「 田沼意次 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年下第12回 江戸時代(3)」

江戸時代の単元も3回目。この単元では、18世紀初めのいわゆる江戸の三大改革から江戸幕府の滅亡までとなかなかハードな内容になっています。

まず、江戸時代中期の政治を表にまとめてみましょう。

役職・名前 時代 呼び名 内容
8代将軍
徳川吉宗
18世紀前半 享保の改革 上米の制・目安箱・公事方御定書
蘭学の制限を緩める
老中
田沼意次
18世紀後半 株仲間を積極的に認める
長崎貿易の拡大
老中
松平定信
18世紀末 寛政の改革 ききんにそなえて米を蓄える
幕府の学校で朱子学以外禁止
老中
水野忠邦
19世紀前半 天保の改革 株仲間の解散

人物名と改革の名称の一致、時代順の並べ替え、人物名と改革内容の一致といったいろんな種類の問題をつくりやすい単元です。
松平定信に関しては「世の中に 蚊ほどうるさきものはなし ぶんぶというて 夜もねられず」「白河の 清きに魚の すみかねて もとのにごりの 田沼恋しき」という狂歌から問題を作成してくるのも定番です。

松平定信と水野忠邦の間には50年ほどあり、その間にロシアのラクスマンが根室に来航(1792年)、異国船打払令(1825年)と大きな出来事が起きています。予習シリーズでは三大改革をまとめていますが、年代順に並べて先に外国船の接近を説明するスタイルもありです。
この回は覚えることも多いため、樺太を探検した間宮林蔵や蛮社の獄の高野長英・渡辺崋山まで授業内で触れるのはなかなか難しいですね。

後半ではいよいよペリーが来航して開国をします。ペリーは小学生の中でインパクトのあるキャラクターなので、覚えられない生徒はまずいません。ここは、ペリーが来航したのが浦賀(神奈川県)というところまで抑えたいです。
1854年日米和親条約では下田・函館を開講したことが重要です。とくに下田の場所は地図で要確認です。細かい内容ですが、イギリス・ロシア・オランダとも同様の条約を結んでいます。
1858年日米修好通商条約は「関税自主権が”ない”」「領事裁判権を”認める”」という不平等条約の部分が特に重要です。これは、明治時代を通じて不平等条約の改正が明治政府の大きなテーマになるからです。ここでは「ない」「認める」という語句まで重要です。ちなみに、領事裁判権と治外法権は、ほぼ同じ内容なのでどちらでも正解になりますが最近は領事裁判権と書くことのほうが多いです。この時の中心人物である大老・井伊直弼は漢字間違いが生まれやすい人物なので注意が必要です。ちなみに、アメリカの他に、英露蘭の3か国とさらにフランスとも条約を結んでいます。
開国による影響も出題されやすいです。学習を深めるページでは横浜港での貿易がグラフになっていますが要約すると「イギリスに生糸を輸出した」というのがポイントです。授業では、グラフを読み取らせて特徴を聞くようにしています。

幕末に関しては並べ替えの問題も多いです。たとえば
日米修好通商条約→安政の大獄→桜田門外の変
生麦事件→薩英戦争→薩長同盟
大政奉還→王政復古の大号令→戊辰戦争
といったあたりです。時代の近い並べ替え問題は、ただ時代順に並べさせるだけではなく、歴史の流れを理解しているかどうかが重要なポイントになります。その中でも、大政奉還の1867年は絶対に覚えなければならない年号です。江戸時代の終わりであると同時に、武士の時代の終わりです。武士の時代の始まりを平清盛が武士で初めて太政大臣になった1167年とすると実に700年間続いた時代の終わりです。
次回からはいよいよ明治時代、近代の始まりです。明治時代以降は歴史のとらえ方を変えていかなければならないのですが、それは次回説明します。



入試に出る歴史上の人物 「松平定信」

基本
白河小峰城18世紀末、江戸幕府の老中として寛政の改革を行ったのが松平定信です。

重要
松平定信は昌平坂学問所をつくり、幕府の学問所で朱子学以外を学ぶことを禁止しました。また、ききんに備えて米を蓄える囲米を行いました。

過剰な引き締め政策により人々の不満がたまった様子は「白河の清きに魚のすみかねてもとの濁りの田沼恋しき」(白河は松平定信が藩主をしていた場所で定信のこと。田沼は田沼意次)という狂歌で入試でも出題されます。

注意
(高校入試限定)松平定信が寛政の改革を始めたのは1787年で、1789年フランス革命とほぼ同時期です。入試で日本史と世界史の同時代史を問う問題の定番なので必ず覚えておきましょう。

入試においても登場頻度の高い人物なんですが、意外と何をしたかといわれると困るのが松平定信です。それだけに、田沼意次や徳川吉宗の業績と並べて寛政の改革の内容を選ばせる問題がよく出ますね。

読み:まつだいらさだのぶ
時代:江戸時代中期(18世紀末)

 


入試に出る歴史上の人物 「田沼意次」


小判江戸時代中期に老中として、積極的な経済政策を行ったのが田沼意次です。商人の同業者組合である株仲間を積極的に奨励し、そこから税を取ることで幕府の財政を安定させようとしました。


印旛沼・手賀沼の干拓による新田開発や蝦夷地の開発を行おうとしました。しかし、天明の大ききんがおきるなどしたため、またわいろが横行したことを批判され失脚しました。


(高校入試限定)田沼意次が老中を1772年で、アメリカ独立戦争が起きた時期(1775年)に近いため、日本と世界の同時代史を問う問題で出題されることがあります。

近年の近世史の再評価により、大きく扱いが変わった人物が田沼意次です。昔は、田沼意次=わいろでしたが、今は授業で説明するときはそのことは口頭で軽く触れる程度ですね。

問 長崎貿易を活発にするために海産物の輸出をうながし、株仲間の営業を積極的に認めるなど、商業を重視した人物を次のア~エから選び、1つ選び記号で答えなさい。(2018年沖縄県公立高)
ア.徳川綱吉 イ.徳川吉宗 ウ.田沼意次 エ.水野忠邦

答:ウ

読み:たぬまおきつぐ
時代:江戸時代中期(18世紀後半)


スポンサーリンク