「 蟹工船 」一覧

入試に出る歴史上の人物 「小林多喜二」

応用
大正時代に流行した、貧しい農民・労働者の立場から描かれた文学をプロレタリア文学といいます。その代表的な人物で「蟹工船」の作者が小林多喜二です。

2008年に「蟹工船」が再ブームになったとき、もう少し入試でも出題されるかなと思いましたが、意外と出なかったのが印象的です。漢字が間違えやすい人物なので、定期試験では注意しておきましょう。

読み:こばやしたきじ
時代:20世紀初期(大正時代)


スポンサーリンク