藤原道長

未分類

入試に出る歴史史料 「望月の歌」

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば 藤原道長が、三代続けて自分の娘を天皇の后とした満足感からよんだ歌です。平安時代を代表する歴史史料として再頻出ですね。 藤原道長といえば自分が行った摂関政治、息子で...
予習シリーズ

予習シリーズ社会解説 「5年下第4回 平安時代」

1.平安京と律令政治の立て直し 2.藤原氏の政治と荘園の始まり 3.武士のおこりと成長 4.上皇の政治 5.平氏の政治 6.平安時代初めの新しい仏教 学習を深めるページ「日本風の文化の誕生」 予習シリーズ第4回の見出しを書き出すとこのよう...
2020.06.18
未分類

入試に出る歴史上の人物 「紫式部」

国風文化を代表する物語である「源氏物語」の作者が紫式部です。 紫式部は藤原道長の娘である彰子に仕えていました。 読み:むらさきしきぶ 時代:平安中期(11世紀前半)
2017.08.11
未分類

入試に出る歴史上の人物 「藤原頼通」

父親である藤原道長とともに、平安時代の摂関政治を代表する人物が藤原頼通です。10円硬貨にデザインされている平等院鳳凰堂をつくらせた人物でもあります。 藤原頼通は藤原頼"道"と漢字を間違えやすいので覚えるときに注意しましょう。 ...
2017.10.31
未分類

入試に出る歴史上の人物 「藤原道長」

読み:藤原道長 時代:平安中期(11世紀前半) 3代の天皇の后に自分の娘をつけ政治の実権を握ったのが、藤原道長です。息子は平等院鳳凰堂を建設した藤原頼通で、彼ら2代のころが摂関政治の全盛期とされます。 道長の権力の強さ...
2017.08.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました