にとっては名前が長かったり、漢字が難しかったりと厄介な存在といえるでしょう。ただ、人形浄瑠璃は漢字が難しいため、逆に語句を答える問題の答えにはなりにくいです。社会のテストは漢字テストではないのです。

読み:ちかまつもんざえもん
時代:江戸時代前半(17世紀末)