「 田原市 」一覧

花き類の産出額が多い市町村ベスト10

入試で出題される花き類の知識というと、「愛知県渥美半島の電照菊」「富山県のチューリップ」ぐらいでしょうか。

花き類の産出額が多い市町村(2016年)

順位 都道府県 市町村 データ 種類
1 愛知県 田原市 3,111
2 静岡県 浜松市 690 ガーベラ
3 鹿児島県  和泊町 400 ユリ
4 茨城県 神栖市 387 センリョウ
5 千葉県 南房総市 366 キンセンカ
6 福岡県 久留米市 365 つつじ
7 愛知県 西尾市 362 バラ
8 愛知県 豊川市 332 シクラメン
9 福岡県 八女市 307 ガーベラ
10 埼玉県 深谷市 300 ユリ

種類は一応、各ウェブサイトで調べましたが、一種類だけ育てている地域は通常なく、他にも生産の盛んな作物はあると思います。

「電照菊」でゆうめいな田原市がぶっちぎりの1位でした。菊は日照時間で季節を判断して花を咲かせる性質があることから「光を当てて開花時期を調整する」というのは記述問題でも出題されます。

3位の鹿児島県和泊町は沖永良部島の町です。こういうランキングで離島がでてくるのは珍しいですね。
全体的に、黒潮の影響をうけて温暖な地域のランクインが目立つデータになりました。
ちなみに、富山県の花き産出額はまさかの43位(2016年)。富山がチューリップの球根の出荷1位なのは間違いないのですが、ちょっと意外です。


トマトの収穫量が多い市町村ベスト20

夏野菜にカテゴライズされることがおおいトマトですが、都道府県別の生産順位でいうと1位熊本県の次に冷涼な北海道が2位となかなか興味深い順位構成になっています。どうも、日本の夏は本来トマトの栽培には暑すぎるようです。

トマトの収穫量が多い市町村(2017年)

順位 都道府県 市町村 季節 収穫量(t)
1 熊本県  八代市 冬春 54,100
2 熊本県  玉名市 冬春 30,300
3 愛知県  田原市 夏秋 15,700
4 愛知県  豊橋市 冬春 13,600
5 宮崎県  宮崎市 冬春 12,700
6 愛知県  豊川市 夏秋 10,000
7 長崎県  南島原市 夏秋 7,510
8 熊本県  宇城市 冬春 7,080
9 栃木県  栃木市 夏秋 5,370
10 北海道  平取町 冬春 5,280
11 宮崎県  都農町 冬春 5,260
12 岐阜県  海津市 冬春 5,050
13 栃木県  足利市 夏秋 5,030
14 群馬県  伊勢崎市 夏秋 4,790
15 千葉県  旭市 夏秋 4,770
16 福岡県  うきは市 冬春 4,720
17 栃木県  宇都宮市 夏秋 4,650
18 三重県  木曽岬町 冬春 4,590
19 栃木県  小山市 冬春 4,560
20 千葉県  一宮町 冬春 4,410

八代市というと、たたみ表の原料であるい草の生産地として有名です。干拓地が広がる八代市は土地の塩分が強く、その土壌を生かした塩トマトに代表されるフルーツトマトの産地として知られます。塩害に強いということで東日本大震災後に宮城県などで栽培がおこなわれたことが話題になりました。

3位田原市は、このシリーズでは何度か登場している渥美半島にある市で、市町村別農産出荷額1位です。
都道府県別の生産額で2位の北海道は、市町村別では平取(びらとり)町が10位に入っているだけです。自治体数が多い北海道ならではの現象です。


キャベツの収穫量の多い市町村ベスト20

都道府県単位では、愛知県と群馬県が毎年1位争いをしている農作物がキャベツです。キャベツの旬は本来冬ですが、品種改良や夏に高原で栽培することで一年中食べることができる作物になっており、厳密な意味では旬がない作物といえます。

順位 都道府県 市町村 季節 収穫量(t)
1 群馬県 嬬恋村 夏秋 228,700
2 愛知県 田原市 冬春 135,600
3 千葉県 銚子市 冬春 86,200
4 愛知県 豊橋市 72,800
5 神奈川県 三浦市 冬春 39,040
6 岩手県 岩手町 夏秋 16,900
7 神奈川県 横須賀市 冬春 16,250
8 長野県 南牧村 夏秋 11,600
9 兵庫県 南あわじ市 冬春 11,170
10 神奈川県 横浜市 春夏秋冬 10,710
11 群馬県 長野原町 夏秋 9,620
12 長野県 佐久市 春夏秋 8,786
13 千葉県 旭市 冬春 7,960
14 大阪府 泉佐野市 冬春 7,208
15 千葉県 野田市 冬春 6,620
16 福岡県 北九州市 冬春 6,530
17 兵庫県 神戸市 冬春 6,330
18 和歌山県 和歌山市 冬春 6,190
19 熊本県 八代市 6,080
20 長野県 小諸市 春夏秋 6,024

おそらく入試で最もでる「村」、それが高冷地農業で有名な群馬県嬬恋村です(かつては、日本で最初の原子力発電所がつくられた茨城県東海村も入試に出る村でしたが、福島の原発事故以降、東海村の出題頻度は下がっています)。農産物の生産地で特定の地方公共団体名が出てくること自体が珍しいのですが、こうやって数値でみるとそれも納得できます。浅間山のふもとにある嬬恋村は温泉やスキー場といった観光資源も豊富です。

2位の田原市は渥美半島にある市町村で、日本で最も農産物の生産額が多い市町村です。伝承菊も有名です。3位銚子市はだいこんでも上位に入ってきていました。社会科では銚子港のイメージが強いですが、近郊農業も盛んなことが分かります。

意外なのが、横浜です。横浜市は広いですし、近くには近郊農業の一大拠点・三浦半島があるのでランキングに入ってくることはそれほどおかしくないのですが、すごいのは生産時期が一年中だということです。高原野菜の季節である夏秋キャベツでも1,000tを超える生産量があるキャベツの一大拠点です。


市町村別農業産出額が多い都市

市町村別農業産出額ランキング(2015年)

都市名 都道府県 生産額(千万円)
1位 田原市 愛知県 8,204
2位 鉾田市 茨城県 7,203
3位 都城市 宮崎県 7,197
4位 新潟市 新潟県 5,721
5位 別海町 北海道 5,706

トラクター今回は市町村別の農業産出額ランキングを紹介します。
全国1位の愛知県田原市は渥美半島のほぼ全域を占める都市です。渥美半島は電灯をあてることで出荷時期を調整する電照菊で有名な地域です。また、愛知県はキャベツの生産が全国有数で、田原市はその生産拠点となっています。

茨城県鉾田市はメロンの栽培が日本一で知られる街です。ただ、ランキング2位となっている要因は、いも類・野菜でともに市町村別のランキング1位です。全国的には鹿児島が1位のかんしょ(さつまいも)と、北海道が1位のばれいしょ(じゃがいも)の生産がともに盛んなところが近郊農業のさかんな茨城県の本領発揮といったところです。

宮崎県で農業というとピーマンなどの促成栽培が最初に思い浮かびますが、宮崎県都城市は畜産が盛んな街です。肉用牛1位、豚1位、ブロイラー3位と畜産王国であることが分かります。

新潟市はイメージ通り米の生産が全国1位です。北海道の別海町はそもそも耕地面積が約60000haと全国1位です。そして、その広い高知の大半を乳用牛の飼育にあてている酪農王国です。


スポンサーリンク