「 社会主義 」一覧

予習シリーズ社会解説 「5年下第18回 昭和時代(2)」

いよいよ歴史単元も最終回となります。昭和時代後半では1945年から約30年間の歴史が取り上げられています。ソ連解体こそ触れらているものの現行の予習シリーズでは1978年の日中平和友好条約までが歴史の扱いのようです。

冒頭では1964年東京オリンピック東海道新幹線開通の話と高度経済成長によって電化製品が発達、そして過疎・過密・公害とマイナスの話も含めて一気に取り上げられています。高度経済成長は5年上でも登場している内容なので、ここで「初耳」という顔をするか「聞いたことある」という顔ができるかは大きな違いです。

GHQ(連合国軍総司令部)の民主化政策は、財閥解体農地改革が特に重要です。農地改革の「地主の土地を安く政府が買って小作人に売った」という内容と「小作人が増えて自作農が増えた」という結果はともに記述問題で狙われやすいですね。もちろん、女性参政権が与えられ20歳以上の男女に選挙権が与えられたということも重要です。将来的に子どもたちにとって選挙権(成人)=18歳が定着すると、この段階では20歳というのをしっかり覚えさせる必要が出てきますね。

日本国憲法は公布日・施行日ともに重要です。11月3日文化の日、5月3日憲法記念日と祝日になっていることも確認します。子どもたちはたいてい文化の日は出てきません。国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という三大原則はもちろん重要ですがここでは深入りはしません。6年生の最初(第1回)で詳しく学習するためです。いつも、その前振りはしますね。
ここまでが、授業の前半です。

後半は冷戦から始まります。資本主義と社会主義の話は簡単にします。「みんながお金儲けをしたくてそれぞれに活動するのが資本主義で、それだと格差が大きくなりすぎるので計画的に生産をしようというのが社会主義」というぐらいの大雑把な説明にとどめます。予習シリーズには出てきませんが、西側・東側という表現は見る機会も多いので教えておきますね。

1948年大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国の成立から、1949年中華人民共和国、1950年朝鮮戦争の流れは並べ替えで登場しますね。中華人民共和国の成立は韓国・北朝鮮より後というのがポイントです。朝鮮戦争では北緯38度で国境が分かれていることは絶対に触れます。現在の朝鮮半島情勢を考えれば、この辺りの出題頻度は高いです。予習シリーズには38度線の停戦ラインの写真が掲載されています。これは、2018年にムン・ジェイン韓国大統領とキム・ジョンウン北朝鮮委員長が会談を行った場所です。この会談がいかに大きなものだったかを物語りますね。

1951年サンフランシスコ平和条約では、ソ連・中国・韓国・北朝鮮とは講和をしていないこと、同時に日米安全保障条約を調印したことが重要です。吉田茂首相ももちろん出題されます。ちなみに、サンフランシスコ平和条約の条文にある「日本は朝鮮の独立を認める」は、日本を清に変えるだけで「清は朝鮮の独立を認める」という下関条約(1895年)の内容になります。時代の移り変わりを感じますね。
安保闘争・所得倍増計画も予習シリーズに載っていますが重要度は一段落ちます。

1956年に日ソ共同宣言を結び国際連合に加盟したのも当然重要です。1951年やこの後登場する1972年もそうですが、同じ年に重要な出来事が重なっているのが昭和後半の特徴です。

吉田茂と並んで戦後の内閣総理大臣のなかで重要なのが佐藤栄作です。1965年日韓基本条約から1972年沖縄返還まで内閣総理大臣を務めました。予習シリーズではどういうわけか佐藤栄作ではなく、そのあと内閣総理大臣を務め同じ1972年に日中共同声明を調印した田中角栄が太字になっています。非核三原則・ノーベル平和賞と出題ポイントがはるかにおおい佐藤栄作のほうが重要度は高いので、ちょっと謎です。1972年は出題頻度の高い年号で「夏(72)沖縄返還(本当は5月ですが)」という語呂合わせで教えています。

1973年に石油危機が発生して高度経済成長が終わりを告げます。石油危機は5年上第1回の水産業で登場した語句です。1年の最後に、年度の最初に学習した語句が再登場するのは偶然ですが粋ですよね。



予習シリーズ社会解説 「5年下第16回 大正時代」

大正という元号は1912年から1926年の15年間使われました。他の時代と比較すると短い期間ということもあり、ここ数回と比べると楽な単元です。

さて、大正時代といえば第一次世界大戦です。中学校の教科書では三国協商・三国同盟という名称がでてきますが、予習シリーズでは出てきていません。一言でいえば、日本の歴史が中心だからです。そのため、日本が日英同盟を理由にイギリス側で参戦したことと、中華民国(清から変わったことを説明しないといけません)に二十一か条の要求をつきつけたことのほうが重要視されます。

予習シリーズでは別単元になっていますが、大戦景気についてはこのタイミングで説明します。大戦中の内容はこのタイミングで話したほうがわかりやすく、テキスト通りの順番で必ず説明する必要はないです。

1917年におきたロシア革命によりソビエト社会主義共和国連邦が成立します。この単元では正式名称を覚えておく必要があります。まぁ、板書すると確実に生徒がげんなりしますね。ただ、感度のいい子は「ソ連」という聞いたことのある言葉が略称だったんだと気づいて面白そうにします。この単元は、時間があるので社会主義・共和国・連邦という言葉の意味を簡単に教えます。
社会主義…土地などを国で共有する⇔資本主義
共和国…君主がいない
連邦…国が集まってできている国
そうしたほうが長い国名を意味付けして覚えやすいですからね。
そして、シベリア出兵は米騒動のきっかけになり原敬が初の本格的政党内閣をつくったというつながりがあります。「ロシア革命→シベリア出兵→米騒動→原敬」は並び替え問題の定番です。ただ、原敬は大正デモクラシーで説明したほうがいいので、後回しですね。ちなみに、上位クラスであれば原敬が所属していた立憲政友会まで覚えたいです。

1919年ベルサイユ条約は語呂合わせで覚えやすい年号です。ベルサイユ条約の内容はそこまで深堀しなくても大丈夫です。国際連盟の成立はしっかりやっておきたいです。アメリカが不参加だったことと、本部がスイスのジュネーブ、事務次長を務めた新渡戸稲造がポイントです。新渡戸稲造は前の5,000円札の肖像画に使われていた人物ということで思ったよりも出題されます。
三・一独立運動と五・四運動は朝鮮・中国どちらで起きたかが、ごっちゃになりやすいので注意が必要です。朝鮮は日本の植民地だったので独立がつくというのが分け方です。柳寛順は女子中でたまに見かけますが、ここで触れる必要はないでしょう。

大正デモクラシー護憲運動も意外と混同しやすいです。憲法に基づいた政治(立憲政治)を求める動きが護憲運動で、女性運動や社会運動なども含んだ民主主義の実現を求める風潮が大正デモクラシーです。
1925年の普通選挙法治安維持法はセットで問題にされることも多い重要内容です。何度も言っていることですが、重要な出来事が2つある年号はそれだけで出題頻度があがります。当時の内閣総理大臣である加藤高明もそこそこ出題されます。

水平社宣言と雑誌「青鞜」の冒頭の部分は史料問題での出題がとても多いです。意外と、水平社宣言(1922年)と関東大震災(1923年)が並び替え問題で出題されるので、上位クラスでは触れておきたいですね。

明治時代もそうですが、大正時代の文化の出題はそれほど多くありません。地下鉄・バス・ラジオでほぼ大丈夫です。


スポンサーリンク