源頼朝

未分類

入試に出る歴史史料「承久の乱」

武士たちは、以前は3年間の都の警備を終えたとき、(中略)とぼとぼ歩いて帰ってきたではないか。頼朝公はそれをあわれに思い、3年を6か月に縮め、生活が成り立つようにされたのだ。この情け深い御心を忘れて、京都に味方するのか。それとも鎌倉にとどまっ...
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年下第6回 鎌倉時代」

歴史の学習も古代が終わって中世に入ります。中世の定義は難しいのですが、大きな要素としては、土地を介した上下関係、つまり封建制度によって社会が成り立って時代が中世です。この封建制度は江戸時代まで続きます。概念として知っておく必要があります。 ...
2018.10.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「北条時政」

鎌倉幕府をひらいた源頼朝の妻、北条政子の父で初代執権が北条時政です。 入試で北条時政の名前が出てくるときは、だいたい記号選択の問題です。たとえば、「御成敗式目を行った執権を次のア~エから選びなさい」といった問題で選択肢の1つとして...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「源義仲」

源平の争いの中で1183年の倶利伽羅峠の戦いで勝利したのが木曽の源義仲です。これにより、平氏は西国に落ち延びました。京都を抑えた義仲でしたが、同じ源氏である源頼朝に敗れました。 源義仲・倶利伽羅峠の戦いを記述させる問題はほぼ出題さ...
未分類

入試に出る歴史上の人物 「源義朝」

1156年におきた保元の乱で天皇方で活躍し、その後おきた平治の乱でライバルである平清盛に敗れたのが源義朝です。源頼朝・義経の父親です。 平清盛のライバル、源頼朝・義経兄弟の父親という歴史的にみて重要な人物に関わるキーパーソンです。...
2017.08.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「北条政子」

読み:ほうじょうまさこ 時代:鎌倉初期(13世紀前半) 源頼朝の妻であり、源氏の将軍が途絶えた後におきた承久の乱で御家人に結束を訴えたのが北条政子です。この戦いに勝った鎌倉幕府は京都に六波羅探題を設置し、西国にも勢力を伸ばしまし...
2017.07.03
未分類

入試に出る歴史上の人物 「源頼朝」

読み:みなもとのよりとも 時代:平安末~鎌倉初期(12世紀末) 1185年に全国に守護・地頭を設置し、武士政権の世をかため、1192年に征夷大将軍となったのが源頼朝です。一般に、頼朝が作り出した政権を鎌倉幕府といいます。 ...
2017.07.03
未分類

入試に出る歴史上の人物 「源義経」

読み:みなもとのよしつね 時代:平安末期(12世紀末) 1185年におきた壇ノ浦の戦い(山口県)で平氏を滅亡させた中心人物が源義経です。鎌倉幕府をつくった源頼朝は兄です。 源平の戦いである、石橋山の戦い→富士川の戦い→...
2017.07.03
タイトルとURLをコピーしました