「 球磨川 」一覧

入試に出る都道府県 「熊本県」


・地図中Bは阿蘇山。世界最大級のカルデラで知られる。
・高度経済成長期に四大公害病の1つである水俣病が発生した。


・地図中Cは日本三大急流の1つである球磨川。下流の八代平野はたたみ表の原料であるいぐさの栽培がさかんで、日本の生産の大半が熊本県である。


・地図中Aは県庁所在地の熊本市。政令指定都市。国宝の熊本城が有名だが、2016年の熊本地震で大きく損傷した。


・熊本県はすいかの産地として知られ、畜産も盛ん。

面積:約7409㎢
人口:約174万人(2019年)


入試に出る川 「球磨川」


熊本県を流れる日本三大急流の1つが球磨川です。流域の八代平野はいぐさの栽培が盛んなことで有名です。

熊本県でいぐさの栽培がさかんというのは、入試の定番知識ですが、最近の入試では出題頻度が減っています。他の日本三大急流である最上川・富士川と比べると関連する知識が少ない分、出題頻度はやや下がります。その分、「三大急流であること」が自体が出題されやすい川です。

読み:くまがわ
流域:熊本県


スポンサーリンク