「 都道府県識別 」一覧

人口の多い都道府県、少ない都道府県

今回取り上げるのは都道府県別人口です。

人口推計(平成28年10月1日現在 単位:千人)

1 東京都 13,624 17 岐阜県 2,022 33 大分県 1,160
2 神奈川県 9,145 18 群馬県 1,967 34 石川県 1,151
3 大阪府 8,833 19 栃木県 1,966 35 山形県 1,113
4 愛知県 7,507 20 岡山県 1,915 36 宮崎県 1,096
5 埼玉県 7,289 21 福島県 1,901 37 富山県 1,061
6 千葉県 6,236 22 三重県 1,808 38 秋田県 1,010
7 兵庫県 5,520 23 熊本県 1,774 39 香川県 972
8 北海道 5,352 24 鹿児島県 1,637 40 和歌山県 954
9 福岡県 5,104 25 沖縄県 1,439 41 山梨県 830
10 静岡県 3,688 26 滋賀県 1,413 42 佐賀県 828
11 茨城県 2,905 27 山口県 1,394 43 福井県 782
12 広島県 2,837 28 愛媛県 1,375 44 徳島県 750
13 京都府 2,605 29 長崎県 1,367 45 高知県 721
14 宮城県 2,330 30 奈良県 1,356 46 島根県 690
15 新潟県 2,286 31 青森県 1,293 47 鳥取県 570
16 長野県 2,088 32 岩手県 1,268

都道府県別の人口の1位は当たり前ですが東京都です。以下、神奈川県・大阪府・愛知県と続きます。個人的な見解では、面積以上に上位4都府県は順位で覚えておきたいです。なぜかというと、これらの都道府県は都道府県を識別する問題での登場頻度が高く、覚えておくと便利だからです。細かい数字は覚える必要はありませんが、人口が多い都道府県は500万人程度の人口があることは知っておきたいですね。

人口の多い都道府県で意外なのが、11位茨城県でしょうか。15位までで東京都を除いて唯一政令指定都市がないのが茨城県です。人口が30万以上ある都市が1つもないにもかかわらず、10万人以上ある市が8つもあるという興味深い分散の仕方をしています。

逆に人口が少ない都道府県は100万人を切っている都道府県です。最下位の鳥取県はそれだけで問題がつくれる都道府県なので確実に覚えておきたいです。四国が愛媛県以外、人口が少ないグループに属しているのが目を引きます。ちなみに、現在38位の秋田県はかろうじて100万人台をキープしています。しかし、秋田県は人口減少率が最も高い都道府県でもあり、ここ数年のうちに100万人を切るのはほぼ確実です。

中央値は約150万人になります。もちろん、このあたりの順位は覚える必要は全くありません。


面積の広い都道府県、狭い都道府県

今回取り上げるのは、都道府県別の面積という社会科を語るうえで欠かせない基本データです。

都道府県別面積(2015年,㎢)

1 北海道 83,424 17 宮崎 6,794 33 福井 4,190
2 岩手 15,275 18 島根 6,708 34 石川 4,186
3 福島 13,784 19 山形 6,652 35 徳島 4,147
4 長野 13,104 20 栃木 6,408 36 長崎 4,132
5 秋田 11,638 21 群馬 6,362 37 埼玉 3,768
6 新潟 10,364 22 山口 6,112 38 滋賀 3,767
7 岐阜 9,769 23 茨城 6,097 39 奈良 3,691
8 青森 9,646 24 三重 5,759 40 鳥取 3,507
9 鹿児島 9,043 25 愛媛 5,676 41 佐賀 2,441
10 広島 8,479 26 愛知 5,123 42 神奈川 2,416
11 兵庫 8,401 27 大分 5,100 43 沖縄 2,281
12 熊本 7,272 28 千葉 5,083 44 東京 2,106
13 静岡 7,253 29 福岡 4,854 45 富山 2,046
14 高知 7,104 30 和歌山 4,725 46 大阪 1,905
15 岡山 7,011 31 京都 4,612 47 香川 1,863
16 宮城 6,859 32 山梨 4,254

社会科で都道府県ごとのデータが表になっており、そのデータからどの都道府県かを特定させる問題は定番の1つです。面積は、当たり前ですが年度ごとの数値の変動がほとんどありません(あったら大ニュースですよね)。数値は知らなくても感覚的になんとなく面積の広い都道府県、狭い都道府県はイメージしやすいです。そのため、面積は都道府県の特定に役立つデータといえるでしょう。

とはいえ、数値だけ見たときにどれくらいが面積が広いのか、もしくは狭いのかというのは意外とわからないものです。入試では、上のようにすべての都道府県が提示されているわけではなく、いくつかピックアップされた都道府県で判別しないといけません。

まず、上位から。北海道は別格として、面積の広い都道府県は10,000㎢以上と理解しておきましょう。岩手・福島・長野・秋田・新潟というメンバーも知っておきたいです。この中での、順位はそれほど重要視しません。入試はクイズではないので、都道府県の面積順位を暗記していないと解けない問題は出題されません。それが分かっていなくても他で判別できる要素があるはずなので、おおよその絞り込みができれば十分です。

逆に下位に目を向けると、面積が一番狭い香川を筆頭に面積の狭い都道府県は2,000㎢程度であることが分かります。なんとなく面積が狭そうな沖縄より東京・富山・大阪が狭いというのはポイントです。沖縄はたくさん島があるので合計するとそれなりの面積になるのです。

最後に、普通の都道府県がどれくらいか。上のデータを見ると、ちょうど真ん中の24位が三重県です。約5,000㎢が都道府県の面積の標準と覚えておくといいでしょう。

まとめるとこうなります。
都道府県の面積が広い⇒10,000㎢以上
都道府県の面積が狭い⇒2,000㎢程度
標準的な都道府県⇒5,000㎢前後


中学入試プレイバック2017 「洛南高校附属中」

 次の表は日本の7地方区分における各地方から、1つずつ道県を取りあげ、それらの人口密度(2015年)・人口増加率(2014~15年)・産業別人口構成(2012年)を示したものです。表中のア~キは、青森県・沖縄県・神奈川県・岐阜県・島根県・北海道・三重県のいずれかです。三重県にあたるものを、ア~キの中から1つ選んで、記号で答えなさい。(2017年洛南高校附属中)

人口密度
(人/㎢)
人口増加率
(%)
第1次産業
(%)
第2次産業
(%)
第3次産業
(%)
3705 0.12 0.8 24.2 75.0
633 0.32 5.4 16.0 78.6
315 -0.48 4.5 32.3 63.2
192 -0.52 3.3 32.4 64.4
140 -1.07 13.2 20.9 65.9
104 -0.79 8.7 23.7 67.7
65 -0.59 6.0 18.3 75.7

三重県

今回からは関西地区の難関中の入試問題を取り上げます。首都圏の社会科の問題と、関西地区の社会科の問題は明らかに傾向が違います。一言でいうと、記述問題が多い首都圏に対して、難解な記号選択が多い関西という構図です。そんな難解な記号選択問題の1つが上の問題です。

さて、問題を見ていきましょう。まず、そもそも三重県を選ぶというのが厄介です。三重県というのは都道府県ごとの数値でいうとこれといった大きな特徴がないのです。面積(約5700㎢)・人口(約180万人)ともに中位で、野業・工業ともにまぁまぁ盛んというポジションです。つまり、ア~キからいきなり三重県を選ぶことは困難であるということになります。また、提示されているデータが人口・面積といったオーソドックスなデータより少しだけひねったところというのがまた厄介です。

人口密度は人口÷面積で計算されます。人口密度が高いということは人口が多い、もしくは面積が狭いということです。この段階で、人口密度の数値が高かったり低かったりするア・イ・キは三重県ではありません。なお、アが神奈川県、イが沖縄県、キが北海道です。ここまでは割と簡単です。

次に、人口増加率を見ます。人口増加率のマイナスが大きい都道府県は過疎が進んでいる都道府県です。今回選ぶ都道府県の中で、青森県・島根県の東北・山陰は過疎化が進んでいるといえるので、オ・カを外します。オが青森県、カが島根県です。

残ったのはウ・エ、そして三重県と岐阜県です。正直なところ過去問題を演習していてここまで考えられたら立派です。それぐらい難しい。
さて、ウ・エの違いですが人口密度ですね。ここで、頭に思い浮かぶと嬉しいのが岐阜県は面積が広い(約10000㎢)ということです。都道府県の面積を理解するときに1万㎢をこえる都道府県は広い都道府県として覚えておくといいしょう。そうすると、人口密度が低いエが面積の広い岐阜県と考えてウが三重県ということになります。ちなみに、岐阜県の人口は約200万人で三重県とそれほど変わらず、面積の違いが人口密度の違いに直結します。

 ウ


中学入試プレイバック2017 「東海中」

これまでこのシリーズは関東地方の中学入試を中心に取り上げていましたんで、今回は中部地方私立中の雄、東海中を取り上げたいと思います。

問 下の表の①~⑥は長野県・大阪府、および愛知県・沖縄県、東京都、新潟県の様々な統計データを示しています。長野県・沖縄県・東京都にあてはまるものを表中の①~⑥からそれぞれ選びなさい。また、表中Zはある観光・レクリエーション施設数を示しています。あてはあるものを下のア~エから選び、記号で答えなさい。

ア.海水浴場  イ.水族館  ウ.ハイキングコース  エ.動物園・植物園
(H29東海中)

 ①
製造品出荷額等(億円)  46,792 54,968 439,899 167,336 83,550 6,397
畑作面積(ha)  19,500  54,900  33,300  3,800  6,860  37,700
農業産出額(億円)  2,448  2,322  3,010  320  295  901
65歳以上人口割合(%)  29.9  30.1  23.8  26.1  22.7  19.6
温泉地  151  221  33  39  26  8
 55  110  25  4  33  5

この手の問題を解くときに考えるポイントは数値の大きいところから考えることです。つまり③の製造品出荷額が圧倒的に多いことから愛知県になりなす。逆に製造品出荷額が明らかに少なく、65歳以上人口が少ない⑥は沖縄県になります。プリントを配る先生
残りの中から、大阪府と東京都はもともと面積が狭いうえに宅地が少ないことから④・⑤が大阪都と東京都のいずれかになります。現在製造品出荷額において東京都は大阪府に勝てません。そこから、④が大阪府、⑤が東京都になります。
あとは、①・②が長野県もしくは新潟県になりますが、新潟県は稲作がさかんで畑作面積はそれほど多くありません。逆に、長野県は高原野菜の栽培などで畑作の面積は広くなります。
これで、①新潟県、②長野県、③愛知県、④大阪府、⑤東京都、⑥沖縄県ということになります。

あとは、Zにあてはまるレクリエーションですが、アの海水浴はありえません。内陸県の長野県に海水浴場はないからです。ここは山がちな地形の広がる新潟・長野にハイキングコースが広がっているとみるのが無難です。

 長野県:② 沖縄県:⑥ 東京都:⑤ Z:ウ


スポンサーリンク