「 紙幣 」一覧

紙幣刷新。渋沢栄一祭開催決定。

紙幣刷新へ 1万円は渋沢栄一、5000円は津田梅子(日本経済新聞)
政府・日銀は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる。麻生太郎財務相が9日午前に発表した。刷新は04年以来となる。千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になる。

社会科的にはなかなかビックトピックスですね。貨幣は日宋貿易・日明貿易の銅銭、江戸時代の金貨・銀貨など入試問題のテーマ文として扱いやすい題材です。紙幣は生活に身近なものですから、それを題材に問題をつくることもできます。というわけで、今回は新紙幣の話からどんなことが入試で出題されるか予測していきましょう。

渋沢栄一なんといっても、渋沢栄一です。現状、渋沢栄一は入試ではまぁまぁ重要程度の人物です。個人的に、さまざまな企業・学校・団体の設立にかかわった「日本資本主義の父」渋沢栄一はもっと入試に出題されてもいい人物だと思っていました。確一万円札の肖像画に起用されることで、確実に出題が急増します。渋沢栄一に関連する語句としては明治時代の近代産業促進を促した殖産興業とその代表格である富岡製糸場が狙われやすそうです。

津田梅子はもともと入試で出題されやすい歴史上の人物だったので、あたらめて出題が急増するということはないでしょう。津田梅子のアメリカ留学は岩倉使節団に同行してのことだったので、岩倉具視の出題頻度が少し上がるかもしれません(最も岩倉も、もともと頻出ですが)。

北里柴三郎は出題頻度が増えますね。明治の医学者はどうしても、まず野口英世がいてその次に北里でした。奇しくもその野口から北里に千円札の肖像画が変更になるのはおもしろいです。野口と同程度に出題されるようになると思われます。ちなみに、北里柴三郎の”柴”を”紫”と間違えることが多いので注意が必要です。
ちなみに、千円札の裏に葛飾北斎「富嶽三十六景」がつかわれるので、それも狙われますね。まぁ、受験生は葛飾北斎は絶対憶えておくべき人物ですが。

逆に、将来的に出題頻度が下がるのは樋口一葉です。国語の文学史では重要な人物ですが社会科として考えると、もともと明治時代の女性文学者という枠では与謝野晶子がいるので、出題の優先順位が下がる可能性は高いです。野口英世もやや下がるかもしれません。

福沢諭吉は、ほとんど影響がないでしょう。もともと、文明開化を代表する人物であり、今回紙幣の採用された人物は全て明治時代であり、北里など福沢諭吉に関わりのある人物もいます。福沢を出題する機会は変わらないでしょう。ただ、長い間使ってきた「私が敬愛してやまない福沢諭吉先生。出来るだけ多くの福沢諭吉先生とともに暮らしたい」という定番ネタの寿命もあと少しです。

どちらにしても、新紙幣になるのは2024年ということなので、しばらくの間は新紙幣・旧紙幣のメンバー両方とも出題頻度は上がりますね。
しかし、夏目漱石・新渡戸稲造は前の前の紙幣になっちゃうんですねぇ…。時代ですねぇ。

ちなみに、紙幣を変える狙いはいくつかありますが社会科的に重要なのは「偽造防止」です。



スポンサーリンク