「 知里幸恵 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「知里幸恵」

発展
北海道の先住民であるアイヌに伝わる歌謡や物語を日本語に訳し「アイヌ神謡集」を発表した人物が知里幸恵です。

現在の教科書ではアイヌ・蝦夷・琉球など日本の民族の多様性を重視されています。その流れの中で、コラムとして登場している人物が知里幸恵です。今後、入試でも登場すると予想します。

読み:ちりさちえ
時代:20世紀前半(大正時代)


スポンサーリンク