「 正誤問題 」一覧

「あてはまるものを ”全て”選びなさい」は難易度を著しく上げる

今回も問題作成の技術的なお話です。

次のア~エのうち、政党内閣の総理大臣を経験した人物にあてはまらないものを1つ選び、記号で答えよ。(平成29年名古屋高)
ア.板垣退助 イ.原敬 ウ.加藤高明 エ.大隈重信

採点する教師先日「入試に出る歴史上の人物」で大隈重信は内閣総理大臣になり、板垣退助はなっていないというのを取りあげました。ということで、答えはアになるわけです。しかし、この知識を知っている受験生はそれほど多くないはずです。
この問題を答えるときに、まず選んではいけない答えはイの原敬ですよね。原敬は初の本格的な政党内閣を作った人物として大正時代を代表する政治家です。
中堅以上の学校であれば、1925年普通選挙法・治安維持法のときの内閣総理大臣である加藤高明も知っておきたいです。1932年の五・十五事件で犬養毅が暗殺されたことで政党政治が終わったというのが基礎知識ですから、原敬と犬養毅の間に入る加藤高明も政党内閣ということになります。
生徒が持っている知識を動員できれば、答えはアかエまで絞ることができます。模試でこの問題が出題されたときに正答率はざっと4割ぐらいかなというのが、私の予測です。

ここからが本題で、この問題が下のようになると難易度が上がります。

次のア~エのうち、政党内閣の総理大臣を経験した人物にあてはまらないものを1つ選び、記号で答えよ。全てあてはまる場合はオと答えなさい。
ア.板垣退助 イ.原敬 ウ.加藤高明 エ.大隈重信

全て当てはまる場合を考慮する。これだけで、難易度はかなり上がります。
まず単純な確率論では、5択問題になるので正答率は2割になります。解き方の面で考えると、最初の問題と同じように考えようとしたとき、アかエの2択に絞れたものが、オも加えた3択で考える必要がでてきます。正答率は3割に下がるでしょう。

さらに難易度を上げます。

次のア~エのうち、政党内閣の総理大臣を経験した人物にあてはまるものを全て選び、記号で答えよ。
ア.板垣退助 イ.原敬 ウ.加藤高明 エ.大隈重信

まず、確率でいうと正答率は6.25%まで下がります。また、「全て」選ぶ問題では消去法が全く使えなくなるので、全ての選択肢で正しい判断ができないと正解を導き出すことができません。受験者にとって負担が大きい問題です。ちなみに、中3でこの問題を模試で出題したら正答率は1~2割でしょう。

中学校の定期テストで習ったことは全て知っておくべきと学校側が考えるのか、この手のあてはまるもの全てを選ぶ問題がよく出題されます。個人的には、テストを作成していて当てはまるものを全て選ぶ問題はほとんど作りません。持っている知識を動員すればある程度答えが絞れる問題のほうが思考力を問えてよい問題と考えているからです。

テスト作成では想定より難易度が高くなりすぎることは慎まねばなりません。すべて書いてあって正解(いわゆる完答問題)は難易度が高くなるので濫用は控えるべきです。


中学入試プレイバック2017 「滝中」

 平安時代について述べた次の各文の正誤の組み合わせとして、正しいものをあとのア~エから1つ選び、記号で書きなさい。(2017年滝中改)
A 藤原氏は、自分たちの娘である天皇のきさきの周りに、教養や才能のある女性を集めた。
B 漢字を変形させたかな文字を用いることで、感情を書き表しやすくなった。
ア.A:正 B:正  イ.A:正 B:誤
ウ.A:誤 B:正  エ.A:誤 B:誤

クエスチョンマーク入試問題で複数の文について、その内容が正しいかどうかを問う問題はたいへんよく出題されます。意外とやっかいなのが、この問題のように全て正しい文で構成されているときです。誤っている文を見つける問題は、「この部分が正しくない」という特定の部分を把握すれば大丈夫です。それに対し、正しい文というのは「全ての部分が正しい」と認識できないと正しいと判断することができません。また、人間心理というものは不思議なもので、複数の文があればどれかは誤りだろうと思いがちです。そのため、なかなか全ての文が正しいという判断ができないのです。

なお、実際の問題では「平安時代」とは書かれておらず、「女流文学が栄えた」などのキーワードから平安時代と推測する問題になっています。

 ア


中学入試プレイバック2017 「渋谷教育学園幕張中」

問 2016年に起きたできごとに関する次の文X・Yについて、その正誤の組み合わせとして正しいものを、下記より1つ選び番号で答えなさい。(2017年渋谷教育学園幕張中)

X イギリスでは欧州連合(EU)からの離脱を問う国民投票が行われ、EUからの離脱支持票が反対票を上回りました。
Y キャメロン首相が辞任し、イギリスでははじめて女性のメイ首相が誕生しました。

1.X:正 Y:正   2.X:正 Y:誤
3.X:誤 Y:正   4.X:誤 Y:誤

渋谷教育学園幕張中(渋幕)では必ず出題されている2つの文に書かれていることが正しいか誤っているかの組み合わせを答える問題です。ユニオンジャック

Xが正というのは超簡単なんですが、問題はYです。メイ首相が「はじめて」のイギリス女性首相なのかどうか。大人は簡単なんですよ。親世代にとってイギリスの女性首相といえば、「鉄の女」といわれたサッチャーなんですよね(サッチャーが初の女性イギリス首相です)。つまり、メイさんが初のはずはないので、これは誤りってわかるんです。でも、普通の小学生はなかなかサッチャーは知りませんからね。とたんに難しい2択の問題になるわけです。

この問題では、サッチャーは知らなくても解けるのですが、実際にサッチャーを答える入試問題を見たことがありますし、他には旧ソ連の指導者であったゴルバチョフも入試で登場しています。入試における「歴史」の範囲はどんどん広がっているんですという話でした。

答 2


入試に出る歴史上の人物 「豊臣秀吉」

基本豊臣秀吉
織田信長の後継者として、1590年に天下を統一したのが豊臣秀吉です。
全国統一の基準で土地の調査を行う太閤検地や農民の武器を取り上げる刀狩を通じて農民の一揆を防ぎ、耕作に専念させる兵農分離を行いました。
また、石山本願寺の跡地に大阪城を築きました。

1592年、1597年の2度にわたり朝鮮出兵(朝鮮侵略)を行いましたが、失敗に終わりました。

重要
秀吉はキリスト教の宣教師を海外に追放し布教を禁じました。

太閤検地では土地の耕作者、土地の質・広さを統一の基準で測り米のとれる量(石高)を検地帳に記入させ、それにもとづいて年貢を納めさせる制度です。

1592年の朝鮮への出兵を文禄の役、1597年の出兵を慶長の役といいます。

標準
秀吉は1585年に関白、1596年に太政大臣になっています。

注意
「豊臣秀吉」は「豊”富”秀吉」と意外と漢字を間違えやすいので注意が必要です。
太閤検地によって、完全に荘園制度は解体されました。社会科において、「完全に」という例は珍しいので、誤っている文を選ぶ問題で出題されやすいです。

文禄の役・慶長の役は元寇の文永・弘安の役と混同しやすいので気を付けましょう。

読み:とよとみひでよし
時代:安土桃山時代(16世紀後半)


all or nothingは怖い

塾の先生社会科でよく出題される問題で、正誤問題というものがあります。文章の中から誤っている部分を見つけたり、「ア~エの文章の中で、誤っているもの(正しいもの)を選びなさい」といった問題です。実は、この手の問題にはいくつかの法則があるのですが、今日はそのうちの1つを紹介します。

「全て」「全く」「完全に」と書かれているものは怪しい。

例を挙げます。
「男女雇用機会均等法が制定されたことにより男女の雇用差別は完全になくなった。」
昔に比べれば、女性の社会進出は進んでいますが、差別・格差がなくなったわけではありません。
「本州にある政令指定都市は全て太平洋側にある」
新潟は日本海側ですが政令指定都市です。

問題作成にあたって、「全て」と断定することは勇気がいります。物事に例外はつきものです。「全て」ではないものを「全て」と書くことで、誤りの内容として文章を作ることは意外と簡単です。そんな理由から、「全て」「全く」と書かれているものは間違いの選択肢になっていることが多くなります。

逆に言うと、「全て」「全く」にあてはまるものは極めて特徴的=入試に良く出題されるということになります。いくつか例を挙げますと、

てんさい(ビート。砂糖の原料となる作物の一つ)は北海道が生産100%。
日本国憲法は一度も改正されたことがない。

などです。世の中、「絶対」なんてなかなかないですよね。
(「しゃかいかっ!」2013年7月27日)


スポンサーリンク