「 財閥解体 」一覧

入試に出る法律 「独占禁止法」


さまざまな財やサービスなどがやり取りされる市場において、自由な競争を行えるようにするために1947年に制定された法律が独占禁止法です。この法律に基づいて市場をチェックする組織が公正取引委員会です。

歴史では昭和・戦後の財閥解体の説明のときに登場します。公民では、企業に関する内容で独占・寡占といったキーワードと共に学習します。高校受験では重要な法律です。
名称から勘違いされがちですが、独占を禁止した法律ではなく、市場の独占によっておきる問題を防ぐための法律です。

読み:どくせんきんしほう


予習シリーズ社会解説 「5年下第18回 昭和時代(2)」

いよいよ歴史単元も最終回となります。昭和時代後半では1945年から約30年間の歴史が取り上げられています。ソ連解体こそ触れらているものの現行の予習シリーズでは1978年の日中平和友好条約までが歴史の扱いのようです。

冒頭では1964年東京オリンピック東海道新幹線開通の話と高度経済成長によって電化製品が発達、そして過疎・過密・公害とマイナスの話も含めて一気に取り上げられています。高度経済成長は5年上でも登場している内容なので、ここで「初耳」という顔をするか「聞いたことある」という顔ができるかは大きな違いです。

GHQ(連合国軍総司令部)の民主化政策は、財閥解体農地改革が特に重要です。農地改革の「地主の土地を安く政府が買って小作人に売った」という内容と「小作人が増えて自作農が増えた」という結果はともに記述問題で狙われやすいですね。もちろん、女性参政権が与えられ20歳以上の男女に選挙権が与えられたということも重要です。将来的に子どもたちにとって選挙権(成人)=18歳が定着すると、この段階では20歳というのをしっかり覚えさせる必要が出てきますね。

日本国憲法は公布日・施行日ともに重要です。11月3日文化の日、5月3日憲法記念日と祝日になっていることも確認します。子どもたちはたいてい文化の日は出てきません。国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という三大原則はもちろん重要ですがここでは深入りはしません。6年生の最初(第1回)で詳しく学習するためです。いつも、その前振りはしますね。
ここまでが、授業の前半です。

後半は冷戦から始まります。資本主義と社会主義の話は簡単にします。「みんながお金儲けをしたくてそれぞれに活動するのが資本主義で、それだと格差が大きくなりすぎるので計画的に生産をしようというのが社会主義」というぐらいの大雑把な説明にとどめます。予習シリーズには出てきませんが、西側・東側という表現は見る機会も多いので教えておきますね。

1948年大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国の成立から、1949年中華人民共和国、1950年朝鮮戦争の流れは並べ替えで登場しますね。中華人民共和国の成立は韓国・北朝鮮より後というのがポイントです。朝鮮戦争では北緯38度で国境が分かれていることは絶対に触れます。現在の朝鮮半島情勢を考えれば、この辺りの出題頻度は高いです。予習シリーズには38度線の停戦ラインの写真が掲載されています。これは、2018年にムン・ジェイン韓国大統領とキム・ジョンウン北朝鮮委員長が会談を行った場所です。この会談がいかに大きなものだったかを物語りますね。

1951年サンフランシスコ平和条約では、ソ連・中国・韓国・北朝鮮とは講和をしていないこと、同時に日米安全保障条約を調印したことが重要です。吉田茂首相ももちろん出題されます。ちなみに、サンフランシスコ平和条約の条文にある「日本は朝鮮の独立を認める」は、日本を清に変えるだけで「清は朝鮮の独立を認める」という下関条約(1895年)の内容になります。時代の移り変わりを感じますね。
安保闘争・所得倍増計画も予習シリーズに載っていますが重要度は一段落ちます。

1956年に日ソ共同宣言を結び国際連合に加盟したのも当然重要です。1951年やこの後登場する1972年もそうですが、同じ年に重要な出来事が重なっているのが昭和後半の特徴です。

吉田茂と並んで戦後の内閣総理大臣のなかで重要なのが佐藤栄作です。1965年日韓基本条約から1972年沖縄返還まで内閣総理大臣を務めました。予習シリーズではどういうわけか佐藤栄作ではなく、そのあと内閣総理大臣を務め同じ1972年に日中共同声明を調印した田中角栄が太字になっています。非核三原則・ノーベル平和賞と出題ポイントがはるかにおおい佐藤栄作のほうが重要度は高いので、ちょっと謎です。1972年は出題頻度の高い年号で「夏(72)沖縄返還(本当は5月ですが)」という語呂合わせで教えています。

1973年に石油危機が発生して高度経済成長が終わりを告げます。石油危機は5年上第1回の水産業で登場した語句です。1年の最後に、年度の最初に学習した語句が再登場するのは偶然ですが粋ですよね。


スポンサーリンク