「 江戸時代 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年下第11回 江戸時代(2)」

予習シリーズ5年下の中でも少し異質な回、それがこの第11回です。この回は江戸時代の産業と文化・学問で構成されており、政治・外交といった通常であれば単元の最初に学習する内容がありません。大きな流れで説明することが難しいので、子どもたちにとってやや覚えるのが難しい単元といえるでしょう。

江戸時代の産業を理解するうえで大きなポイントになるのは「農村でもお金を使った商品のやり取りが行われるようになった」ということです。農業では、油かすやほしかといった肥料をお金で買うようになり、綿花や茶、菜種といった商品作物の栽培が広がりました。
また、工場制手工業とよばれる分業により製品を作る仕組みができあがりました。工場制手工業はマニュファクチュアでもかまいませんが、小学生の場合はカタカナ語より漢字のほうが覚えやすいです。

産業に関連して、株仲間、蔵屋敷、両替商といった用語が出てきます。江戸時代に限らずですが、政治・外交と産業の同時代史を問う問題はよく出題されます。先ほどの3つのキーワードは全て江戸時代と特定できるキーワードなので、確実に覚えておきたいところです。株仲間は、鎌倉・室町時代の座との区別や江戸後期の政治でも登場します。蔵屋敷は近畿地方の地理とつなげやすい語句です。

江戸時代の文化はまず町人が文化の担い手になったことがこれまでの時代との大きな違いです。また、元禄文化化政文化という2つの文化がはっきりと分かれているのは、大きな特徴です。室町時代も北山文化・東山文化という区分はありますが、江戸ほど明確に分かれていません。
元禄文化…17世紀末(徳川綱吉)ごろの大坂・京都(上方)の華やかな町人文化
化政文化…18世紀末(松平定信)ごろの江戸中心の皮肉・こっけいを楽しむ町人文化
と分けて理解をしておく必要があります。
江戸時代は文化人だけでも覚えるべき人物がとても多いです。
★元禄文化富嶽三十六景
井原西鶴…浮世草子
近松門左衛門…人形浄瑠璃
松尾芭蕉…俳諧
菱川師宣…浮世絵「見返り美人図」
★化政文化
葛飾北斎…浮世絵「富嶽三十六景」
歌川広重…浮世絵「東海道五十三次」
東海道五十三次返舎一九…「東海道中膝栗毛」
と7人もいます。
いつもこの単元を説明するときは、風景画の北斎と広重は化政文化であるとセットで覚えるようにアドバイスをします。そうすると、今度は2人の区別がつきにくくなりますので、唐突に「東海道と富士山で描かれている範囲が広いのはどっち?」と聞きます。「東海道」という答えが出てきますので、「東海道のほうが範囲が広い。範囲が広重だから東海道五十三次は歌川広重」と大真面目にしょうもないギャグを言います。まぁまぁ、いつも受けます。そのあと、東海道つながりで十返舎一九も化政文化に含め、それ以外のメンバーは元禄文化と分けます。
この辺り、きれいな語呂合わせをつくれればベストなのですが、そういうのはどうも苦手なため覚え方が力業になるのです。ただ、個人的に「語呂合わせは自分でつくることが重要だ」と思っていまして、人から聞いた語呂はあんまり覚えられないんですよね。自分なりに考えて作り出したほうが、自分の中でエピソードとして残るので覚えられます。授業で意識をしているのは、自分なりに覚えるにはどうしたらいいか、その手法のアドバイスをすることです。

江戸時代は国学・蘭学といった新しい学問が登場します。国学は「仏教などが伝わる以前の日本人の考え方を研究する学問」という記述問題が意外と出題されます。中学受験では国学=本居宣長=「古事記伝」をセットで覚えればOKです。ちなみに、ここで授業では「古事記」が何時代なのかを口頭で必ず確認します。正解は奈良時代ですが、まずたいていの生徒は答えられません。だからこそ復習が重要です。社会の授業で大事なのは、教師側が一方的説明するだけの授業にならないように過去に学習した内容を質問できるチャンスは逃さないことです。


予習シリーズ社会解説 「5年下第9回 江戸時代(1)」

受験直前の生徒から「何を勉強したらいい」と漠然に聞かれたとき、大体「とりあえず江戸時代を勉強しておけ」と答えます。江戸時代からの出題がない社会の入試問題はない。そう言い切っていいほど、江戸時代は260年間と期間も長く出題することが多いです。予習シリーズでは3回にわけて学習をしますが、どの回もなかなか盛りだくさんです。

関ケ原の戦いは、現在様々な角度から研究が進んでいますが今のところ、徳川家康が石田三成を破ったことを理解しておけば大丈夫です。ただし、豊臣家が滅亡するのは1615年の大坂の陣なのは注意が必要です。

江戸幕府はそれまでの政権と比べて統治の仕組みが細かく整備されているのが特徴です。大老・老中は基本として覚えなくてはいけませんが、これらは「江戸時代(3)」で再度登場します。意外と出題されるのは京都所司代です。町奉行・勘定奉行・寺社奉行のいわゆる三奉行は、ほぼ出題されません。

親藩・譜代大名・外様大名の区別は重要です。親藩・譜代を江戸の近くや要地に、外様は江戸から遠くに配置したことは地図を見ながら口頭で答えさせたいですね。江戸時代は、譜代大名が中心となって政治を進めていた=政治権力を持っていたのですが、権力を持っている分、石高を抑えて権力の集中を防いでいた話なんかはします。

武家諸法度は史料を見て、それとわかるようにしておく必要があります。武家諸法度を定めたときの将軍である徳川秀忠はそこそこ登場する人物です。
3代家光のときに追加された参勤交代は当然ながら頻出です。「将軍の権威を示すため」という狙いも答えられるようにしておきたいです。なお、参勤交代の狙いで「大名の弱体化」と答えるのは厳密には不正解です。最近の研究で、幕府が大名の弱体化を狙って参勤交代を行っていた説は否定されつつあります。ただ、参勤交代が藩財政に大きな影響を及ぼしたことは事実です。上位クラスであれば、参勤交代により街道が整備されたことも触れたいですね。
予習シリーズには載っていませんが、家光は「生まれながらの将軍」といわれ将軍就任にあたって外様大名に対し「これからはあなたたちを家臣として扱う」と話したエピソードが入試問題のマクラで使われることがあります。

鎖国への流れは、まず家康の時代は鎖国するつもりがなく、さかんに朱印船貿易を行っていたことを抑えます。ここで、日宋貿易・勘合貿易・南蛮貿易あたりも口頭で確認したいですね。この辺の区別は大切です。
鎖国への流れは
1624年 スペイン船の来航禁止
1635年 日本人の海外渡航禁止
1637年 島原・天草一揆
1639年 ポルトガル船来航禁止(=鎖国の完成)
という並べ替えができるようにする必要があります。
ただし、近年「鎖国」という表現は江戸時代の実勢にあっていないという説があります。それに伴って江戸時代の外国のとの交流が入試でも重要視されており、学習を深めるページ「鎖国下に開かれた四つの窓口」は重要な項目ばかりです。
長崎…オランダ・清
対馬藩…朝鮮
薩摩藩…琉球
松前藩…アイヌ
という基本は覚えておく必要があります。最近の入試では、日本の先住民に目を向ける傾向があり、シャクシャインあたりの出題頻度は以前より上がっています。また、正式に国交があったのは朝鮮のみで”将軍が代替わりするたびにお祝いの使者として”朝鮮通信使が来たことは最重要です。

5代将軍徳川綱吉は扱いの難しい人です。一言でいえば生類憐みの令ということになるのでしょうが、これまた最近その治世の評価が見直されています。最近の入試で狙われるのは金貨に含まれる金の割合を下げたため、物価上昇がおきたことです。ただし、これも江戸時代に入り貨幣経済が発達したことにより貨幣の量が不足したのが原因という意見があり必ずしも失政とつながらないという説が強くなっています。必ずしも最新の学説に沿う必要はないのですが、上位校であればあるほど、そういった変化に敏感です。
同時に、そのあと統治をした新井白石の重要度は下がっていますね。綱吉の統治の再評価=白石の政治の評価が相対的に低下することになるからです。


スポンサーリンク