「 野辺山原 」一覧

予習シリーズ社会解説 「4年上第18回 高い土地のくらし」

レタス高原野菜の栽培といえば、八ヶ岳のふもとの野辺山原(長野県)というのは社会科の常識です。
高原野菜というのはすずしい高原に夏に栽培される野菜のことで、レタス・キャベツ・はくさいなどを指します。高原野菜にあてはまる作物を答えさせる問題は定番で、本来冬に食べる「葉を食べる野菜」というのが基本的な見分け方です。

毎年何の疑いもなく、高原野菜=野辺山原と教えてきましたが、ふと「本当にそうなのか」と疑いたくなったので少しだけ調べました。

夏秋キャベツ 夏冬レタス 夏はくさい
1位 群馬県嬬恋村 228700t 長野県川上村 88300t 長野県南牧村 52600t
2位 岩手県岩手村 16900t 長野県南牧村 28100t 長野県川上村 40300t
3位 長野県南牧村 11600t 群馬県昭和村 24400t 長野県小海村 23600t
4位 群馬県長野原町 9620t 長野県塩尻市 14400t 長野県佐久市 8640t
5位 長野県佐久市 8470t 長野県上田市 13000t 長野県南相木村 8230t

想像以上に「おっしゃる通りでした」という結果です。予習シリーズにもある日本で一番高い地点にある野辺山駅があるのが南牧村です。また、小海村、川上村、南相木村は隣接自治体です。それにしても、嬬恋村のキャベツの圧倒的さには改めて驚かされます。

野辺山原の雨温図をみると、8月の気温が20度を超えていません。これは、一般的な感覚でいえば夏らしい夏がないことを指します。第11回の帯広市の雨温図と比較すると同じくらい寒いことがわかります。

野菜づくりの工夫については、入試でもそれほど出題されるわけではありません。出題されるのは、新鮮な配送をするための工夫です。もともと、高冷地農業(ただし、この単元ではこの用語はでてきません)など生産時期をずらす農業のメリットは、競合相手が少ないので高い値段で売れるというものがあります。さらに、コンピューターで少しでも高い値段で売れるところに送り先を決めるという努力をしていることは触れておきたいです。
農業協同組合(農協)・コールドチェーンといった用語は覚えておきたいです。大人からみると農協は知ってて当たり前感が出がちですが、子どもたちにはなじみのないものです。コールドチェーンは将来的にぜひ用語の説明ができるようにしていきたいです。高原野菜の栽培が盛んになった理由は技術の進歩で新鮮なまま運ぶことができるようになったというのが大きいからです。

学習を深めるページでは東京に出荷されるレタスの産地がグラフ化されています。ここでは、必ず季節ごとにどこが多いかを説明するのではなく子どもたちに発言させます。最近の入試ではグラフの読み取りが出題されますし、子どもたちは思いのほかグラフを読めません。


予習シリーズ社会解説 「5年上第14回 中部地方」

地方別地理、最大の山場である中部地方の登場です。中部地方は中央に日本アルプス(飛騨山脈・木曽山脈・赤石山脈)があり、そこから流れる多くの川があり、それによって形成される盆地・平野が広がっています。これらの地形と産業を重ねて覚えるのが基本になります。

越後平野…信濃川・米の単作地帯・コシヒカリ・暗きょ排水
長野盆地…りんご・ぶどう
野辺山原…高原野菜(レタス)
甲府盆地…ぶどう・もも・扇状地・富士川(三大急流)
牧ノ原…茶
渥美半島…豊川用水・電照菊
濃尾平野…輪中・木曽川・愛知用水・知多半島

と、もりだくさんでこれだけで問題がつくれるレベルですね。

中部地方と言えば、中京工業地帯に代表される工業が盛んな地域でもあります。ここでは航空機産業について触れておきたいです。この地域では、かつて零戦など戦闘機の開発が行われていました。現在、愛知県では初の国産ジェットであるMRJを開発しています。

長野県諏訪湖周辺の精密機械工業も初登場ですね。かつては、製糸業がさかんで多くの製糸工場と桑畑がありました。豊富な水と澄んだ空気が精密機械工業に適しており、諏訪周辺は「東洋のスイス」と評されました。製糸業→精密機械工業→電子工業の移り変わりは日本の工業の変化そのものでもあるので、押さえておきたいポイントです。

中部地方の世界遺産は白川郷・五箇山の合掌造り集落1つということもあり、大きなポイントになりません。ただ、合掌造り集落は岐阜県と富山県にまたがっていることは注意すべきです。どうしても、白川郷に目が行きがちで、五箇山の存在が忘れられがちでそういったところが狙われます。

ややマニアックですが、交通では中央自動車道を触れておきたいです。ポイントはそのルートですね。東京を出て神奈川県をかすめて山梨→長野→岐阜→愛知というルートを通ります。いわゆる旧中山道です。
あと、上越新幹線関越自動車道は他の高速道路や新幹線と比べると覚えにくいので意識して覚えるさせるようにしたほうがいいですね。


スポンサーリンク