「 百舌鳥・古市古墳群 」一覧

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録決定でどう入試に出題されるか?

日本最大の前方後円墳である大仙(大山)古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されることが決定しました。6月の時事問題対策では、正式決定ではないので時事問題で出題するのは早いと言ってきました。晴れて正式決定されたので、次の定期テスト並びに入試問題の時事問題の大きなテーマになりますね。
今回は、「百舌鳥・古市古墳群」が入試などでどのように出題されるか予測していきます。

前方後円墳最も、大仙古墳そのものがもともと最重要語句ですので、今更新たに覚えようねというものではありません。前方後円墳埴輪といった関連語句も同様です。
まず、確認しておきたいのは大仙古墳を含む百舌鳥古墳群が大阪府堺市にあることです。堺市は石油化学工業が盛んな港町で、戦国時代には商人の町として鉄砲生産が盛んでした。近畿地方で唯一の府県庁所在地ではない政令指定都市である堺市は入試で狙われやすい都市ですから、ここは堺市まで覚えておきたいところです。ちなみに、古市古墳群は羽曳野(はびきの)市・藤井寺市にあります。

大仙古墳は仁徳天皇の陵墓(皇族の墓)とされており、世界文化遺産の登録名は仁徳天皇陵古墳です。ただ、大仙古墳が仁徳天皇の墓であると確定できる材料が不足しているため、大仙古墳という呼び名が教科書では主流です(仁徳天皇陵はかっこ書き)。私も授業で教えるときは仁徳天皇陵ではなく大仙古墳で説明をしています。ですが今回、仁徳天皇陵古墳の名称で登録されたこともあり仁徳天皇陵という名称も押さえておいたほうがいいでしょう。
仁徳天皇は善政を行った天皇として名前が伝わっており、民家のかまどから炊飯の煙がでていないことをみて、租税を3年間免除したという記録がある人物です。

「百舌鳥・古市古墳群」という名称そのものはあまり出題されないと考えます。それは、単純に現在の教科書に掲載されていない語句だからです。世界遺産に登録された=入試にでるのではなく、それまでも入試で出題されていたものがより出題されやすくなるというのが私の見立てです。余裕があれば覚えておく程度でよいでしょう。
私が、あえて時事的にこのテーマで出題するなら「百舌鳥・古市」の読みを出題しますね。漢字で語句として出題するのはともかく、ニュースや時事用のテキストでこれらの名称は繰り返し登場しますから、読みだけ聞くというのはありだと思います。過去の出題では「辺野古」の読みを問う問題を見たことがあります。


時事問題の予想に「百舌鳥・古市古墳群」を入れない訳

このサイトで掲載している定期テスト向けの時事問題予想は最低限必要だろうという内容にとどめています。時事問題の対策はあくまでおまけで、メインは教科書の出題範囲の勉強だと考えるからです。

前方後円墳現在の時事問題の予想で「百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産に登録へ(毎日新聞)」をあえて載せていません。
それはなぜかというと、現段階では登録に向けて事前に審査する国際記念物遺跡会議(イコモス)が「登録すべき」とユネスコに勧告したにすぎず、直前で登録が認められない可能性があるからです。6月末~7月に行われる会議で、正式に登録が決まってから時事問題としては出題すべきというのが私の筋論です(実際に直前で取り下げられた例もあります)。

また、今の段階で時事問題で出題されるとして「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)」という名称を書かせるのは、あまりないと思うのも理由の一つです。出題されるなら「百舌鳥・古市古墳群にある日本最大の古墳の名前を答えなさい→大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)」でしょう。大仙古墳を答える問題は別に時事問題じゃなく、社会の一般知識でも対処できます。

なお、正式に登録が決まった瞬間に、その次の定期テストのみならず入試でも出題される最重要キーワードになるのでそれは頭に入れておいてください。


スポンサーリンク