「 砂浜海岸 」一覧

予習シリーズ社会解説 「4年上第19回 海とともにあるくらし」

「海岸線の長さではアメリカより日本のほうが長い」

こう言われると大人でもびっくりするかもしれません。日本は海に囲まれた島国の上、出入りの複雑な海岸が多いためです。今の答えは記述問題の解答としても成立する内容ですが、子どもたちの学習意欲を高めるものの1つは、素朴な驚きですので、こういう単元は大事にしたいところです。

さらにいうと、海岸線の長さでは長崎県は北海道に匹敵する長さがあります。北方領土を除いた海岸線でいえば、長崎のほうが長いです。海岸線が長いというのは、長崎県を特定できるキーワードになるので、知っておきたいですね。

砂浜海岸の代表格として九十九里浜が取り上げられていますが、この単元のメインはリアス海岸です。テキストにでているおもな岩石海岸として、大村湾(長崎)、宇和海沿岸(愛媛県)、志摩半島(三重県)、若狭湾(福井県)の名前が出ています。ここで、覚える必要はないですが、将来的には前3つは真珠の養殖がさかんなであること、若狭湾は原子力発電所が集中していることで登場します。

三陸海岸
のようなリアス海岸が養殖に適していることはぜひ理解しておきたいです。海岸近くの海が深く、入り江は波が静かという理由は先々記述問題で登場します。
そして、潮目です。4年生の問題で記述で答える問題は出題されませんが「暖流である黒潮と寒流である親潮が交わり魚のえさとなるプランクトンがあつまり、よい漁場となる」という潮目の説明は記述問題の定番中の定番です。
それから、リアス海岸の負の側面として津波の被害が大きくなるということも触れておきたいです。入り江は波が静かなのに津波の被害は大きくなるという一見矛盾があるからです。この単元は覚える量もそれほどないので津波のメカニズムを簡単に話すようにしています。大人は三陸海岸で津波の被害とくれば「あぁ」と理解できるでしょうが、小4は違います。これまでも繰り返し言っていますが、こういうジェネレーションギャップは教える側として常に気を付けたいです。


海水浴場の多い都道府県トップ5

今度、家族で海水浴に行くことになりました。せっかくなので海水浴場の多い都道府県を調べてみました。

海水浴場の多い都道府県(2016年「データでみる県勢2018」より)

順位 都道府県名
1位 長崎県 66
2位 千葉県 65
3位 新潟県 61
4位 福井県 57
5位 山口県 56

長崎県は北海道を除いた都府県で一番海岸線が長いことで知られています(北方領土を除くと北海道より長い)。全体的に海岸線の長い都道府県がランクインしています。
千葉県といえば、砂浜海岸で有名な九十九里浜が広がっており、いかにも海水浴向きです。
新潟県は全国5位の面積があり、海岸線が平たんではありますが長いんですよね。
福井県もリアス海岸で知られる若狭湾がある海岸線の長い都道府県です。山口県が意外でしたが、よく考えると本州の端にあり、日本海と瀬戸内海の2つの海に面しているんですよね。

ちなみに、海岸線の長い北海道は48で8位です。北海道で海水浴のイメージは沸きませんが、北海道は短いとはいえちゃんと夏はあります。東京は意外と多くて36、少ないところでは大阪府は4つしかありません。もっとも、長野県など内陸の都道府県は0です。ただし、滋賀県は内陸ですが11もあります。偉大なる琵琶湖です。琵琶湖は海水じゃないんですが、海水浴場というくくりなんですね。


スポンサーリンク