「 花き類 」一覧

花き類の産出額が多い市町村ベスト10

入試で出題される花き類の知識というと、「愛知県渥美半島の電照菊」「富山県のチューリップ」ぐらいでしょうか。

花き類の産出額が多い市町村(2016年)

順位 都道府県 市町村 データ 種類
1 愛知県 田原市 3,111
2 静岡県 浜松市 690 ガーベラ
3 鹿児島県  和泊町 400 ユリ
4 茨城県 神栖市 387 センリョウ
5 千葉県 南房総市 366 キンセンカ
6 福岡県 久留米市 365 つつじ
7 愛知県 西尾市 362 バラ
8 愛知県 豊川市 332 シクラメン
9 福岡県 八女市 307 ガーベラ
10 埼玉県 深谷市 300 ユリ

種類は一応、各ウェブサイトで調べましたが、一種類だけ育てている地域は通常なく、他にも生産の盛んな作物はあると思います。

「電照菊」でゆうめいな田原市がぶっちぎりの1位でした。菊は日照時間で季節を判断して花を咲かせる性質があることから「光を当てて開花時期を調整する」というのは記述問題でも出題されます。

3位の鹿児島県和泊町は沖永良部島の町です。こういうランキングで離島がでてくるのは珍しいですね。
全体的に、黒潮の影響をうけて温暖な地域のランクインが目立つデータになりました。
ちなみに、富山県の花き産出額はまさかの43位(2016年)。富山がチューリップの球根の出荷1位なのは間違いないのですが、ちょっと意外です。


スポンサーリンク