「 浜松市 」一覧

県庁所在地より人口が多い都市

県庁所在地は、その都道府県の政治の中心です。必然的に経済の中心であることも多く、その都道府県で一番人口の多い都市であることが大半です。今回は、その例外で県庁所在地よりも人口の多い市を紹介します。

いわき市(福島県)

人口約33万人(2017年)。東北地方では2番目に人口が多い都市(1位は仙台市)です。もともと、炭田を中心に発展した工業都市でもあり、スパリゾートハワイアンズに代表される観光も盛んな都市です。
なお、郡山市も福島市より人口が多いです。

高崎市(群馬県)

人口約38万人(2017年)。北関東自動車道・関越自動車道と上越新幹線・北陸新幹線と新幹線と高速道路が分岐する北関東の交通の要衝です。中学入試で、高崎駅が聞かれることがあります。

浜松市(静岡県)

人口約81万人(2017年)社会科では楽器・オートバイの生産でおなじみです。面積が最も広い政令指定都市です(市全体では2位)。

四日市市(三重県)

人口約31万人(2017年)。石油化学工業がさかんな都市で、かつては四日市ぜんそく(四日市公害)がおきた都市として入試でもおなじみの都市です。

下関市(山口県)

人口約27万人(2017年)。関門海峡をへだてて九州に面した都市です。1185年の壇ノ浦の戦いがおきたのが、現在の下関市です。1895年に日清戦争の講和会議が行われ下関条約が結ばれました。

(初稿の段階では、下関市が抜けていました。申し訳ありません)


入試に出る川 「天竜川」



長野県の諏訪湖を水源に静岡県へと流れる川が天竜川です。愛知県の渥美半島を流れる豊川用水の水源の1つが天竜川です(主な水源は豊川)。河口には政令指定都市で楽器・オートバイの生産で知られる浜松市があります。

入試では、静岡県を流れる川の並び替え問題で出題されます(西から天竜川→大井川→富士川)。天竜川は河岸段丘が有名ですが、最近の教科書ではあまり河岸段丘そのものが掲載されていません。

読み:てんりゅうがわ
流域:長野県・愛知県・静岡県


その他の製造業出荷額が多い都道府県トップ5

その他工業2017

その他の製造業とは、装飾品、楽器、玩具、事務用品などの製造があてはまります。

都道府県単位でみると、愛知県・京都府・埼玉県と大きな差はなく、上位が全体に占める割合も高くないので突出した地域がないように見えます。しかし、市町村単位でみると全く違い、京都府宇治市が圧倒的首位です。宇治市が首位の理由は、ここに任天堂の工場があるためです。社会科では宇治市といえば宇治茶ですが、ゲーム機は入試で出しにくいですね。

入試でいえば、静岡の楽器でしょう。楽器といえば浜松市ですが、現在楽器の製造拠点は近隣にある磐田市などに移りつつあります。

 


スポンサーリンク